ピクシブ百科事典

東のミカド国

ひがしのみかどこく

真・女神転生Ⅳの舞台
目次[非表示]

概要

「カントー」と呼ばれる大地の上にある王国。
アキュラ王が建国し、現在ではアハズヤミカド王が治める。
スタート時点ではグレゴリ歴1492年。
中世ヨーロッパのような文明をしており、支配階級「ラグジュアリーズ」と労働階級「カジュアリティーズ」という明確な身分制度が存在している。
実は東京にできた「天井」に作られた王国で、かつて東京から天使たちが「繭」に集めて連れて行った子どもたちの末裔。

サムライ衆

アキュラ王が創設した東のミカド国の治安部隊。
18歳になると全員「ガントレットの儀」を受ける義務があり、ガントレットを起動させることができると「サムライ衆」に取り上げられる。
カジュアリティーズにとって唯一ラグジュアリーズになれる機会となっている。
アキュラ王ことアキラと共に天井の上に残ることを決めた東京の人々の子孫であることがガントレット起動の条件になっている。

修道院

東のミカド国建国前から存在する支配層。
そのためアキュラ王が創設したサムライ衆とは折り合いが悪い。

東京との時間速度差

東京に天井が出来たのは25年前だが、東のミカド国は1500年弱経過している。
これは東のミカド国が東京より75倍早く時間が過ぎるからということになっている(東京での1ヶ月は東のミカド国での6年半)。
東京と東のミカド国のどちらがおかしいのかは不明。
真・女神転生Ⅳではフリンがマサカド公を復活させたことにより、真・女神転生ⅣFINALではシェーシャが天井に穴を開けたことで時間差が消失する。

出身者


関連タグ

真・女神転生Ⅳ 真・女神転生ⅣFINAL

コメント