ピクシブ百科事典

ザントマン

ざんとまん

ザントマンとはドイツなどの民間伝承に登場する睡魔。
目次[非表示]

概要

ドイツなどのヨーロッパ諸国の民間伝承に登場する、睡魔の正体である妖精
名前の意味は砂男で、英語読みでのサンドマンという名前も良く知られている。

姿は見えないが、眠りを誘う魔法のが入った袋を背負った老人の姿が想像されている。
夜になると人々の目に眠りの砂をふりかけ、かけられた人は目を開けられなくなり、眠くて仕方なくなってしまう。

ドイツでは子供が寝ないと「ザントマンがやってくるぞ」と驚かす習慣があり、寝ないと目玉がくり抜かれる存在であると子供たちには恐れられていた。

創作での扱い

  • 砂男

E.T.A.ホフマンの怪奇小説。

  • 僕らのザントメンヒェン
東ドイツの国営放送で制作された人形アニメTVシリーズ。
かつて「なるほど!ザ・ワールド」で紹介された時点においては、ドイツ時間19時台の放送で、そもそもの起床就寝時間が早いドイツにおいては、子供が見られる一番遅い時間帯の番組であった(生活時間自体が大体世界中の標準より2時間くらい早い)。「もう寝なさい」という合図でもあり、番組エンドでメッセージも出される。
  • サンドマン

ザントマンファンアート


DCコミックスから出版された、ニール・ゲイマン原作のファンタジーコミック。

悪魔たち
デビチル


初出は『デビルサマナー』で種族は”夜魔”。三日月型の頭を持ち、渦巻き模様がある袋を担いだ男として描かれた。なおデザインを担当した金子一馬氏は自らの顔に似ているとネタにしていた。
デビルチルドレン』ではナイトキャップをかぶる可愛いデザインにアレンジされている。
ペルソナ4』では頭文字が「ザ」であるため、伊邪那岐大神(イナギノオオカミ)を生成するための2番目の合体素材としてフューチャーされた。

『妖怪《世界》入門』のカラー見開きのモブキャラとして、ドイツの妖怪「砂男」が描かれている。
『最新版ゲゲゲの鬼太郎』では砂かけ婆の親戚であると名乗り、来日した際に鬼太郎に倒された仲間の西洋妖怪の復讐にやってきたが対話で和解した。しかし、実はぬらりひょんの刺客であり、鬼太郎がタバコを持っている不良妖怪だとして評判を落とし、「局地的大アリ地獄発生」で襲い掛かった。

RotG Vs PPG


※左ROTG版、右パワーパフガールズ版 
主人公JackFrostと同じガーディアンズの一員の、金色の砂粒を操る夢の運び手サンディ・ダンディ・マン、通称「サンディ」として登場。

#17「夢みたい!」に老人姿の眠りの精サンドマンとして登場。世界中を眠らせて、自分もゆっくり寝ようとしていた。
大型ガイストである巨人型の「ルナティック・ザントマン」が登場した。
「砂男式さいみん機」というひみつ道具が登場する。
ザントマン(砂男)をモチーフに考案された(砂時計→時計)アクマ族トケイマンが学校の時計に時限爆弾を仕掛ける作戦を行った。

関連タグ

妖精 夢魔 ドイツ
砂男 サンドマン

pixivに投稿された作品 pixivで「ザントマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 718

コメント