ピクシブ百科事典

甲州戦記サクライザー

こうしゅうせんきさくらいざー

山梨県を舞台に展開しているローカルヒーローである。
目次[非表示]

サクライダーは山梨県の県花である「富士桜」をイメージたもので、山梨県内のお祭りやショッピングセンターのショーで活動している。特徴としてショーでの会話がすべて甲州弁で、かつスタッフは普段は自営業や会社員、公務員である。ショーの時は休みを利用し、交代で盛り上げている。

2010年より山梨放送によってテレビドラマも放送されているが、ここでも会話が甲州弁である。ちなみに撮影スタッフも山梨放送のカメラマンではなくショーのスタッフがやっているため、手作り感が満載である。

登場人物

サクライザーとその仲間

  • 桜井ケータ

本作の主人公。先輩の武田(回想のみ登場)から託された特殊スーツ(サクライザースーツ)を装着する事によって、ヒーロー・サクライザーに変身する。北山梨市超常現象対策課の職員で、山梨県をこよなく愛するが、
本人は「イケメンではない」とのこと。ショーやドラマではその部分が強調されている。

  • 真田戸馬
桜井ケータの後輩であるが、県外から北山梨市超常現象対策課へ赴任してきたことから、甲州弁がわからず桜井と話がかみ合わない。また、桜井と違いモテるらしい。
  • 賀茂鹿楓
北山梨市の市長で、娘がいたが凶悪犯罪に巻き込まれ亡くしている。その事件が魔玄一族の仕業と知り、武田や山本博士と共にサクライザースーツを開発するが、警察上層部の圧力でスーツの量産化を中止し、廃棄処分にされる。
しかし特殊スーツは廃棄されず、武田によって桜井ケータへ渡ることになる。
  • サーハブ・オザワ課長
北山梨市超常現象対策課課長。なぜかインド人で、日本語は喋れないので常に通訳付きである。サクライザースーツ開発の元となるレアクオーツを発掘した張本人。
  • 山本四郎
サクライザーの生みの親。武田や賀茂と一緒にサクライダースーツを開発する。非常に涙もろい。
  • 山本はじめ
北山梨大学の天才科学者で、山本四郎の息子。父親と違いクールで、普段は分厚い眼鏡をしているが、外すとイケメンである。桜井の同級生で、サクライザーをサポートする。

魔玄一族

過去に武田一族によって追放されていたが、魔力を取り戻し再び現れた謎の悪の集団。

関連項目

山梨県 ローカルヒーロー 山梨県民ホイホイ

関連記事

親記事

ローカルヒーロー ろーかるひーろー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「甲州戦記サクライザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53

コメント