ピクシブ百科事典

火炎瓶

かえんびん

瓶の中にガソリンなど可燃性の液体を入れて布切れなど可燃性のもので栓をし、栓に火を点けて投げる簡易的な武器。暴動などでよく使われる。
目次[非表示]

概要

上記のように可燃性の液体を入れて火をつけた瓶を投げることにより、落ちた場所で瓶が割れ可燃性の液体が周りに散らばり、それに栓に点けた火が引火することにより広い範囲を燃やすもの。
他には、混ぜることで発火する化学物質を瓶の内外に塗布し、瓶が割れることで発火するものもある。
こちらのほうが安全で、なおかつ火種の心配がない。

暴動では機動隊軍隊のいるところだけではなく抗議相手の車に投げつけられることもある。
武器としての原理はきわめて単純だが、原始的と侮るなかれ。過去には戦車装甲車がエンジンに喰らって行動不能にさせられたり、車両内部に投げ込まれて搭乗員ごと火だるまになるなど、安価で簡単に作成可能な対戦車兵器として重宝されたこともあった。

戦後の日本においては、主に極左暴力集団が暴動で用いていたが『爆発物』として扱うことが出来ず、かと言って他の法律でも被害が起きてから『障害致死傷』や『器物損壊』罰するのが関の山だった。
そこで、火炎瓶を名指しで規制する『火炎びんの使用等の処罰に関する法律』が制定され、製造・所持・使用は法律で厳しく規制されている。(参考)
このため、興味本位で作成して持ち歩くなど、たとえ使用する意図が無くとも危険物所持の疑いで逮捕される可能性がある。
そもそも、可燃物を用いる以上、作成中や持ち歩いている段階で火事火傷の原因になり非常に危険なので、簡単に作れるからといって絶対に真似しないように。

なお、瓶の中に入れる燃料はガソリンエーテルなどの揮発性のある燃料や灯油などのボロ布に浸せば火がつく程度の着火性がよい(引火点が低い)燃料を使わなければならない。
逆に、サラダ油、行燈等に使う菜種油などの植物油は引火点が高い(火が点き辛い)ので、火炎瓶には適さない… が、一度火がつくと消え辛いので油を撒いてから火矢で… というシチュには使用できる。
つまり、ファンタジーTRPG等で例えば中世程度の文明を舞台とする場合に火炎瓶(火炎壺?)を作る場合は、比較的精製の手間がかかるアルコール(酒精、蒸留酒)やテレピン油などを使うなど工夫が必要となる。

ファミコンソフトグーニーズ2』の火炎瓶

敵であるギャングに投げつけると他の武器同様に気絶するが、気絶するだけで何故か死なない
ちなみに壁の近くなどで投げると、でプレーヤーキャラであるマイキーがダメージを受ける(俗に言う自爆)。体力がなくなれば当然1ミス。
ちなみに、落ちると1ミスになる穴がある場所で上手くギャングを気絶させると奈落の底へ落とすという現実だったら犯罪そのものなことができる。
持てる数に限りがある強力な武器のため殆どの敵を一撃で倒す事が出来、瓶は地面や壁にぶつかるまで炎上しない。しかもどういう訳か炎上前の瓶にも敵への攻撃判定がある。

関連タグ

ガソリン ビン  暴動

pixivに投稿された作品 pixivで「火炎瓶」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70653

コメント