ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「薬飲んで、寝ろ。」


概要

福岡市を中心に調剤薬局やドラッグストアを100店舗以上展開している創業100年超えの老舗企業、大賀薬局の公式ヒーロー。福岡の平和維持、残薬問題の啓蒙=薬育が使命。

その正体は大賀薬局5代目社長・大賀崇浩(ヒーローショーでのオーガマンCVを担当している他、実際にスーツを着てイベントに登場することもある)。


※特撮番組『ドゲンジャーズ』でのキャストについては後述。


薬剤戦士ではなく、薬剤戦“師”

オーガマンは「戦う薬剤師」なので、文字としては「師」を用いる。


2019年10月10日、ホームページを見たファンによってキャッチコピーがバズり、翌日公式ツイッターを開設する。


2020年7月、公式悪役のヤバイ仮面が社長を務める株式会社『悪の秘密結社』が、自社ビルである大賀ビルに移転してきたため、オーヤサンとして余計な悪事をしでかさないように監視している模様。外部リンク……ああ!窓に!窓に!


残薬問題とは?

ずばり、「処方された薬を飲み残す」こと。

医師から処方された薬は、本来「すべて飲み切る」ことを前提として処方されるため、症状が改善されてもキチンと飲み切ることが重要とされる。

しかし多くの人(特に中更年や高齢者)が「もう治ったんだし、飲まなくていいよね?」と、症状が改善された途端に勝手に服用を中断してしまい、年間500億円という医療費が無碍にされてしまっているという。


この飲み残しが、日本の医療費問題はおろか、国家予算への負担にも連なる重要な問題となっている。

単に医師が患者へ薬の出す数を減らせばいいというだけでなく、実は患者の中にも「処方箋が出ないことを不満にする」という薬品信望者が一定数いるため、病院も出さないと患者が納得してくれないというジレンマを抱えている。

また高齢者の場合、歳を重ねるたびに唾液の量や嚥下の力が徐々に下がっていくため、一度にたくさんの薬をのむことが難しいことも、残薬問題の一因となっている。


同時に日本の医学界にも「患者が欲しがるんだから好きなだけ処方してやれ」と、本来必要な量以上の処方箋を渡して利益にする悪習が根強く残っており、単に患者の意識改革で済む問題ではない側面も提起されている。


基本スペック

パンチ力200t
キック力400t
武器オ-ガバスター・オーガサーモメーター
備考ブルーアダマンタイトによる超エネルギーの行使(主に治療行為)

必殺技は、注射器型の小型キャノン「オーガバスター」に特製の錠剤を装填して放つ「インジェクターショット」。

また、雑魚を一掃する手段として体温計型のクナイ「オーガサーモメーター」を複数所持している。


パッと見ではよくわからないかもしれないが、具体的には全平成ライダーの最強フォームと同等にタイマンが張れるという文字通りのチートスペック

彼の平成最後の魔王ライダー最強フォームより初期数値で優るといえば、どのくらいえげつないかご理解いただけるだろうか。


超鉱石「ブルーアダマンタイト」によるエネルギーを治療・滅菌に使用して、あらゆるケガや病気を治したり、薬効を高めることが出来る。上腕部・手首・足首・腰のバックルにブルーアダマンタイト製のプレートがあり、ここからエネルギーを発して殺菌バリアーを生み出す。また足首のプレートからは常時滅菌エネルギーが発生しているため、歩くだけで周囲を抗菌空間に変えてしまう。

このブルーアダマンタイト自体、ダイヤモンドの100万倍の硬度と星々のエネルギーを凝縮したかのような膨大なエネルギーを蓄積しているため、バックパック化されたメインシステムユニットと冷却装置でセーフティーを掛けておかないと危ういという、かなりトンチキな代物だったりする。


しかもまだ手加減しているらしく、襟に付いている変身ボタンを(おそらくは頭部のバイザーホーンを下げて戦闘態勢になった状態で)押すことによりリミッター解除が可能。

『ドゲンジャーズ』にて、謎の力を手に入れて大幅にパワーアップした悪の秘密結社社長・ヤバイ仮面と本気で戦えば福岡県が消し飛びかねないというから、想像を絶するパワーの持ち主である。

なんなのこのバーサクヒーラー……。


弱点は「特殊能力が治癒特化」「(現時点では)白兵戦用武器を持っていない」こと。ほか、上述のバックパックでエネルギーを制御している関係上、制御装置が破壊されるとスーツが機能不全を起こし、最悪の場合暴走してしまう(と、公式サイトに明記されている)

特殊能力を込みで考えれば劣勢に立たされるだろうが、素のスペックだけでの格闘戦なら、ニチアサヒーローすら超えかねないポテンシャルを秘めている。


何よりも怖いのは、これだけのオーバースペックを持つトンデモなスーツを、一地方企業の社長がポケットマネーで開発していることであろう。

修羅の国のローカルパワー恐るべし。


ちなみに、スーツのデザインを担当した悪の秘密結社所属のデザイナー・JIN氏によると、大賀薬局の薬剤師の制服をベースに、童話「泣いた赤鬼」の青鬼+大賀社長が野球経験者であることから(四肢の部分は)野球のユニフォームを意匠として取り入れたとか。


人物

由緒ある老舗の出身かつ現役の社長だけに、仕草や言葉遣いは基本的に上品で紳士的。PVでは薬局の店頭で丁寧に接客しており、年長者らしく落ち着いた大人でもあるため頼れる存在。かといって真面目一辺倒という訳でもなく、力強くボケたり、傍から見ればツッ込みどころ満載の行動を堂々とやってのけるお茶目なところもある。

薬剤師としての使命感からとりわけ病人には親切で、普段は厳しく敵対しているヤバイ仮面が風邪をひいた時には、ちょうどクリスマスだったこともあってか珍しく温情を見せていた。

いわゆる「金持ちキャラ」でもあり、2020年のエイプリルフールには『ドゲンジャーズ』放映期間限定で、福岡市沖にある番組ロケ地の一つ能古島を買い取って「大賀島」に改名するというネタを披露していた。


しかし、いざ戦いとなると、その所業は結構えげつない。ただでさえ上記のような反則的強さを誇るのだが、敵は勿論、時には味方に対してもマイペースなワンマンぶりを発揮して、強引に事を進めてしまう。

あるヒーローショーで幼児退行状態異常を治すためとはいえヒーロー達を騙して一服盛ったり、ドゲンジャーズヒーローショーでヤバイ仮面に不意打ちして「戦いと病気は予防が重要だ。」「奴の殲滅が忙しい。」と殲滅戦をやらかしかけてヤマシロンに止められたり、魔狼怪人ガルフがツイッターで連載していた豆しば風ドゲンジャーズマメ知識動画の最終回で「私に秘密は無い。なんでも話すがいい。」と(穏やかだがガルフも震えるほど非常に怖い口調で)言っておきながら、「オーガマンってドゲンジャーズの製作費に(ピー音)千万円」と暴露された瞬間にインジェクターショットでガルフを塵にしたり、ニコ生の『ドゲンジャーズ』最終回記念全話一挙放送の休憩前の寸劇で自身への賛美や多々買いを推奨するようなコメント弾幕を仕込んで「元気より現金」と言い切ったシャベリーマンの肩を叩いた後、放送終了寸劇でシャベリーマンが座ってた椅子で寝ていたり(本人は「寝てなどいない。」と否定)など、その容赦の無さはヒーロー達からも度々引かれるほど。……一応ヒーロー名は本名兼社名の大賀(OHGA)からとっているのだが、前述のスーツデザインといいオーガ(ogre/)だと解釈されることが多いのもむべなるかな。

なお、前述の一服盛った後に自らが件の状態異常を喰らった際の言動によると、子供の頃から正義の心と共にこんな感じだったらしい。マンチキンにも程があるわ……

あと、「ふはははは」と高笑いする事が多い。


……これでも『ドゲンジャーズ』放送開始時点でデビューから約半年しか経っておらず、登場ヒーロー達の中では(作中デビューのルーキーを除けば)新参者だったりする。

実年齢では年長組(1982年5月18日生まれ)で、所帯持ち。2020年7月2日に第三子が誕生したことを翌日ツイッター上で報告した。


ドゲンジャーズ

福岡ローカルヒーローが活躍する特撮番組『ドゲンジャーズ』では、主人公・田中次郎の運命に関わる重要な役回りで登場。

本作から、必殺技に「やくいく手帳」(薬を飲んだかどうかをチェック出来る欄がある、大賀薬局特製のお薬手帳)を使う拘束技が追加され、連続攻撃が可能となっている。

これは相手に「やくいく手帳」を翳すことで空中に拡大された手帳の枠の中に閉じ込め、その左右に処方箋=攻撃可能な回数が表示されるというもので、第2話のヤバイ仮面相手には1日3回×1週間、つまり21回分相当の攻撃を一方的に叩き込んでいた(2日目以降は「時間が勿体ない」と1日単位でまとめていたが)。

強力な技だが『メトロポリス』でユズユズが「やくいく手帳」を大量に入手した際は転送して使える分もストックがなくなったことで技の発動自体ができなくなるという事態も発生した。


株式会社『悪の秘密結社』による福岡制圧の際には、既婚者なのを理由に『HEROHOUSE』収録ロケには参加していなかったため、やや遅れて参戦。

結社の面々からも一番ヤバイ奴と呼ばれる等、恐怖の対象になっていた模様。

危機に陥った福岡ローカルヒーローズと田中を救い、一度はヤバイ仮面を圧倒するも、異様にパワーアップしたヤバイ仮面の攻撃に本気で反撃すればその衝撃で福岡が消し飛んでしまうと判断、あえて敗北。絶体絶命の窮地であろうと悪に屈しなかった田中の心意気を見込んで、福岡を託すことを決める。

変身に必要なオーガシステムの起動ボタンと共に福岡を取り戻す使命を(半ば強引に)田中へと与えた後、自らは『悪の秘密結社』が手に入れた謎の力の調査へ向かうために姿を消した。

そして弥生時代の地層まで掘り進んで邪馬台国の遺跡からもう一つの金印を見つけ出し、地中からヤバイ仮面の足を「むんず」と掴んで最終決戦に合流。……これだけだととんでもないが、福岡市の地盤は大抵が柔らかい砂地で遺跡も多く(工事現場で発掘調査が行われることも多い)、3mも掘れば弥生時代の地層に達するので、そこまで大したことではない……多分。


実は、ヤバイ仮面が謎の力を手に入れた原因はオーガマン自身であることが、かしいかえんで開催されたヒーローショー『ドゲンジャーズepisode.0』で明かされている。

正確には、オーガマンが投げた岩に埋まっていた金印をヤバイ仮面がたまたま見つけたというもの。


なお、さすがに大賀社長本人の出演は難しかったのか、CVは変更されている。

だが、激走戦隊をこよなく愛する監督の趣味と熱意が暴走した結果、中身レッドレーサーという、ローカル特撮番組とは思えない豪華キャストが実現した。

イメージ通りの強キャラ感溢れる、御両人の演技は必見。


登場機会が大幅に増えた二期以降は存在感がますます強くなり、三期『ドゲンジャーズハイスクール』では最終決戦に際し学生であるMAKOを参戦させるため彼女の通う学校をポケットマネーで買収、学校の記念日にすることで諸問題をクリアするという荒技まで使った。

また公式スピンオフ漫画『修羅の国のアイディール』では舞台となる西暦2121年でも(スーツのシステムに生命維持を依存しているとはいえ)普通に生存して本人が健在という生命力の強さも披露している。


余談

  • 大賀社長曰く、オーガマンを世に出す上での最初の敵はローカルヒーローというものに理解のない会社の重役勢だったらしく、半ば強行採決した上で制作費用を遥かに超える宣伝効果を叩き出すことで納得させたらしい。

関連動画


関連イラスト

オーガマン

オーガマン


関連タグ

ローカルヒーロー

福岡県 薬剤師 最強


ドゲンジャーズ


株式会社悪の秘密結社 ヤバイ仮面

公式悪役にして自社ビルの店子

また、結社(副)社長の笹井浩生氏は大賀社長と同じ中高出身で後輩にあたり、同窓会で知り合ったのがオーガマン誕生のきっかけだとか。


関連リンク

薬剤戦師オーガマン

大賀薬局

チャンネル大賀薬局

大賀よかっちゃんねる

薬剤戦師オーガマン公式ツイッター

大賀薬局公式ツイッター

関連記事

親記事

ローカルヒーロー ろーかるひーろー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20146

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました