ピクシブ百科事典

鉱人道士

どわーふ

鉱人道士とは、『ゴブリンスレイヤー』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

『ふふふ。こう見えてもわしゃあ、鉱人の中じゃ伊達男で通っておるでな。』
CV:中村悠一

概要

鉱人(ドワーフ)族の冒険者であり、また優れた精霊使い(シャーマン)でもある。階級は第三位『銀等級』。

妖精弓手蜥蜴僧侶と共にゴブリンスレイヤーと一党を組む事になる。
一党内では呪文遣い(スペルスリンガー)として高い火力と多様性の高さを誇り、後衛ながらに専ら投石紐を使っては時に手斧を振るう。

年齢は107歳で、流石に森人の妖精弓手よりは年下。鉱人族秘伝の火酒を携行しており、かなりの酒豪である。
妖精弓手に『樽』と例えられるほど太い体つきをしているが、本人曰く『鉱人の中では伊達男』。

ゴブリンスレイヤーの事は『かみきり丸』という字名で呼び、妖精弓手や蜥蜴僧侶の事もそれぞれ特徴を踏まえて『耳長娘』、『鱗の』と呼んでいる。

妖精弓手とは種族・性格の相性からしばしば言い合いや張り合いになるものの、時には認め合う良き喧嘩友達。そして彼女に『金床』というあだ名を付けた張本人
妖精弓手が臭い消しのためにゴブリンの血を付けられた時には、流石に哀れに感じてからかえなかった。
鉱人でも見ないほどに一本気で解りにくい性格をしているゴブリンスレイヤーの事は気に入っている。

武具の鑑定に関しては子供でも玄人裸足である鉱人なので、ゴブリンスレイヤーの装備を一目見て、ゴブリン退治に特化したものと見抜いた。
土や石、建造物に関する知見にも秀でており、ダンジョンの床の減り具合から敵のねぐらを予測したり、ゴブリンスレイヤーが下水道を不用意に壊そうと考えた時は胴間声で怒鳴ったりもした。

  • 酩酊(ドランク)

「《呑めや歌えや酒の精(スピリット)。歌って踊って眠りこけ、酒呑む夢を見せとくれ》」
口に含んだ酒を飛沫にして飛ばし、酒の精の力で相手を酔わせて眠らせる状態異常魔法。
女神官の沈黙(サイレンス)と組み合わされれば、眠りこけたゴブリンの殺戮が行われる無音の作業場が完成する。
ドランクという魔法名から、ニコニコ動画での配信でサカロス神拳というコメントやタグがついたのはいうまでもない

  • 石弾(ストーンブラスト)
「《仕事だ仕事だ土精(ノーム)ども。砂粒一粒転がり回せば石となる》」
ポケットに入れていた砂をノームの力で石の礫に転じ、相手に打ち出す攻撃魔法。粘土を使うと、巨大な岩に転じ、勿論威力も高い。

  • 隧道(トンネル)
壁や地面、天井に穴を掘り、トンネルを作る魔法。
水の街では、ゴブリンスレイヤーはこれで水路に穴を掘ろうと考えたが、当然そんな事したら下水の氾濫が起きるため、鉱人道士に怒鳴られた。

  • 風化(ウェザリング)
「《チックタック、巡れや巡れ、時の針(クロノス)よ。ねじ巻き振り子で動き出せ》」
混凝土(コンクリート)を瞬時に固めるのに使った魔法。

  • 霊壁(スピリット・ウォール)
「《土精や土精、風よけ水よけしっかり固めて守っておくれ》」
「《氷姫(アタリ)よ氷姫、これなる勇者に舞踏をひとつ、お目にかけてはくれまいか》」
鞄に入れていた土と子供の玩具のような石壁から、ノームの力を借りて大きく堅固な土壁を生成する防御魔法。
不可視の壁を生成する聖壁と違い、物理的な壁であるため解呪の魔法が効かないというメリットがあるが、《分解》の魔法は防げない。
また、雪から氷壁を生成することもできる。

  • 降下(フォーリング・コントロール)
「《土精や土精、バケツを回せ、ぐんぐん回せ、回して離せ》」
「《土精や土精、バケツを降ろせ、ゆっくり降ろせ、降ろして置いてけ》」
ノームの力を借り、対象を持ち上げたり下ろしたりする魔法。
高所から転落したり、落とし穴にはまった時のために使われるのが本来の用途だが、瓦礫が落下する勢いを強めるために使われた時もある。

  • 追風(テイルウィンド)
「《風の乙女(シルフ)や乙女(シルフ)、接吻をおくれ。わしらの船に幸ある為に》」
風を起こす魔法。鉱人道士は風魔法が得意ではないので、あまり強力ではない。
元々は魔術師が小遣い稼ぎに船頭を務める時などに用いる。……しかし、ゴブリンスレイヤーはあろうことか、干魚の激臭を煙幕にして、この魔法で起こした風に乗せて燻した
これには鉱人道士もつっこまざるおえなかった。

  • 恐怖(フィアー)
「《黒蝗の王(バズズ)よ、太陽の子よ、恐れと怖れを従えて、風に乗りて参られよ》」
角笛の音色を聞いた相手に、無数の蟲の群れに襲われる幻覚を見せて恐怖状態にさせる魔法。

  • 泥罠(スネア)
「《土精、水精(ウンディーネ)、素敵な褥をこさえてくんろ》」
地面に粘つく泥沼を生み出し、相手を足止めする魔法。

  • 拘束魔法
「《妖精(ピクシー)やい、妖精やい。お菓子はやらぬが悪戯たのまぁ》」
呪文の輪で相手を捕らえる魔法。空を飛ぶモンスターを地面に落とす事にも使用する。

  • 着火(ティンダー)
「《踊れや踊れ、火蜥蜴(サラマンダ)。尻っぽの炎をわけとくれ》」
火打ち石や石炭から鬼火を放ち、武器や道具などに熱を込める、もしくは火を点ける補助魔法。

  • 雨乞(コールレイン)
「《駆けろや雨馬(ケルピー)どんと行け、土から森川、海から空へ》」
小さな馬の人形を媒体に雨を降らせる魔法。屋内でも使えるが、流石に弱くなる。

  • 使役(コントロール・スピリット)
「《宴の時間ぞ水精、気ままに歌いて舞い踊れ》」
水蜜の如き薬液を川に流し入れて、指定範囲の川の流れを逆流させる魔法。

  • 水歩(ウォーターウォーク)
「《踊れ踊れ水精(ニンフ)に風精、陸と海の境(はざかい)で、転ばぬよう気をつけて》」
石鹸カスを水に巻き、水の上を歩けるようにする魔法。
エラ呼吸の水棲生物にかけたら、窒息死不可避の即死魔法と化す

余談

やる夫スレ版で当てられたAAはネテロ

ゴブリンスレイヤーへの字名『かみきり丸』の元ネタは、『ホビットの冒険』に登場するゴブリン殺しの剣・オルクリストの別名『かみつき丸』と思われる。
なお、『かみつき丸』はゴブリン達が付けたあだ名である。

関連タグ

ゴブリンスレイヤー ドワーフ
小鬼を殺す者 妖精弓手 蜥蜴僧侶 女神官(ゴブリンスレイヤー)

pixivに投稿された作品 pixivで「鉱人道士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39488

コメント