ピクシブ百科事典

小鬼を殺す者

ごぶりんすれいやー

小鬼を殺す者(ゴブリンスレイヤー)とは、ライトノベル及び漫画『ゴブリンスレイヤー』の主人公である。
目次[非表示]

『────────俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ。』


概要




『無理や無茶をして勝てるならいくらでもするが、それで上手くいくなら、苦労はしない。』
CV:梅原裕一郎



本作の主人公にして“小鬼を殺す者(ゴブリンスレイヤー)”の渾名を称する只人(ヒューム)冒険者

辺境の街を活動拠点としており、作中では最弱モンスターと言われている小鬼(ゴブリンの退治依頼のみを単独で受諾し、数年に亘って淡々とゴブリンを狩り続けている変人。
冒険者としての階級は、在野における最高等級である第三位銀等級。この等級に上り詰めたとは言っても、彼にしてみれば「ギルドが勝手に決めた事」であるらしく、小鬼退治に夢中で昇級審査に積極的でなかったのか、あるいはその功績のみを純粋に評価された結果として現在の階級に収まっていると思われる。
同業の冒険者たちからは、「雑魚狩り専門」というレッテルと不気味な外見や素行から実力は低く見られがちで、同階級はおろか格下の冒険者からも快く思われず、嘲笑されナメられている事が少なくない。

身に纏う装備は角の折れた鉄兜と安っぽい革鎧鎖帷子
左腕に小振りな円盾を括り付けており、雑嚢にはゴブリン退治に使用する小道具が詰まっている。
用心を兼ねて鎧と鉄兜を外す事はほとんどなく、彼が周囲に素顔をさらす事も滅多にない。食事の時ですら兜のまま、面頬の隙間から器用に食べている。
臭いを察知されないために装備の汚れ落としは一切行っておらず、破損した場合も滅多に買い替えはせず修理に出す。それ故に鎧兜は常に薄汚れており、新人冒険者の方がまだまともな格好をしていると指摘される事もしばしば。初見の者からはリビングメイルやさまようよろい、亡者の類などに見間違われる事すらある。

goblin slayer


冒険では対ゴブリンに特化した(とりわけ巣穴の中など、洞窟戦。)戦闘スタイルを執る。故に使用する剣は中途半端な刃渡りのモノを好んで使用する。血脂に濡れて斬れ味が落ちた場合は投擲や投棄も辞さないため、武器屋で購入する際も安価な粗雑モノを選んで仕入れる。装備品にへこみなどが見られる場合は自身で修繕することもあり、防具の買い替えの際は“安物しか買わないくせに注文が多い”点をしばしば工房の翁に皮肉られる。
また、ゴブリンの使う剣や弓、あるいは棍棒や石斧といった原始的な武器をも殺して奪い、使い潰した手持ちの武器と交換して代用するなど、略奪民族たるゴブリンの性質を最大限に利用する。

やる夫スレ版で当てられたAAはさまようよろいといった戦士系である他、兜に「鬼殺」の文字が入れられている。小説版のイラストでは文字は無い。小説版でも元ネタのさまようよろいはネタ元として使われている。

鬼殺切り絵  ゴブリンスレイヤー




人物

辺境の小鬼殺しとその周囲

善悪に偏らない中庸な性質で、無愛想且つ大真面。口数もけして多くはなく話し方は無機質で淡々としており、およそ巫山戯などは似合わないぶっきらぼうで、他人との日常的な会話では「ああ」、「いや」、「そうか」、「そうだな」だけで返答としてしまう事もしばしば。面倒くさくなると露骨に話題を切替えたりもする。これらは女神官や妖精弓手から指摘されたのを機に、少しずつ改善の努力はしている模様。
最低限のことしか自分からは話さず、ゴブリン以外の案件には基本的に興味を示さない(良く言えば)ストイックな性格。だが、根は真面目で質問などには実直に応え、受付嬢などに叱られた時は戸惑ったりすることも。

小鬼禍(ゴブリンハザード)が個人や村単位にとっての“大変な害悪”ではあっても、国全体にとって見れば“重大な脅威”ではないため、冒険者の間でも実入りの少なさから敬遠されがちなゴブリンの退治依頼に頭を悩ませるギルド(特に受付嬢)からは非常に感謝されている。
また、報酬の多寡に関わらず自らゴブリン討伐を買って出る彼は、ゴブリンの跋扈に怯える貧しい村落などにとってはまさしく救世主にも等しい存在であり、崇められている訳ではないのだが実際、吟遊詩人の創作歌のモデルとして起用されたり、不気味な外見に反して庶民からの受けが意外と良かったりする。
同業の冒険者である槍使いが“辺境最強”であるのなら、風貌はともかくとしても彼は“辺境最優”と呼ばれるに相応しい冒険者であろう。

周囲の多くからは頑固偏屈変人と思われているが、本人にとってはゴブリン退治の為に必要な事をしているだけ。他人からの評価はほとんどの場合 意に介さずで、悪口や陰口なども特に気にせず、余程の悪意がない限りは不条理に対して根に持つことをしない。また仲間内からは、ボンクラで放っておけない、意外と周りを見ているしどこかわかりやすい、約束事はきちんと守ろうと努力するあたり良い意味でも悪い意味でも律儀、と言われている。
逆に言えばこれまでゴブリン殺しに特化し過ぎた生き方をしてきた為に、過去の復讐や村の被害者を減らしたい(という想いはあるが)などの目的を通り越し、「ゴブリンを殺す」事自体が使命感を越えた一種の“愉悦”や“趣味”、“生きがい”に近い意味を持った生涯の“目的”となってしまっている節がある。

冒険においては、女神官と組むまでは年がら年中、ほぼ休み無しの単独(ソロ)でゴブリン退治に臨んでいた。一党(パーティー)で活動するようになってからは一党の頭目として指示を出したり、斥候(スカウト)及び戦士(ファイター)として前衛を担うようになる。呪文は使えないが、数々の道具や伝聞による幅広な知識、あまり周囲への被害を考慮に入れないが故の大胆な奇策発案などを武器に戦ってゆく。客観的に見れば、実は意外と幸運も持ち合わせている。

女神官とは辺境の町周辺で活動を始めてから5年が経った頃、あるゴブリン退治で窮地を救って以来頻繁に同行するようになり、彼女を補佐として一党を組んだ。
妖精弓手鉱人道士蜥蜴僧侶らとは、世間が古代の魔神王の復活を起因とする悪魔の増加に窮していた時分に、近隣種族の会合場所付近にて活発化したゴブリンの退治依頼をきっかけとして即席の一党を組み、この一件以降もなにかと彼を気にかけ、しばしば行動を共にするようになった。

現在少なくとも四人の女性から想いを寄せられている

銀等級の冒険者

等級相応に実戦経験を持ち、冷静・冷徹、容赦も油断も無く咄嗟の判断も早いが、戦闘能力自体は等級に見合うほど高いとは言えず、格下の冒険者にも劣るとさえ自負している。
鎧を日常的に着込むため、がたいはしっかりしていても肌は色白。筋骨隆ではないが十分に鍛えられた肉体と体力を持つ。

剣術や弓術、投石紐といった飛び道具の扱いなど、ゴブリン退治に役立つ攻撃手段は一通り平均以上の技量でこなせる。ただし特筆できるほどに長けた腕前の技術は1つも無く、素早く正確な剣術や投擲術は訓練の末に獲得した技能であり、専門家に比べて技量自体が高い訳ではない。その為、戦う相手の技量が自身を上回っているのであれば死んだふり騙し討ちも辞さない。つまりは、才能の無い凡人が小鬼退治に必要な技能をひたすら鍛えた結果が現在の“彼”である。その一方で、トータルで見れば満遍なく鍛え上げた器用貧乏タイプとも解釈出来る。

ゴブリン退治の価値や武具を奪われた際の危惧、単純な効果対費用からして魔剣の類は全く使わず、所持もしないしそもそも眼中にない。およそ“冒険”には使わないような道具を雑嚢に敷き詰めており、意外にも便利なそれらを使い分ける事で窮地を打開する場合が多い。所作封じの催涙弾などは自前で調合し、作っている。

ゴブリンスレイヤー カラー


作中では対ゴブリンにおける戦い方を誰よりも熟知しており、その生態系を把握したうえで十全に装備を整え、戦略を練る。また、不意打ちや騙し討ちに限らず、罠の設置に毒や火の使用など手段を選ばず徹底的な殲滅をよしとしており、安価な剣やゴブリンの武器を数回使っては投擲するを繰り返すというような(冒険者としては)型破りの戦法を執る。
一方で、決してゴブリンを侮ることも油断することもなく(本人曰く「ゴブリンは馬鹿だが間抜けではない」)、如何なる場合をも想定して準備を怠らず、時にはゴブリン相手にもったいなさ過ぎる稀少アイテムを惜しげなく使ってしまうことさえある。また、時には高圧水流や粉塵爆発など、作中の文明からして(読者も)予想できないような手段も取る。
例:

  • 貴重な転移魔法の巻物を海中に繋げて水攻めに使う。または水圧を利用したウォーターカッターで相手を魔法ごと両断する
  • 女神官の障壁の魔法を二重に張り相手をプレスする
  • 矢避けの魔法で飛び道具が聞かない相手に、特殊な『剣』を投げて攻撃
  • 『言葉を持つ者』の攻撃を無効化する敵に対して、高所から突き落とす
  • 都で教わった『あいすくりん』の作り方を応用し、ゴブリンどもを巣ごと凍結させる
  • 味方の魔法で雪崩を起こしてゴブリンどもを殲滅。自らは水中呼吸用アイテムで窒息を防ぐ。

ゴブリン退治における彼の最大の武器とは、ゴブリンという種族に対する理解と徹底した容赦の無さ執着心、奴らを決して侮らない用心深さ。そしてゴブリンのもたらした災禍が見せる、反吐が出るほどの悲惨な現実と悪意。これを真っ向から直視する、他の“冒険者”とは別の意味でかけ離れた ある種の強靭な精神性である。

















10年前の夏。かつて辺境の町の付近で発生した小鬼禍(ゴブリンハザード)により壊滅した、とある村の生き残り。
家族であった実姉が目の前でゴブリンに凌辱され惨殺される光景を目の当たりにし、この一件からゴブリンに深い憎悪を抱き、ゴブリンという種族そのものを根絶やしにすることを誓い、災禍から5年もの間消息を絶つ。
そして辺境の街に忽然と姿を現して冒険者となり、そこから5年間ひたすらゴブリンを狩り続けている。
現在は、幼馴染である牛飼娘の叔父が営む郊外の牧場に納屋を間借りして定住している。牧場は勿論のこと、町周辺の見廻りや罠設置など、ゴブリンの襲撃を常に警戒し備えている。

姉は子供達に読み書きを教える先生、父は腕の良い猟師だった。
料理は出来なくもないが下手っぴ。幼い頃に姉がよく作ってくれたこともあり、好きな食事はシチューである。

実はまだ20歳。そのため、子供に『おっさん』と呼ばれた時は即座に否定した。
素顔は意外に美男子らしく、兜を脱いだ時は他の冒険者たちが大騒ぎするほど。
一部では正体はゴブリンであるとか実は女性であるとか憶測していた者達もいた模様。

ある一件で槍使いや重騎士といった冒険者達と距離を縮めて良き知人となったが、未だに新参冒険者などから白い目で見られている。


関連イラスト

ぱん
師匠が師匠なので


Goblin Slayer render experiment
Goblin Slayer Snapshot Frame 91


Time to Hunt
Goblin Slayer... again.




関連タグ

ゴブリンスレイヤー 
女神官 妖精弓手 鉱人道士 蜥蜴僧侶

ゴブリン

pixivに投稿された作品 pixivで「小鬼を殺す者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35626

コメント