ピクシブ百科事典

ぬらりひょん

ぬらりひょん

ぬらりひょんとは、日本の妖怪、もののけである。
目次[非表示]

概要

ぬうりひょん、滑瓢ともいう。発祥は岡山県や秋田県の伝承という説もある(相模女子大学の文学研究者・志村有弘の著作『日本ミステリアス 妖怪・怪奇・妖人事典』(p.73-p.75)より)、。

発祥

岡山県

備讃瀬戸(備讃灘)で多く出没する海坊主人間の頭ほどの大きさの丸い間に浮遊しているので、引き上げようとすると「ぬらり」と手をすり抜け「ひょん」と浮いてくるといったことを繰り返すので、この名が付けられた(クラゲタコなどを妖怪視したともされる)。

秋田県

旅行家・博物学者の管江真澄の著作『管江真澄遊覧記』に掲載されている。
「男は女に逢ひ女は男に行き会ふ事あり、******又ぬらりひょん、おとろし野槌なんど百鬼夜行することありと、化物坂といふ人あり」
京極夏彦と多田克己が「ぬらりひょん」の名を分析し解説した記述によれば、「ぬらり」とは滑らかな様子・状態を表し、「ひょん(な)」は日葡辞書(ポルトガル語の日本語解説辞典)にも記載があり、思いがけない、奇妙だという意味である。

総合してぬらりひょんとは、「要領を得ない掴み所のない妖怪」である。頭の大きな隠居した老人姿で、口元に笑みを浮かべて全体的にきつい印象はないとされている。人々が忙しなくしているところにやって来ては勝手に家に上がりお茶などを飲む。姿は僧のようでもあり、商人のように振る舞う。人々が忙しなくしているものだから、人々はその正体を確かめようとはしない。本来何を目的として人前に現れるのかは、依然として不明である。

文献におけるぬらりひょん

妖怪画の『百鬼図巻』に残されている。同じく『画図百鬼夜行』に辻駕籠から降りて家屋に入ろうとするところも描かれている。乗り物から降りることを「ぬらりん」と言ったことから、名と動作をかけ合わせた図であると共に、「遊里通いの放蕩者」として描かれているという説もある。
『好色敗毒散』では、「その形ぬらりひょんとして、たとえばもないようなもの、******あれこそなれ」とあり、のっぺらぼうのような物の怪として当時の人々に理解されていたと推測されている。
座敷童のような神格や精霊にされた由縁は、作家の佐藤有文や山田野理夫の自著だった。また、民俗学者の藤沢衛彦が「根拠は定かではない」にも関わらず、怪物の親玉と自著で説明した(『地獄先生ぬ~べ~』では佐藤・山田・藤沢の説をイメージし、客人神として描かれている)。これらは村上健司、多田により、故なき創作であるとも指摘され、伝承は本来の意味から時に遠く離れ、人為的に捻じ曲げられつつあるとされる。
それらを概ね踏まえていた水木しげるは、『妖怪事典』等にて妖怪の総大将だが特に悪い妖怪ではないと記述した。そして以下の様に、『ゲゲゲの鬼太郎』で妖怪の纏め役としても登場させた。

ゲゲゲの鬼太郎』のぬらりひょん

ぬらりひょんの陰謀


原作とアニメの間に若干の設定の相違は存在するものの、多くの作品で「妖怪による人間支配」を目論む同作最大の敵として登場。卑怯で狡猾な手口で悪事を働き、鬼太郎と対立する。
アニメ版は、青野武氏が第3期と第5期の2シリーズで長期に担当したため、妖怪総大将としてのイメージでは青野氏の声が一番定着している感もある。
腰巾着として朱の盆を引き連れている事も多い。どこか間抜けなコメディータッチな面もある。
基本的に他者を利用するのが得意な悪参謀タイプ。強い妖怪を雇ったり騙したりして、あの手この手で鬼太郎達を倒そうと画策。
多彩な妖力の他、爆弾や仕込杖などの扱いにも長じる。

『最新版ゲゲゲの鬼太郎』では、夜行さんよりも下の立場だったが、鬼太郎には原作およびアニメ第1期、3期の単独エピソード中の「先祖流し」によって二億年前に飛ばされ、そこから生き続けたこともあり、閻魔大王様とも張り合うほどのとんでもない力を身に付けた(参照)。巨大化や念力爆弾、たんたん坊ばりのタン攻撃、テレビからの出現アパラチャノモゲータトスイガータルポなどの能力も得た。アニメ第3期では「妖怪皇帝」(第4期では「妖怪王」に改称)を名乗り、異次元妖怪を率いて東京を混乱に陥れた。鬼太郎が左目を開けた回では、鬼太郎を「ぶりっこ妖怪」と呼び、幽霊族の悲運を伝え、鬼太郎に人間と戦うために共闘しようと持ちかけたこともある(参照)。

京極夏彦が脚本、キャラクターデザインを行ったアニメ第4期の第101話「言霊使いの罠」では、500年前に先祖と契約を交わしていたことから陰陽道いかるが流陰陽師である一刻堂に鬼太郎の抹殺を依頼した。妖怪を言霊で伝承の元になった事象に戻してしまう一刻堂には、最後にが正体であると言われてしまった。
※これより前のエピソード・妖怪王編で死亡する予定だったが、この回があったために生き延びることになったという。

その他の創作作品におけるぬらりひょん

妖怪ウォッチ

ぬらりひょん


当初はドケチングがその風貌から、ぬらりひょんが変化したものではないかと考える人もいたが、映画妖怪ウォッチの「エンマ大王と5つの物語だニャン!」および、「妖怪ウォッチバスターズ月兎組」から初めて登場する。詳細は→ぬらりひょん(妖怪ウォッチ)

ぬらりひょんの孫

総大将


主人公・奴良リクオの祖父で、関東妖怪総元締「奴良組」の初代組長。 いつの間にか家に上がりこむという性質は、他者の視覚認識に干渉する特殊能力としてアレンジされている。
詳細はぬらりひょん(ぬら孫)で説明。pixivでは総大将タグが使われることが多い。また、大半が若いころの美男子姿で描かれている。

GANTZ

なんぞこれ


大阪編のボスキャラクターとして登場。1体で100点という高得点が設定されており、それに見合う恐るべき戦闘能力を誇っている。
意識の外からの攻撃(つまり不意打ち)でないと決定打を与えられないという特性を持ち、何度倒しても(倒したように見えても)すぐに再生してパワーアップしてしまう。登場直後は一般的なぬらりひょんのイメージに沿う老人姿だったが、戦いの中で再生や変身を繰り返すうちに禍々しい怪物姿へと変貌していく。
目から放つ怪光線、触れることなく人体を破壊する念力、自分の体を自由自在に変形・増殖させる変身能力、GANTZハードスーツと互角に殴り合うパワーなどで大阪及び東京のGANTZチームを苦しめた。

忍者戦隊カクレンジャー

第1話「忍者でござる」に登場。400年前に妖怪忍者の頭領ヌラリヒョンとして暗躍していたが、先代カクレンジャーに封印されていた。頭部は遠目には妖怪画にあるような形に見えるが、大きな怪物の顔になっている。なお妖怪軍団の支配者として妖怪大魔王が登場したため、回想シーンにしか登場せずに本編のカクレンジャーとは交戦していない。

関連タグ

妖怪 海坊主 タコ クラゲ 伝承
民俗学

効率の良い検索を行うため、版権作品に登場するぬらりひょんには作品名タグの併用を推奨したい。
ゲゲゲの鬼太郎
ぬらりひょんの孫ぬらりひょん(ぬら孫)
GANTZ
妖怪のお医者さん
爆笑妖怪ぬらりにょん

pixivに投稿された作品 pixivで「ぬらりひょん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1414854

コメント