ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

主燃焼剤のナフサ(粗製ガソリン)に増粘剤を混合したものをタンクにいれて信管をつけた焼夷弾

ちなみに「ナパーム」(Napalm)とは増粘剤の成分である、ナフテン酸 (Naphthenic Acid) とパルミチン酸 (Palmitic Acid)のアルミニウム塩 (Aluminum Salts)の略語。

初期のものから改良は続けられているが、基本的な組成はナフサにアルミニウムと脂肪酸のを加え、ゲル状にしたものである。

ゲリラ等が自作を行なっているが、組成こそ違ってもゲル状にした燃焼剤という点は同じである。


尚、ポケモンパルシェンの図鑑説明文に「殻は非常に硬くナパーム弾でも壊せない」と書かれているが、ナパーム弾は焼殺や放火を目的とした撒油兵器で、ダイナマイトの様な衝撃破壊に使える爆薬ではない。

ただ、堅牢な装甲板でも高温で融解したり、曲げるなどの加工ができるほど柔らかくなってしまう。

要約すると「よほど強度低下させてから叩き割る」事さえできないという意味かもしれない。


着弾すると編集

900℃~1,300℃という極めて高温で燃え、ホームセンターなどで売っているカセットガスバーナーの炎の温度がこれと同じくらい。

しかも親油性があるため、木材人体に付着すると浸透して落ち難くなり、をかけても消火が困難となる。

消火する為には、ガソリン用消火器か界面活性剤を含む水が必要だが、周囲では燃焼剤の燃焼に大量の酸素が消費されるため着弾点から離れていても酸欠で窒息死したり、一酸化炭素中毒死することがある。


ベトナム戦争で用いられたものは広範囲に拡散するために粘度を低くしてあることと、燃焼時間が長くなるように作られた「ナパームB」(特殊焼夷弾用燃焼剤)というもの。

そのため、組成がポリスチレン、ベンゼン、ガソリンと他のナパーム弾の焼夷剤と異なる。


この焼夷弾についてはあまりにも残酷で非人道的と批判され、米軍によって公式に廃棄処分されたため現在は保有していない(はずである)。

アフガニスタンで使用されたという証言があるが、公式に確認されていない。


余談編集

映画などの撮影の特殊効果に「ナパーム」という特殊効果があるが、油脂焼夷剤の「ナパーム」とは異なり派手な爆炎をあげる事が目的で、油脂焼夷剤の様な増粘剤は当然入っていない。

同じ「ナパーム」という名称でも油脂焼夷剤と混同しないように注意。


名称・種類組成目的
油脂焼夷剤粗製ガソリン+増粘剤焼夷による殺傷・破壊
映画の効果ガソリンまたはプロパンガスのみ迫力に満ちた演出

またゲーム作品等では「燃焼による熱でダメージを与える」「広範囲に燃焼効果を及ぼす」武装を

総称してナパーム(系武装)と呼ぶ事があるが、こちらも本来は「バズーカ」や「バルカン砲」と同じ類の誤用である。


ちなみに映画「地獄の黙示録」ではフィリピン軍の協力の下、実際にF-5がナパームを投下して撮影している(メイン画像はその投下後の余韻に浸っているキルゴア中佐のシーン)。


関連タグ編集

ベトナム戦争 兵器 ガソリン

坂本浩一:担当回でナパーム演出を多用する監督。

地獄の黙示録…メイン画像。"I love the smell of napalm in the morning."(「朝のナパームの匂いは格別だ。」)の名台詞で有名。

関連記事

親記事

焼夷弾 しょういだん

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19172

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました