ピクシブ百科事典

冒険者ギルド

ぼうけんしゃぎるど

ゲームや小説などに登場する架空の組織・組合。
目次[非表示]

概要

ゲーム小説ライトノベル)、漫画アニメ等に登場する冒険者のためのギルド
例えばTRPGや『小説家になろう』のファンタジー系ジャンルなどでは登場頻度が高い。

その名の通り、冒険者専用のギルドで、基本的な業務はカードタグを発行しての冒険者の登録、あるいは冒険者の除名、モンスターの討伐や薬草の採取、街の掃除、商隊の護衛といった各種依頼による仕事の斡旋、素材の買い取り、冒険者のランク昇格のための試験開催、冒険者同士の揉め事の仲介等を行う。

概して街に一つ程度は冒険者ギルドが存在し、初めての登録の際には登録料やステータスの確認等が必要となったりする。ギルド職員はギルドマスター、受付嬢、昇格試験の試験官、モンスターの解体担当者などが所属し、中にはギルドお抱えの専属冒険者や暗殺者がいたりする例も。

物語中に冒険者ギルドが登場すると、大抵は主人公がそこで冒険者登録をし、仲間を増やしたり、依頼をこなして冒険者ランクを上げていくのが主になると思われる。作品によっては冒険者ギルド自体が大きくストーリーに絡んでくる場合(例:主人公がギルド職員側など)と、ほとんど関わらなかったりする場合がある。

冒険者ランク

冒険者のランク制度が導入されている作品では、冒険者の活躍や貢献に応じて冒険者ギルドで昇格試験を受ける・承認されることでランクが上昇する(他にギルドマスターの独断で昇格するような例外もある)。ランクの表記例はアルファベット(例:S、A、B、C、D、E、F)、金属(例:ゴールドシルバーブロンズ)、宝石(例:ダイヤモンドエメラルド)など。アルファベットの一例としてはS以上のSSランクやSSSランクというのが設定されていたりもする。

世界樹の迷宮シリーズ

物語の拠点となる町において冒険者たちが集う組織であり、「自分で名前を付けられる」のが最大の特徴。
仲間の登録や編成だけでなく、休養によるスキルポイントの振り直し(ただしレベルが一定量下がる)、引退による新規キャラへの能力の引継ぎ(キャラの名前も変更可能。引退による能力の引継ぎは特定能力への上乗せ、全能力への上乗せなどシリーズにより異なる。レベルも当然下がる)などの業務も行う。
ギルドの名前を決定すると変更する事は不可能なので、ふざけた名前にせず愛着を持てる名称にしたい所。シリーズによっては他のプレイヤーとの交流の証である「ギルドカード」に自分の冒険者ギルドの名前も載るため、尚更。

関連タグ

フィクション 冒険者 酒場 ギルド ギルドマスター ファンタジー TRPG 小説家になろう

関連記事

親記事

ギルド ぎるど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「冒険者ギルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 697

コメント