ピクシブ百科事典

野槌

のづち

日本に伝わる妖怪。その名は「野の精霊(野つ霊)」の意。
目次[非表示]

野槌 - Wikipediaより

概要

のようだが、直径15センチ、体長1メートルくらいで、太さの割りに短い。頭のてっぺんに口がある以外はもなく、ちょうど柄のないのような形をしている。深山に棲み子ウサギやリスを食べる。時にはを喰うとされた。

奈良時代の歴史書『古事記』や『日本書紀』では女神カヤノヒメの別名とされ、山野のとされた。記紀神話にはカヤノヒメを蛇とする記述は見られないものの、夫のオオヤマツミを体とする説がある。

後に仏教が普及すると、カヤノヒメが霧の神、暗闇の神、惑わしの神を産んだとされることから、野槌は妖怪変化を産む神とみなされ、野槌自体も次第に妖怪視された。また仏教説話中にも取り入れられており、鎌倉時代の仏教説話集『沙石集』には、徳のない僧侶は深山に住む槌型の蛇に生まれ変わり、生前に口だけが達者で智慧の眼も信の手も戒めの足もなかったため、野槌は口だけがあって目や手足のない姿だとある。

創作での扱い

ゲゲゲの鬼太郎』シリーズ

野槌とぬりかべ


シリーズ毎にかなり立場や見た目(大きさやカラーリングなど)が異なるが、小さくても数十mもある。
「新編ゲゲゲの鬼太郎」では都会の毒の煙で暴走した「煙羅煙羅」を、ねずみ男に美味しい煙だと騙され吸引して、体調不良になりながらも毒と分離して元に戻した。
3期ではひでり神と腐れ縁的な友人であり、チーに反物にされた際は最大の反物になった。また夜行さんの妖怪戦車の主武装にも使われ、家鳴りの人喰い家を吸引して破壊するという活躍をしている。
4期では古代の神に封印され、「のづち塚」は若い時の砂かけ婆が恋文を棄てたりしていた。大きさも数百m以上もあり、腸は「ねじれ」により四次元だったが、鬼太郎の「妖怪竜巻」によりねじれが治り再度封印された。

女神転生』シリーズ

初出は『真・女神転生Ⅱ』で”龍王”ノヅチとして登場、ミズチの色違いのエネルギーで出来た蛇のような姿。『ソウルハッカーズ』では「土転び」のような毛むくじゃらの姿、『真・女神転生Ⅲ』では象のような鼻を持つ姿で登場した。

ノヅチ


なお、PCで発売された『偽典・女神転生』では、ワームと同じ姿のカヤノヒメが登場している。

pixivではⅢ以降の姿は「ノヅチ」タグで投稿されている。

関連タグ

妖怪 精霊

pixivに投稿された作品 pixivで「野槌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30480

コメント