ピクシブ百科事典

東京スカイツリー

とうきょうすかいつりー

東京スカイツリーとは、東京都墨田区押上にある地上デジタル放送・ラジオ用の電波塔。
目次[非表示]

東京都墨田区の、東武鉄道の業平橋駅の貨物駅だった部分(ラッシュ時の折り返し列車のホームがあった時期もある)に建設された電波塔

概要

平成20年(2008年)7月14日に着工され、平成24年(2012年)2月29日に竣工完了した。同年5月22日開業。
運営会社は東武鉄道の子会社、東武タワースカイツリー株式会社。
主たる建設担当は大林組。

高さは634.0m(「武蔵」の語呂)、重量4万8千tと、日本一高い人工建造物である。
隅田川以東は中世までは下総だったのだが、当時の隅田川の本流は牛島(スカイツリーのある辺り)の東を流れていたため、武蔵で問題ない(現在の流路も存在したが、支流だった)。いいね?
自立式塔(周囲から張ったワイヤーでバランスを取る「マスト」ではない塔)としても世界一の高さ(自立建築物としてはブルジュ・ハリファに次ぎ世界第2位)であり、平成23年にはギネス世界記録の認定を受けた。
開業にあたり、隣接する業平橋駅は「とうきょうスカイツリー駅」に改名された。

足元には、東京ソラマチをはじめとする複合施設「スカイツリータウン」があり、東西方向に長く伸びているため、電車の最寄り駅は2つある。
西側に東武のとうきょうスカイツリー駅(以前の業平橋駅)、東側に都営地下鉄・京成・東京メトロ・東武の押上駅。それぞれ両端に駅があるため、互いの移動にはかなりの時間を要する(500m以上の距離がある)。

展望台が2層あり、高層展望台「天望回廊」には別料金が必要。

置局している放送局

東京スカイツリーを親局としている放送局は、テレビがNHK(総合・Eテレ)、日本テレビテレビ朝日TBSテレビ東京フジテレビTOKYOMXの計7事業者8局、ラジオ(全てFM)がJ-WAVENHK-FMの2局。全ての放送局が東京タワーから送信設備を移転させたが、MXとJ-WAVEをのぞきスカイツリーが機能不全に陥った場合の予備送信所として東京タワーを継続使用していく。なおMXは親局としての機能を完全にスカイツリーへ移転させている。
これに加えて、民放AMラジオの中継局扱い(ワイドFM)で、TBSラジオ文化放送ニッポン放送の3局のFM送信設備も追加されている。

プラモデル

インパクトある存在なのでプラモデルにもなっている。
地元・東京都にある童友社からは1/3000で発売。
あのバンダイも1/2400、1/700スケールで発売している。
バンダイとしては久しぶりのスケールモデルである。


歴史

平成15年12月17日 プロジェクト発足
平成18年 3月31日 施行地決定
平成18年11月24日 デザイン公表
平成20年 6月10日 一般公募により「東京スカイツリー」に名称が決定
平成20年 7月14日 着工開始
平成22年 3月29日 東京タワーの333mを抜き(338m)日本一の高さの建造物に
平成23年 3月18日 完成時の高さの634mに到達
平成23年11月17日 世界一高い塔としてギネスブックに認定される
平成24年 2月29日 竣工完了
平成24年 5月22日 開業

公式ホームページ

東京スカイツリー

創作物

  • 名探偵コナン - 「ベルツリータワー」名義で登場。
  • 妖怪ウォッチ - 「さくらEXツリー」名義で登場。展望台のデザインはアレンジが加えられている。
  • 桃太郎電鉄シリーズ - 「東京セカイツリー」名義で、浅草駅の物件として登場。
  • メタルマックス4 - 「スパイツリー」名義で登場。大破壊が起こった後の時代においては、ここまで高い建物は恐怖あるいは畏怖の対象であった(展望台に巨大な眼型オブジェが据えつけられているので尚更)。
    • ダンジョンになっているが、展望台まではなんと縄梯子を使って外からよじ登る。また、展望台までを取り扱った作品はほかにもあろうが、そのさらに上の頂上部分までを探索できるのも特徴。ちなみに外側をよじ登る際、よりにもよって見下ろすこともできるが、3D作品なのでリアルに高さを感じられるので、高所恐怖症を自覚するプレイヤーは見下ろしたりしないように!
    • ちなみにソラマチなどの「タワー以外の部分」は砂の下に埋もれました。
  • 真・女神転生ⅣFINAL - 「スカイタワー」名義で登場。全8階層のダンジョンとして登場し、展望台も含まれている。
  • 東京タワーがほぼ年中行事レベルで破壊される日本の創作において、このスカイツリーは634mと極めて巨大なためか(また商標登録されているため名称の使用許可が必要なためか)、「対比物」「舞台」として登場することはあれど、攻撃されこそ破壊される例は少な目。
    • 小説『プロジェクト・メカゴジラ』 - そのスカイツリーがあっさり破壊された作品。ゴジラの放射熱線で消し飛ばされてしまった(今作のゴジラは宇宙から迫り来る天体を北極から撃ち抜いて破壊するほど強力な熱線を放つため、スカイツリー程度造作もなかったのである)。
    • 映画『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』 - スカイツリーが非常に特殊な扱いをされた作品。スタッフもさすがにスカイツリー側に問い合わせたそう(「怪物に変わったりとかしなければOK」とのこと)。
  • ウルトラQ darkfantasy - 建設開始の4年前である2004/9/28放映の回(レキューム人登場)に「第二東京タワー」というものが登場しているが、その高さが666mというこれと似たものとなっている。600m級の新タワーの案自体については2003年に既に出ていたとの事だが、関連は不明。


関連イラスト

個展記念イラスト「激戦!スカイツリー」
ゴジラVSスカイツリー


幻夜
スカイツリーをバックに写真を撮るのはとても大変だ。



関連タグ

 電波塔

関連記事

親記事

とう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東京スカイツリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1500320

コメント