ピクシブ百科事典

小鬼を殺す者

ごぶりんすれいやー

小鬼を殺す者(ゴブリンスレイヤー)とは、ライトノベル及び漫画『ゴブリンスレイヤー』の主人公である。
目次[非表示]

『────────俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ。』

概要

CV:梅原裕一郎
(幼少期:松田颯水

本作の主人公にして、“小鬼を殺す者(ゴブリンスレイヤー)”の渾名を称する只人(ヒューム)の冒険者
『辺境の街』を活動拠点としており、作中では最弱モンスターと言われている小鬼ゴブリン)の退治依頼のみを単独で受諾し、数年に亘って淡々とゴブリンを狩り続けている変人。

冒険者としての等級は、在野における最高等級である第三位『銀等級』。
この等級に上り詰めたとは言っても、彼にしてみれば「ギルドが勝手に決めた事」であるらしく、小鬼退治に夢中で昇級審査に積極的でなかったのか、あるいはその功績のみを純粋に評価された結果として現在の階級に収まっていると思われる。

同業の冒険者たちからは、「雑魚狩り専門」というレッテルと不気味な外見や素行から実力は低く見られがちで、同階級はおろか格下の冒険者からも快く思われず、嘲笑されナメられている事が少なくない。

容姿・装備

goblin slayer


身に纏う装備は角の折れたと安っぽいに、鎖帷子
左腕に小振りな円盾を括り付けており、雑嚢にはゴブリン退治に使用する小道具が詰まっている。

用心を兼ねて鎧と鉄兜を外す事はほとんどなく、彼が周囲に素顔をさらす事も滅多にない。
食事の時ですら兜のまま、面頬の隙間から器用に食べている。兜を脱いだ時は、他の冒険者たちが大騒ぎするほどの珍事らしい。

ゴブリンは主に狭い洞窟や古い遺跡を住みかとする故、使用するは中途半端な刃渡りのモノを好んで使用する。血脂に濡れて斬れ味が落ちた場合は投擲や投棄も辞さないため、武器屋で購入する際も安価な粗雑モノを選んで仕入れる。
小円盾は暗い洞窟内で松明を持つ為に腕へ括り付けており、防御は勿論、状況次第ではこちらも武器として振るい、ゴブリンを撲殺する(アニメでは叩き切るような使い方もしており、盾の縁を研ぐなどしてある程度の切れ味を持たせている模様)。

また、ゴブリンの使う剣や弓、あるいは棍棒石斧といった原始的な武器をも殺して奪い、使い潰した手持ちの武器と交換して代用するなど、略奪民族たるゴブリンの性質を最大限に利用している。

臭いを察知されないために装備の汚れ落としは一切行っておらず、破損した場合も滅多に買い替えはせず修理に出す。
装備品にへこみなどが見られる場合は自身で修繕することもあり、防具の買い替えの際は“安物しか買わないくせに注文が多い”点をしばしば工房の翁に皮肉られている。
そのため鎧兜は常に薄汚れており、新人冒険者の方がまだまともな格好をしていると指摘される事もしばしば。初見の者からはリビングメイルさまようよろい亡者の類などに見間違われる事すらある。

やる夫スレ版で当てられたAAはさまようよろいといった戦士系である他、兜に「鬼殺」の文字が入れられている。小説版のイラストでは文字は無い。小説版でも元ネタのさまようよろいはネタ元としてしばしば使われている。

鬼殺切り絵  ゴブリンスレイヤー


なお、彼のイラストでは兜の奥で赤く輝く眼光が描かれることが多いが、書籍4巻によると実際に瞳の色は赤な模様。

イヤーワンでは革鎧のデザインと色が現在のものと異なる。首から背中にかけて黒い羽毛で覆われており、腰には革製の腰巻きが巻かれている。鎧下には針金製の帷子を装備。また手足の肌の露出が多い。
兜も角があり、付け毛が長い。角は両方共にゴブリンに掴まれたのを振り払う際に折れてしまった(最初の冒険で左の角が、村の防衛戦で右の角が折れた)。角の重量が無い分都合が良いためか、スペアの兜も同様に角を折っている。

人物

善悪に偏らない中庸な性質で、無愛想且つ大真面目。口数もけして多くはなく話し方は無機質で淡々としており、およそ巫山戯などは似合わない。ぶっきらぼうで、他人との日常的な会話では「ああ」、「いや」、「そうか」、「そうだな」だけで返答としてしまう事もしばしば。

最低限のことしか自分からは話さず、ゴブリン以外の案件には基本的に興味を示さない(良く言えば)ストイックな性格。下手をすればとして壊れ、乾いている印象さえ受ける。

本人にとってはゴブリン退治の為に必要な事をしているだけだが、周囲の多くからは頑固で偏屈な変人狂人と思われている。
事実、これまでゴブリン殺しに特化し過ぎた生き方をしてきた為に、過去の復讐や村の被害者を減らしたい(という想いはまだあるが)などの目的を通り越し、「ゴブリンを殺す事自体が使命感を越えた一種の“愉悦”や“趣味”、“生きがい”に近い意味を持った生涯の“目的”となってしまっている節がある。


ゴブリン殲滅に対して常軌を逸するほどの執着を持つ一方、ゴブリン以外の怪物に対しては関心が無く、やむなく戦う事になっても「邪魔なその他」として名前すら覚えようとしない。
実際、ゴブリンが絡まない事件に直面した時、『ゴブリンを相手にした方が気楽だ』と心中でぼやき、ゴブリン絡みになった途端『やっと話が単純になってきた』と安堵した様子を見せていた。

また、『ゴブリンは最弱の怪物』という認識に理解を示しており、
安物の武具でも倒せるゴブリンに比べ、再生能力や桁違いの体力と能力を持つ他の怪物に対しては、
退治するためにかかる準備と費用、手間から、相手をすること事態面倒くさがっている節がある
実際劇中において、オーガや大目玉、シーサーペントなどと対峙した際は正面からまともに戦っても歯が立たず、下記の奇策で辛くも逆転勝利を掴み取っている

一度「海ゴブリン」の討伐に赴いたが、その正体が半魚人の蔑称だったと知ると即帰還しようとし、その後、物凄く不機嫌な様子で『ゴブリンではなかった』と一点張りで受付嬢に依頼のキャンセルを迫った(結局仲間が、放っておけないと自分抜きで解決しようとしたため、渋々最後まで付き合った)。
また、悪意ある者に『ゴブリンの娘』という悪評を広められた葡萄尼僧に対しては、彼女が褐色肌人の血を引いていると気付いている上で悪評を端から否定していた。
ただ単に『ゴブリン』と呼ばれていれば例外なく殺すわけではなく、自分の目で確認してゴブリンであるかそうでないかを判断していると思われる。

ギルドに所属した上での冒険者という身分も、ゴブリン退治に都合が良い為所属しているようなもので、基本的には冒険者ではなく「ゴブリンスレイヤー」を自称している。

他人からの評価もほとんどの場合意に介さずで、悪口や陰口なども特に気にせず、余程の悪意や直接的な害意がない限りは不条理に対して根に持つことをしない。
また、例え幼馴染や仲間に害を及ぼそうとした者の親族であっても、誰であれ、何であれ、ゴブリンに殺されて良いとは考えず、救いの手を差し伸べる(一応、相手に誠意があるか確認はするが)。
金銭感覚にも難があり、金払いが良い反面、ゴブリン退治ならば基本的に言い値で引き受けてしまう、追加報酬が期待出来るケースでもゴブリン退治の分しか受け取らないなど報酬額に無頓着な事が多く、他の冒険者から難色を示される事も。


だが、根は真面目で質問には実直に応え、受付嬢などに叱られた時は戸惑ったりすることも。
仲間内からは「ボンクラで放っておけない」「意外と周りを見ているしどこかわかりやすい」「約束事はきちんと守ろうと努力するあたり、良い意味でも悪い意味でも律儀」と言われている。

また態度には全く出さないが、彼なりに仲間に対する情や感謝の気持ちは持ち合わせており、逆に他人を踏み台としか考えていない冒険者には淡々とだが辛辣なコメントを下した事もある。
一方面倒くさくなると露骨に話題を切り替えたりもする。これらは女神官や妖精弓手から指摘されたのを機に、少しずつ改善の努力はしている模様。


小鬼禍(ゴブリンハザード)が個人単位にとっての“大変な害悪”ではあっても、全体にとって見れば“重大な脅威”ではないため、冒険者の間でも実入りの少なさから敬遠されがちなゴブリンの退治依頼に頭を悩ませるギルド(特に受付嬢)からは非常に感謝されている。

また、報酬の多寡に関わらず自らゴブリン討伐を買って出る彼の存在は、ゴブリンの跋扈に怯える貧しい村落などにとっては救世主にも等しく、不気味な外見に反して庶民からの評判は良い。
時には金を払ってでも村落から道具を買う事もあり、『金稼ぎにやって来るはずの冒険者が、わざわざゴブリン退治に金を出すとは』と奇異な目で見られるものの、蓄えの少ない寒村からは有り難がれる事もある。

崇められている訳ではないが、その活躍は彼自身知らぬ間に吟遊詩人の創作歌のモデルとして起用されていたほどであり、“辺境最強”“辺境最高”に並び、“辺境最優”の冒険者と称賛されることもある。


料理は出来なくもないが下手っぴ。幼い頃に姉がよく作ってくれたこともあり、好きな食事はシチューである。
実はまだ20歳。その為子供に『おっさん』と呼ばれた時は即座に否定した。
素顔は意外に美男子らしく、一部では正体はゴブリンであるとか、実は女性であるとか憶測していた者達もいた模様で、彼の知らぬ所で賭けの対象になっていた。

また、知識欲が旺盛で、『世の中、俺の知らぬ事を知っている奴の方が多い』と言い、牛飼娘や魔女、炭鉱夫など、いろんな人から様々な知識を得ている。……尤も、ただ単にゴブリン退治に使えそうな知識だからだという可能性は否定できない

書籍10巻にて、師匠からの縁で影の中の仕掛人を雇う『ならず者の集まり(ローグ・ギルド)』にツテがいる事が判明する(ただし面識はない)。仁義の切る作法も心得ている。

実力

『無理や無茶をして勝てるならいくらでもするが、それで上手くいくなら、苦労はしない。』

鎧を日常的に着込むため、がたいはしっかりしていても肌は色白。筋骨隆ではないが十分に鍛えられた肉体と体力を持つ。
呪文は使えないが、数々の道具や伝聞による幅広い知識、剣術や弓術、投石紐といった飛び道具の扱いなど、ゴブリン退治に有効な攻撃手段は一通り平均以上の技量でこなせる。

単独で活動する事が多かった事情もあり、本職の冒険者ほどではないものの、野伏(レンジャー)や斥候(スカウト)の心得もある。
ただし同じ銀等級と比較した場合、冒険者としての特筆すべき技術や才能を持っている訳ではなく、上述する戦闘技能も地道な訓練の末に獲得したものである(強いて挙げるならば、投擲は幼少時代からの得意技ではあった)。

等級相応の実戦経験と、それに裏付けられた高い戦術眼を持っているものの、純粋な戦闘能力自体は等級に見合うほどのものではなく、彼自身もそれを自覚している。
とある敵は剣を交えた際、彼の剣の腕前を「第六位の翠玉等級相当」と評した(あくまでも敵の主観による評価である)。


普段は一方的に屠っているゴブリン相手ですら、単純な削り合いでは数の暴力の前に劣勢に追い込まれる事も多く、強敵が相手の時はもちろん、例え格下でも油断はせず、味方側に犠牲を出さずに確実に状況を打破する為ならば、不意討ちや地形利用を始めとした搦め手をも躊躇せず行う。

つまりは、才能の無い凡人が小鬼退治に必要な技能のみをひたすら鍛えた結果が現在の“彼”であり、トータルで見れば満遍なく鍛え上げた器用貧乏タイプとも解釈出来る。

ゴブリンスレイヤー カラー


作中では徹底して対ゴブリンに特化した戦い方を誰よりも熟知しており、その生態系を把握したうえで十全に装備を整え、戦略を練り、極めて合理的かつ効率的にゴブリンを抹殺する。
ゴブリンの敏感な嗅覚を誤魔化す為、仕留めた死骸のを自身や仲間にかけるという事も彼にとっては茶飯事である。

不意打ちや騙し討ちに限らず、の設置にの使用などの手段も有効なら躊躇わず用い、安価な剣やゴブリンの武器を数回使っては投擲するを繰り返す(冒険者としては)型破りの戦法を執る。

ゴブリン退治の価値や武具を奪われた際の危惧、単純な効果対費用からして魔剣の類は全く使わず、所持もしないしそもそも眼中にない。
およそ“冒険”には使わないような道具を雑嚢に敷き詰めており、意外にも便利なそれらを使い分ける事で窮地を打開する場合が多い。所作封じの催涙弾などは自前で調合し作っている。

一党(パーティー)で活動するようになってからは一党の頭目として指示を出したり、斥候(スカウト)及び戦士(ファイター)として前衛を担うようにもなる。

ゴブリン退治における彼の最大の武器とは、ゴブリンという種族に対する理解と徹底した容赦の無さ執着心、奴らを決して侮らない用心深さ(本人曰く「奴らは馬鹿だが間抜けじゃない」)。
そしてゴブリンのもたらした災禍が見せる、反吐が出るほどの悲惨な現実と悪意。これを真っ向から直視する、他の“冒険者”とは別の意味でかけ離れた ある種の強靭な精神性である。

どんな窮地にあっても一切天に頼る事は無く、知略・戦略を駆使して徹底的に偶然性を排除したその戦いは、神々すらその運命・宿命に干渉する事が出来ないという(メタ的にいえば、どんな状況でも"固定値による確実な成功"を狙うスタイルといえる)。

経緯

10年前の夏。かつて辺境の町の付近で発生した小鬼禍(ゴブリンハザード)により壊滅した、とある村の生き残り。姉は子供達に読み書きを教える先生、父は腕の良い猟師、母は薬師だった。

物心つく前に両親を亡くし、以来唯一の家族であった実姉が目の前でゴブリンに凌辱され惨殺される光景を目の当たりにし、この一件からゴブリンに深い憎悪を抱き、ゴブリンという種族そのものを根絶やしにすることを誓い、災禍から5年もの間消息を絶つ。

幼少のころは白金や金の冒険者の英雄譚や冒険譚に憧れ、自身もそうなりたいと願うごく普通の少年だったが、歳を重ね己の才能や境遇を知るにつれ難しいことだと理解するようになり、口に出さなくなった。
そして辺境の街に忽然と姿を現して冒険者となり、そこからひたすらほぼ休み無しの単独(ソロ)でゴブリン退治に臨んでいた。

現在は、幼馴染である牛飼娘の伯父が営む郊外の牧場に納屋を間借りして定住している。牧場は勿論のこと、町周辺の見廻りや罠設置など、ゴブリンの襲撃を常に警戒し備えている。


そうして冒険者として5年が経った頃、あるゴブリン退治で女神官の窮地を救って以来頻繁に同行するようになる。
妖精弓手鉱人道士蜥蜴僧侶らとは、世間が古代の魔神王の復活を起因とする悪魔の増加に窮していた時分に、近隣種族の会合場所付近にて活発化したゴブリンの退治依頼をきっかけとして即席の一党を組み、この一件以降もなにかと彼を気にかけ、しばしば行動を共にするようになった。

未だに新参冒険者からは白い目で見られているが、ある一件で槍使いや重戦士といった熟練者達とは距離を縮めて良き知人となった。自身の悪評を気にしてはいないが自覚はしていた為、彼らが自分の協力要請を受けてくれた事は意外に思っていた模様。
現在では『律儀なので、声をかければ返事くらいはしてくれる』という事で、気軽に声をかける冒険者も増えてきている。

また、現在少なくとも女性から想いを寄せられているが、どう対応するべきか苦慮している描写も見受けられる。

現在でも冒険者になりたいという望み自体は完全に死んでおらず、ゴブリンの絡まない冒険も少しずつ楽しむことが出来るようになってきてはいるが、それ以上にゴブリンという種族が存在していることに対する恐怖と不安、殲滅しなければならないという使命感から、冒険者には到底なれていないとも感じている。

その武勇伝(?)

時にはゴブリン相手にはもったいなさ過ぎる稀少アイテムを惜しげなく使ってしまうことさえあり、高圧水流や粉塵爆発など、作中の文明からして(読者も)予想できないような手段も取る。

例:

  • ゴブリンどもが潜伏する洞窟を爆破して生き埋めにする(無論、巻き込まれる者がいないという裏付けが取れればだが)。
  • 砦の外から大量の火矢を放って放火し女神官の《聖壁》で閉じ込めて蒸し焼きにする
  • 巣穴近くの川や池から水を引っ張って水攻めする
  • 近くに川や池がない場合、貴重な転移魔法の巻物を海中に繋げて水攻めする。または水圧を利用したウォーターカッターで相手を魔法ごと両断する
  • 女神官の《聖壁》を二重に張らせて相手をプレスする(のちに、元々は三角柱状に閉じ込めて火炎瓶などで焼き殺すつもりだったと判明)。
  • ゴブリンが潜む遺跡に毒気の素を投げ入れる
  • 保存食用の干し魚の激臭を煙幕代わりに燻す
  • 矢避けの魔法で飛び道具が効かない相手に、特殊な『剣』を投げて攻撃
  • 数多の魔物と罠が待ち受ける推定60階相当の塔を、外壁を登攀して攻略
  • 『言葉を持つ者』の攻撃を無効化する敵に対して、高所から突き落とす事を提案
  • 鏃を緩めた矢で射掛け傷口に鏃が残るようにして、ゴブリンの巣で疫病を蔓延させようとする
  • 味方の魔法で雪崩を起こしてゴブリンどもを殲滅。自らは水中呼吸用アイテムで窒息を防ぐ。
  • 再生能力を持つトロルを、水の街で教わった『あいすくりん』の作り方を応用し凍結させる
  • 水棲モンスターに《水歩》の術をかけて水中から追い出し、窒息させる
  • 転移の巻物を今度は気圧差が発生する程の上空に繋げ、ゴブリンどもを吸い飛ばす
  • 池の氷を削り、牛飼娘に磨かせてレンズにし、廃村のそこかしこに仕掛けて太陽光で家を焼く。それによって生じた煙で敵の暗視能力を封じる
  • 鋭く尖った小石をまきびしの様にばらまく
  • オーガとゴブリンどもを凍った池の上に誘導し、オーガの《火球》の熱を利用して氷を溶かし、まとめて水没させる
  • 影の中の仕掛人を雇って地母神の悪評を広める者に対して、同様に仕掛人を雇って暗躍させる(仕掛人がどう動くかまでは知らないが)。

イヤーワンでは、ゴブリンスレイヤーが現在の装備や戦闘スタイルに至った経緯が書かれている。
特に最初の方では経験・知識不足、今の彼では考えられない失敗で何度も死にかけている

例:
  • 円盾の持ち手のせいで左手で松明が持てない事に、ゴブリンの巣に突入する直前に気付く
  • 横穴を見逃し、背後から奇襲を受ける。
  • アイテムの収納を雑嚢ではなく背中に背負うずだ袋にしたため、転倒した時にポーションと毒消しの瓶が割れてしまう
  • 狭い洞窟内にも拘わらず、長剣を使っていたため剣が岩肌に引っかかってしまう(即座に、壁を背にして刺突攻撃する戦法に切り替えた)。
  • 油断していた所を生き残りに急襲され、短剣の毒で死にかける(前述の通り毒消しの瓶が割れてしまったため、袋の布地に付着した薬を必死に吸って事なきを得た)。
  • 自分の知らない上位種に負けそうになる(当時はゴブリンシャーマンの事を知らず、ゴブリンが魔法を使うとは思っていなかった)。
  • ホブを仕留めたと思い込み、油断して不意討ちを食らってしまう。
  • ゴブリンの大群を相手にソロで戦い続けたため、武器が刃こぼれ・破損し、袋叩きにされる

このような苦い経験と失敗があるからこそ、現在の彼が存在している。
後に孤雷の術士の依頼で彼女と共にゴブリンの調査を行い、ゴブリンの生態、体の構造、上位種や職業、肉の盾の存在を知ることとなる。……ついでに内蔵をえぐり出しての効率のいい臭い消しの方法も学んだ

とはいえ、冒険者らしからぬダーティなマンチプレイなので、上記の手段も土砂崩れ山火事土壌汚染や土壌変化などのデメリットも考えられ、いくらゴブリン退治のためとはいえ、下手をすればゴブリン以上の災厄として捉えられかねない。
実際、街の重要施設である地下水道に大穴を開けようと考えた事があり、当然そんな事をすれば下水が氾濫して海が汚れるなどの被害が出るため、鉱人道士に怒鳴られた事がある。

しかし、そのマンチプレイで危機を乗り越えてきたのは確かなので、仲間からは『ゴブリンスレイヤーなら何かやらかしてくれる』と呆れと諦めと皮肉と非難が込められたある種の期待を寄せられている。妖精弓手も致し方ない状況であれば、マンチ技を使う許可を出している。

また、ゴブリンスレイヤー自身も、使ってみてデメリットや危険性が大きすぎる策(例:粉塵爆発)は以後使用しないようにしている。
原作者も『良い子(純粋にTRPGをプレイしたい人)は真似しないでね』とコメントしている。

なお、上記の様に彼の奇策の多くは他人から伝え聞いた話・知識・技術が元であり、彼自身が考えた手段は臭い消しや装備の改造、ゴブリンから武器を奪う事などと結構少ない(そしてどれも、自身が死にかけた極限状態で思い付いた事)。
さらに言えば、本編で彼が披露した罠の数々は姉から学んだもの(遡れば猟師の父親から学んだらしい)。

余談

オーなんとかさんに向かって言い放った『お前なぞよりもゴブリンの方がよほど手強い』という台詞だが、これは『オーガよりゴブリンの方が強い』という意味ではなく、
ボスキャラであるため1体倒せば解決になるオーガと違い、何百体何千体倒しても終わりが見えないほどのゴブリンの数の多さ
もしくは生き残りの経験がすぐさま群れ全体に還元されるほどのゴブリンの学習能力の高さの事を理由にしていると捉える事ができる。

また、ゴブリン被害に対して国が動かない事を理解しているがそれに対して明確に不平不満を口にした様子はない(不平不満を言うのは大体妖精弓手辺りである)。
書籍8巻では国王にゴブリン対策の改善を頼めるチャンスを得たにも拘わらず、ゴブリン退治の報酬分だけ受け取って辺境の街に帰ってしまう

ゴブリン退治に失敗した冒険者の事を『良くある事』だと理解しつつも、それはただ運が悪かっただけの事で、常にでも頻繁にでもないとも理解している。そのため、生き延びてる自分が彼らより優れてるなどとは微塵にも思っていない
だからこそ、ゴブリンに捕らわれた女性を生きていれば救出するし、死んでいれば認識票くらいは持ち帰ろうとする。
女神官と初めて出会った時にも、彼女達が横穴を見逃した事を『新人がよくやるミス』だと説明し、その後の台詞もミスを犯した彼女達を批判している様子が見られない

読者・視聴者の中にはゴブリンに対して何も対策しない四方世界の住民を無能と蔑む人もいると思われる。
しかし、誰よりもゴブリンの生態と恐ろしさを理解しているゴブリンスレイヤーは、ゴブリン対策しない国や冒険者に不満を言っていない。周囲に対して必要以上にゴブリン対策を強いろうとしないし、ゴブリンの危険性を無理矢理広めようともしない。

何故ならゴブリンだけを見て、ゴブリンの危機を声高々に叫ぶ者は、いささか視野が狭くなっている事を分かっているからだ

関連イラスト

ゴブリンスレイヤー
Goblin Slayer


ゴブスレさん
ゴブリンスレイヤーアニメEDでゴブスレさんが走っていたので



関連タグ

ゴブリンスレイヤー ダークヒーロー
女神官(ゴブリンスレイヤー) 牛飼娘 受付嬢(ゴブリンスレイヤー)
妖精弓手 鉱人道士 蜥蜴僧侶

ゴブリン(ゴブリンスレイヤー)

ケンシロウ・・・『北斗の拳』より。に対しては一切容赦せず惨殺する。すすんで徒党を組むタイプではないが、来る者は拒まないなど、スタンスがよく似ている人。

空木レンカ・・・『ゴッドイーター』(アニメ版)より。怪物を殺された主人公つながり。こちらはその怪物に父親を食い殺され、母親も間接的に殺されている

ニンジャスレイヤー・・・『ニンジャスレイヤー』より。家族を殺された事で特定の存在に対し強い憎しみを抱くようになった、「スレイヤー」の名前を冠する復讐者同士。性格もよく似ているが、彼と彼の敵は超人的な戦闘力を持つ個人であるため、復讐対象に含まれていても善良な人物であるなら見逃すこともある。

マクガイバー・・・アメリカのドラマ『冒険野郎マクガイバー』の主人公。豊富な知識と技術、想像力で窮地を脱する点が共通。

関連記事

親記事

ゴブリンスレイヤーの登場人物一覧 ごぶりんすれいやーのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小鬼を殺す者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2304052

コメント