ピクシブ百科事典

ナーロッパ

なーろっぱ

ナーロッパとは、ファンタジーで用いられる中世欧州風ではあるが似て非なる世界のこと
目次[非表示]

概要

小説家になろうに投稿される作品に散見される中世ヨーロッパ風の異世界への揶揄として誕生した用語。
具体的には作中の異世界において、現実世界における中世ヨーロッパではあり得ない描写が発生することへの揶揄を指す。

現在確認される最古の使用例は2017年11月25日に5ちゃんねるのスレッドに書き込まれたレスである。

223: 風吹けば名無し 2017/11/25(土) 14:50:31.29 ID:qahiR9//0
ナーロッパやぞ

なろう作者「中世ファンタジー書くンゴ」歴史家「ワナビさぁ……」

書き込まれた場所は、中世風ファンタジーを描く「なろう作者」の作品に対し、「歴史家」がその世界観のディティールが実際の中世ヨーロッパとは様々な点でズレていることを指摘する、というスレ立て主のネタから始まるスレッドである。
この「歴史家」は中世のヨーロッパに無いはずのジャガイモ等の他大陸由来の野菜がある事の矛盾を突くという所謂「じゃがいも警察」というキャラ付けになっている。

「ナーロッパ」的とみなされる作品について、またこの手法をとることについての論点は、このスレッド内でほぼ出尽くしている。
初期の時点から「作品としての粗を誤魔化すため」「所詮は主人公の俺TUEEE展開のため」といった否定的な形容が出ている通り、「ナーロッパ」という語自体は揶揄的なニュアンスを持つものである。

そのため投稿者自身が自分でタグをつけたり、各作品でナーロッパという語を使っていたり自覚的にやっているのでない限り、例えば「小説家になろう」や各種小説投稿サイト出身であるというだけの中世西洋風ファンタジー作品のファンアートにこのタグをつけることは推奨されない

もっとも後述するようにファンタジー世界の中世欧州が中世らしくないのは昔から周知のことであり、考案者の>>223は昔からのファンタジーをあまり知らないという事実を自ら露呈してしまっている。

またその「非中世性」を表す一般的な用語がこれまで無かったのも確かなので、ナーロッパという言葉が一種の便利な言葉になっていることも否定できない。それ故に中世欧州と似て非なる異世界であることを宣言する為に、製作者側があえてこの言葉を用いることもある。

特徴

イメージソースとして認識されている年代は「中世」であるが、技術や制度などの発達具合といったディティール面では「近世」に近い。
ドラゴンクエストファイナルファンタジーのようなゲームや、ロードス島戦記スレイヤーズのような先行するファンタジー作品の影響が強い。
これらの作品に通底する「RPG」「ゲーム」的世界観が、個々の筆者の手で組み立て直されたもの、とも言える。


時代背景が中世というより近世

ヨーロッパ風世界の料理だもの、トマトとかジャガイモトウモロコシとかを彩りよく使った美味しい料理を食べられて当然だよね!ということで、なろう系の作中では美味しい西洋料理が気分を盛り上げてくれる・・・と言いたいところであるが、これらの食材は新大陸の産物である。つまり欧州にこれらが導入されて料理されるのはどう遡っても1492年、コロンブスの新大陸到達以降であり近世のことである。中世欧州の食材はだいぶ制限されており、野菜ではキャベツやニンジン、タマネギなどが用いられていた。ここから「なろう系は中世欧州風のファンタジー世界というが、ジャガイモとか食っているからどうみても近世じゃねーか」というタイプの批評が生まれた。これを俗に「じゃがいも警察」とも呼ぶ。
しかし翻って、フォーチュンクエストでは、とある港町の酒場でカニのマトマ(作中でのトマトのこと)煮が出て来るし、スレイヤーズでもベーコンポテトエッグや(通常トマトを使う)ミートソースが普通に作中で食べられている。ファンタジーとはあくまでも中世欧州「風」の世界であって中世欧州そのままの再現ではない。しかもそれは昔からの伝統であって、なろう系のオリジナル設定ですらないのである。

日本風の国や文化の存在

作品世界内にしばしば「日本風」な国や文化があるのも特徴。欧州に日本についての知識が伝わったのは一般に13世紀末、イタリアで公表されたマルコ・ポーロの旅行記『東方見聞録』に登場するジパングとされ、伝聞のみに依拠したその内容も当時の日本とはかけ離れていた。中世の大部分の期間にはほぼ日本については没交流といって良い。
だが既に「中世西洋風ファンタジー」の源流の一つであるゲーム『ウィザードリィ』にもニンジャが登場している。和製RPG『ドラゴンクエストⅢ』にはジパングという日本がモデルの国が登場するが、国家元首の名前はヒミコ(卑弥呼は3世紀の人物)と時代がずれている。
「ジパング」的な「東方の国」、「ジョブ」や「クラス」としての「サムライ」「ニンジャ」が「中世西洋風邪異世界ファンタジーの日本っぽい国」、FFシリーズの「源氏シリーズ」のような「中世西洋ベースの世界観にアクセントとして登場する和風要素」がイメージの中核とみることができる。すなわちあくまでも日本「風」の国としての登場である。

複数の神々とその宗教組織

現実の中世ヨーロッパは、キリスト教が圧倒的優位に立つ一神教の世界である。ヨーロッパ在来の多神教は残ってはいても、席巻され、駆逐されていく過程にある。そして聖書学等により聖書の絶対性が解体され、真正性や正統性を疑われていく遙か前の時代であり、キリスト教はまさにシビアな、自然法則に等しい現実として人々に認識されている。
一方「ナーロッパ」と呼ばれる作品ではほぼ複数の神々が存在する多神教の世界観であるが、これも源流となる先行作品と共通する。RPGそのものの祖である最初のTRPGダンジョンズ&ドラゴンズ』は複数の神々が存在する世界であり、多くの神がいるという構図はフォーセリアのような和製TRPG世界観にも継承されている。
これに限らず20世紀にアメリカ等で書かれた異世界ファンタジー(エターナルチャンピオンなど)も神が存在する場合、多くは多神教的である(『ナルニア国物語』のような一神教的な異世界系作品も存在する)。
そうした神々が人間の手で倒され(得)る存在というのもロマンシングサガ等の先行作品に例がある。

「ナーロッパ」と呼ばれる作品ではしばしばキリスト教風の教会組織・宗教組織が整備され、キリスト教風の「聖職者」が存在している。源流となったコンシューマ系RPGやネットゲームの職業では「僧侶そうりょ)」「クレリック」「プリースト」「アコライト」が存在しており、現実のキリスト教には一部教派にしかいない女性司祭が存在している。これらをひっくるめてファンタジー職業的に再解釈されたものが継承されている。

ギルド

ギルドは現実世界の歴史にも存在する。商人が結成して相互扶助や都市の自治を司った商人ギルドや手工業者が同じ職種の親方どうしで結成した同職ギルドなどである。ただし、冒険者ギルドなどはもちろん歴史上には存在しない。ナーロッパと呼ばれる作品に登場するギルドはファンタジー系のRPGから連なるものである。先述の冒険者ギルドが代表的で、他にも魔術師ギルドなどの「職業・ジョブ名+ギルド」が存在する。仕事を斡旋する斡旋所、職業紹介所、互助会としての性格を持つ。
冒険者ギルドに相当する組織の恐らく一番古いものはフォーチュンクエストの冒険者支援グループであろう。これはCRPGをパロディ化して小説にするガジェットとして導入された。モンスターの脅威に晒された街や村々が資金を出し合い、冒険者の資格を認定してその仕事を援助する組織である。冒険者に様々な人々から持ち込まれた仕事を提供するという意味では、TRPGソードワールド1.0の「冒険者の店」が原型の一つであろうか。酒場や宿屋を兼業しており、マスターは信用第一の仲介役として顧客と冒険者双方の利益を守る。さらに各町の冒険者の店どうしでネットワークを形成して互いの信用を維持していた。またソードワールドでは魔術師ギルドや盗賊ギルドは既に存在し、前者は知識の交流や身分の保護、後者は仕事と情報の斡旋や裏切者の始末等を行っていた。

利点

テンプレート、共通認識を用いる故に、読者に対する説明の簡略化が可能。共有している道具立てを用いる事で「作者が伝えたいこと」をそのまま理解してもらいやすい、という利点がある。

創作初心者が設定を自作すると加減がわからずギチギチにしてしまい、かえって物語の生成の邪魔になったり、テンポを損ねることが稀によくある
では史実をモデルにそこから設定をリアルを組み立てようとすると、今度は「考証はやり出すとキリがない」という問題が生じる(そもそも大河ドラマでも視聴者の為という面があるも、方言はあまり使われないし、歴史上の人物を諱で呼んでいる)。さらに合戦など歴史の一部分であっても、それをモチーフに小説を書こうとすると参考文献数が余裕で二桁行ってしまう。場面を描こうとすれば当時の食事や服飾、規範、慣習のような日常についても資料が要る。研究者が用いる資料は一般人でも書店や図書館で取り寄せることは出来るが(ネット上で論文がpdf形式で公開されている事もある)、(「史料が残っていない」ケースも含めて)厳密に読み解くのはそれ自体が高度なスキルである。
しかも、オリジナル設定にせよ歴史系文化系の専門知識にせよ、読者が知らない設定語りは、読み手をついていかせるために相応の筆力が必要となる。

「ナーロッパ」的テンプレートはTRPGという、キャラの設定や舞台状況を設定した上で、その場で物語やキャラクターたちの挙動を生み出していくジャンルに源流に持つ故に、創作の叩き台としてとても便利なものである。
例えば冒険者ギルドは「クエスト」「物語の一幕」「短編」の起点とできるシステムであり、主人公やその同行者と異なる属性や立場のキャラクターを即座に結びつける事ができる。
ゲームや漫画、アニメから摂取し体得した、職業(ジョブ・クラス)や種族の特徴を踏まえた上で、同じ舞台設定の上で異なる個性を持つキャラクターを動かし、物語を転がす練習台とすることもできる。

関連項目

なろう系
剣と魔法の世界


外部リンク

ナーロッパ - ニコニコ大百科
新語・新概念「ナーロッパ」(なろう小説に出てきがちな異世界)…を記録
【異世界】一般人が中世ヨーロッパに転生したらどうやって生き延びる? 詳しい人に聞きました

関連記事

親記事

なろう系 なろうけい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナーロッパ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 527

コメント