ピクシブ百科事典

カヤノヒメ

かやのひめ

カヤノヒメ(カヤヌヒメとも)は、日本神話に登場する草の神である。

『古事記』では鹿屋野比売神、『日本書紀』では草祖草野姫(くさのおやかやのひめ。草祖は草の祖神の意味)と表記し、『古事記』では別名が野椎神(のづちのかみ)であると記している。
神産みにおいて伊弉諾尊 (いざなぎ)・伊弉冉尊(いざなみ)の間に生まれた。 『古事記』においては、山の神である大山祇神との間に、4対8柱の神を生んだ。神名の「カヤ」は萱のことである。
萱は屋根を葺くのに使われるなど、人間にとって身近な草であり、家の屋根の葺く草の霊として草の神の名前となった。
別名の「ノヅチ(野槌)」は「野の精霊(野つ霊)」の意味である。

pixivに投稿された作品 pixivで「カヤノヒメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9634

コメント