ピクシブ百科事典

マンチキン

まんちきん

特定の種類のTRPGプレイヤーに対する蔑称。またはそれをネタにしたカードゲーム。
目次[非表示]

「man」+「Chicken」ではなく、「munch(むしゃむしゃ食べる)」+「-kin(小さい、という意味の接尾辞)」。
実は綴りは短足マンチカンと一緒(そちらはフランス語読み)。

  1. オズの魔法使い』に登場する小人の国と、その国民。
  2. 他にもベビー用品会社だったり、ドーナツの製品名だったり。
  3. アメリカパソコン通信コラムにおけるTRPGプレイスタイル4分類のひとつ。主に今日でマンチキンといえばこれ。
  4. 3.を題材にしたカードゲーム

TRPGにおけるマンチキン

洋マンチ(元祖マンチキン)

「リアルマン」男の中の男。悪く言えば脳筋)、「リアルロールプレイヤー」(受け持ったキャラクターを重んじる)、「ルーニー」(ひたすらウケ狙い)、「マンチキン」(自分有利に物事を運びたい自己中心的なクソガキ)の4分類のひとつ。
アメリカのゲーマーにとっては非常に共感できるものだったが、日本では「マンチキン」以外の3つはあまり受け入れられなかったようだ。

和マンチ

上記の元祖マンチキンが、日本の雑誌などで紹介されるうちに変質していったもの。
「洋マンチ」が単にわがままなのに対して、「和マンチ」はルールに精通しており、ルールブックの細かい記述や、キャラクターはもちろんのことGMだって知らないような専門的な知識に基づいた理論武装によって自分の有利になるように事を運ぼうとする。
理論武装をしているためその行為を否定しづらい点では「洋マンチ」以上にタチが悪いともいえるが、他方、行為・振る舞いそのものが忌み嫌われる「洋マンチ」とは異なり、「和マンチ」はそれが行き過ぎて場(セッション)を乱すことがない限り責められるような類のものではない。むしろ「ルールに精通したベテランプレイヤー」や「ルールに囚われない発想をするプレイヤー」として肯定的に見られる場合も極めて微量ながら存在する可能性もあったりするかもしれない(通常、理不尽な言い掛かりでもって否定されるのが一般的である)。

マンチ技

和マンチの行う行為をマンチ技と呼称する。研究は全くと言って良いほど進んでないものの、大まかに以下の三つに分類される。
データッキー
ゲームのルールやデータを徹底的に読み込み、完全にルール内で有利に運ぼうとする。
例:目視すればかけられる遠隔系攻撃呪文と透視呪文を組み合わせて、壁の向こうの敵を一方的に攻撃する。
リアルリアリティ
ゲーム世界でも適用できそうな現実の法則を利用し、違反ではないもののゲームのルール外で有利に運ぼうとする。
例:身体の欠損部位を再生する魔法の使い手がいなくても、再生能力を持つ生物(ヒトデ等)に長期間変身すれば、欠損部位は治る。
システムの穴
システムで敢えて端折ってある部分を使って有利に運ぼうとする。
例:持ち物の個数・重量の制限がシステム上は特に制限されてないので、一人で荷馬車一台分の装備・お宝を持ち運べる。

関連タグ

KY 厨房 ぼくのかんがえた

粉塵爆発 火炎瓶 - 和マンチが好むとされる戦法(中世の科学力で魔力を使わずに大爆発を起こす)

pixivに投稿された作品 pixivで「マンチキン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140

コメント