ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

山梨県を放送対象地域にAMラジオ放送と地上波デジタルテレビ放送を行う特定地上基幹放送事業者。「山日YBSグループ」の傘下で、系列には地元紙の山梨日日新聞がある。

放送局概略

テレビジョン放送

ニュース系列NNN
番組供給系列NNS
愛称YBSテレビ
コールサインJOJF-DTV
親局甲府25ch
リモコンキーID4

甲府親局が25chを使用しているため、甲府親局の電波が届くエリアでは東京スカイツリーから送信される日本テレビ親局の受信はできない。

ラジオ放送

系列JRN・NRN系
愛称YBSラジオ
コールサインJOJF
放送局甲府 765kHz/5kw(中波)、90.4MHz/1kw
大月・上野原 765kHz/1kw
富士吉田 765kHz/1kw


月曜日午前1時~午前5時の間は放送休止。
富士吉田放送局は、かつてはJOJLのコールサインを持ち、現在とは異なり周波数も1062kHzだった。
近畿以西では、本局が同じ765kHzの山口放送と混信する地域や、山口放送に打ち負けて受信できない地域が多い。蛇足ながら山梨放送と山口放送は、テレビの系列が同じ。

テレビ

山梨県は首都圏ではあるが、民放テレビがこことテレビ山梨TBS系)しかなく、系列のないテレビ東京テレビ朝日フジテレビの番組も一部放送している(これら3局も片乗り入れしている)。また、グループに山梨最大のケーブルテレビ会社である「日本ネットワークサービス」があり、在京テレビ局からの再送信を受けているため、上述の系列がない民放3局に加え、TOKYOMXtvkも視聴可能である。但し、ケーブルテレビは初期費用が10万円、月額で税抜3千円(これとは別にNHK受信料がかかる)ため、支払えずにケーブルテレビのサービスを受けられない場合は、極度の情報不足を受けることになる。

読売テレビの「(たかじんのそこまで言って委員会→)そこまで言って委員会NP」を放送している。山梨自体は陸上では関東学生陸上競技連盟のエリア(つまり箱根駅伝に出ることができる)なので、関東に含めたり含めなかったりなので微妙なところだが、故たかじんは関東ではないと見做していたのだろう(たかじんの生前の意向で、関東のテレビ局ではたとえ独立局であっても放送できない)。

自局制作番組について

自局制作番組としては、ご当地戦隊ものとして甲州戦記サクライザーを制作し、不定期で放送している。また、グループが地元サッカークラブ・ヴァンフォーレ甲府の筆頭株主であることから関連した情報番組や、試合を中継で放送することがある。
1999年10月から2010年3月までの10年半にわたって、土曜夕方5時台→土曜昼4時30分から夕方5時30分に放送された生放送情報バラエティ番組『ともちゃん家の5時』や、2001年4月から2004年3月にかけ、月曜夜10時台に放送されたドキュメンタリー番組『1億人の富士山』も山梨県民にとってはおなじみであった。

1970年代初めには、読売テレビと共同制作、という形ではあったが、バラエティ番組『田宮二郎ショー プラザ47』の制作ホスト局を務めたことがある。該当番組は日本テレビ他にて放送されたため、(一応は)全国ネット番組であった。また、日本テレビからキリスト教関連のテレビ番組『心のともしび』の制作ホスト局の権利を引き継いだことがある(1998年-2006年)。

永六輔の旅番組を制作し、放送していたことがある。永は大のテレビ嫌いで親しい人以外の番組には原則出演しないスタンスで、まして地方のテレビ番組に出演していたのは非常に稀である。

アニメ

基本土曜日に集中している。朝5時台は自局枠でドラえもんそれいけ!アンパンマン(2016年9月まではちびまる子ちゃん)、夕方は日本テレビ系列枠で名探偵コナンなどを放送している。深夜帯もルパン三世シリーズや日本テレビ系列の深夜アニメを放送することがあり、2021年4月からはEDENSZEROルパン三世PART6を実質クロージングプログラムとして放送している。

UHFアニメは系列のケーブルテレビ局がTOKYOMXを送信しており、それで補完できるスタンスから基本放送をしないが、ゆるキャン△のヒットを機に山梨県が舞台かつ関係団体が協力している作品については積極的に放送している(まえせつ!スーパーカブなど)。

ラジオ

ラジオはJRNとNRNのクロスネット。2004年2月から富士吉田の中継局も含めすべて周波数765kHzになった。

主なアナウンサー

その他

静岡放送と資本関係がある(SBSがYBSの主要株主)。これは、山日YBSグループのオーナーの野口家と、静岡新聞(静新SBSグループ)のオーナーである大石家とが親しいことによる。ただ、ラジオに関してはどちらもNRNとJRNのクロスネットなので、番組の融通や共同制作が出来るのだが、テレビだとSBSがテレビ山梨と同じくJNNに加盟しており、JNN協定に引っかかる可能性があるため、ラジオのようなことができない。

系列には地元紙の山梨日日新聞があり、他にも映像制作会社や広告代理店、印刷会社などがある。ケーブルテレビ局(日本ネットワークサービス)については株主であった中尾が手放したことで一度は系列から外れたことがある(その後地上波デジタル放送の整備に絡み、山日YBSグループ直下という形で再度系列入りしている)。県内のメディアをほぼ独占しており、野口家は山梨のメディア王と評される一方で、全国紙の県内版からはその独占状態を批判されることがある。

一方、もう一つの山梨県の民放テレビ局であるテレビ山梨とは、一時期かなりきな臭い関係であったとされる。テレビ山梨の項目も参照。

関連タグ

NNN JRN NRN
山梨日日新聞 テレビ山梨 エフエム富士
静岡新聞 静岡放送

中央自動車道・・・ラジオの甲府本局(中波)は中央道沿いに置かれている。

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

首都圏以外のテレビ局及び首都圏のローカル(UHF)局一覧 しゅとけんいがいのてれびきょくおよびしゅとけんのろーかるゆーえいちえふきょくいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「山梨放送」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1995

コメント