2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして→ノヅチ

概要

のようだが、直径15センチ、体長1メートルくらいで、太さの割りに短い。頭のてっぺんに口がある以外はもなく、ちょうど柄のないのような形をしている。深山に棲み子ウサギやリスを食べる。時にはを喰うとされた。

奈良時代の歴史書『古事記』や『日本書紀』では女神カヤノヒメの別名とされ、山野のとされた。記紀神話にはカヤノヒメを蛇とする記述は見られないものの、夫のオオヤマツミを体とする説がある。

後に仏教が普及すると、カヤノヒメが霧の神、暗闇の神、惑わしの神を産んだとされることから、野槌は妖怪変化を産む神とみなされ、野槌自体も次第に妖怪視された。また仏教説話中にも取り入れられており、鎌倉時代の仏教説話集『沙石集』には、徳のない僧侶は深山に住む槌型の蛇に生まれ変わり、生前に口だけが達者で智慧の眼も信の手も戒めの足もなかったため、野槌は口だけがあって目や手足のない姿だとある。
野槌 - Wikipediaより

ツチノコは、「のづちの子」が名前の由来であるともされる。

創作での扱い

ゲゲゲの鬼太郎』シリーズ

野槌とぬりかべ


シリーズ毎にかなり立場や見た目(大きさやカラーリングなど)が異なるが、小さくても数十mもある。
「のづち塚」に冬眠している、なんでも吸い込んで食べてしまう妖怪として描かれ、原作ではひでり神を退治する際に呼び出される。妖怪同士なら会話することができ、話の通じる相手である(アニメ1期では鳴き声がゴジラと同じ)。
「新編ゲゲゲの鬼太郎」では都会の毒の煙で暴走した「煙羅煙羅」を、ねずみ男に美味しい煙だと騙され吸引して、体調不良になりながらも毒と分離して元に戻した。

3期では、原作通りひでり神を退治した後も大暴れし、鬼太郎によってウロボロスよろしく自分の尻尾を噛み付いてしまい、降参してのづき塚に帰っていった。
事件後にひでり神と腐れ縁的な友人となったようで、チーに反物にされた際は最大の反物になった。また夜行さんの妖怪戦車の主武装にも使われ、家鳴りの人喰い家を吸引して破壊するという活躍をしている。

4期では27話に登場し、古代の神に封印され、「のづち塚」は若い時の砂かけ婆が恋文を棄てたりしていた。村上祐子の友人である谷本淳がのづち塚を見つけたところ、借金取りから隠れるためにのづち塚に落ちそうになったねずみ男を助けるためにしめ縄を命綱として使い、それをねずみ男にのづち塚の中へと捨てられた。
いくら捨てても埋まりそうもない穴を見たねずみ男によって、ゴミ処理場として使われた(淳は0点の答案をのづち塚に捨てていたため、共犯扱いされて黙っていた)が、封印のしめ縄を外されてゴミをある程度吸引したことで覚醒し、トラックや街、そして止めようとした鬼太郎を含めた人々(走るトラックが野槌に吸い込まれたので、運転手も食べられたことが示唆されている)を次々と吸い込んでいった。
大きさも数百m以上もあり、腸は「ねじれ」により四次元だった。友人の鈴木翔太が披露したメビウスの輪から野槌の胃が四次元空間になっていると淳は推理し、それを聞いた砂かけ婆がのづち塚に捨てた恋文を回収するために自分から野槌に吸い込まれた。
砂かけ婆のアドバイスを聞いた鬼太郎の「妖怪竜巻」によりねじれが治り、今まで吸い込んできたものをすべて吐き出した。その後、3期と同様に自分の尻尾に食らいついてしまい、のづち塚に落とされて再度封印された(何故か何事もなかったかのように祠も元通りになっている)。本作では、ひでり神とは関わっていない。

女神転生』シリーズ

初出は『真・女神転生Ⅱ』で”龍王”ノヅチとして登場、ミズチの色違いのエネルギーで出来た蛇のような姿。『ソウルハッカーズ』では「土転び」のような毛むくじゃらの姿、『真・女神転生Ⅲ』では象のような鼻を持つ姿で登場した。

ノヅチ


なお、PCで発売された『偽典・女神転生』では、ワームと同じ姿のカヤノヒメが登場している。

pixivではⅢ以降の姿は「ノヅチ」タグで投稿されている。

グランブルーファンタジー

2022年11月9日に開催となった「決戦!星の古戦場」におけるレイドボスとして登場。表記はノヅチ扱い。

ただし、こちらのノヅチはツチノコが古戦場で変化した姿という経緯を持つ。

関連タグ

妖怪 精霊
ヤカンヅル…ゲゲゲの鬼太郎では、何でも吸い込む妖怪として描かれたもの繋がり

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55481

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました