ピクシブ百科事典

ひでり神

ひでりがみ

ひでり神は『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する妖怪。
目次[非表示]

概要

猿に似た姿をした単眼の妖怪。
口から熱線を吐き、障子のついた黒雲(妖怪ホバークラフトと呼ばれている)に乗って空を飛ぶ。
ねずみ男の発案により妖怪の漫画家として雑誌に売り込み、原稿を受け取りに来た漫画雑誌の編集者を誘拐し身代金を要求。
事件を知って退治しに来た鬼太郎との戦いでは火山の噴火口に落とされるが、逆に火山の熱を吸収し炎でできた巨人のような姿に変貌。
鬼太郎を追い詰めるも苦肉の策で封印を解かれた野槌に吸い込まれ、鬼太郎がなんとか野槌を鎮めた事で脱出するが、エネルギーを吸われ干からびてしまった。

アニメ版

第1作

CV:内海賢二
おおむね原作通り。
気象条件が揃った事で出現した事が語られる。

第3作

CV:はせさん治
頭と一体化したような丸い体(端的に言えば単眼のヒヒダルマ)で、絵を描く事が趣味。
住処の洞窟の壁画に目を付けたねずみ男が漫画家として雑誌に売り込んで一儲け企むが、とても雑誌に掲載できるクオリティでなく編集者にダメ出しされてしまい、計画を誘拐にシフトした。
懲らしめられた後は改心して鬼太郎の仲間になり、鬼太郎のピンチに何度か助っ人に駆けつけた。
劇場版の「最強妖怪軍団!日本上陸!!」での中国妖怪との対決では、一反木綿指揮の元姑獲鳥毛羽毛現とともに上空から攻めるが、画皮に黒雲を吹き飛ばされてしまい、残った障子戸を両手に持ち、上下に動かして何とか落ちずに留まる姿を見せたが、呆気なく丸薬で反物にされてしまった。
野槌とは腐れ縁的な友人で、同作では討ち入り前に軽口を叩きあったり、反物にされながら後を託したりしている。

第4作

CV:立木文彦
北陸のとある村の土地神。割と人に近い体型をしている。
それまで手作業で作られてきた奉納の酒が、機械化に伴い味がかわってしまった事に腹を立て、村を日照りにするが、引き続き手作りの酒を奉納することを条件に和解する。

第5作

CV:小野坂昌也
妖怪界の小説家で、他のシリーズと違い着物を着ている。
暴れた理由も自主的なものではなく、書いた小説をねずみ男の紹介で訪れた雑誌の編集者に差し出していたところを魔女ザンビアに妖怪操縦機で操られる。事態収束後は売込みが破談したために鬼太郎とねずみ男に書いた作品を見せるが、原稿を1枚見ただけで2人揃ってかなり怖がっていた

モチーフ

中国の『山海経』に記された黄帝の娘である女神妭(ばつ)」。
黄帝と蚩尤の戦いにおいて蚩尤に味方する雨師(雨の神)と風伯(風の神)の起こした風雨を熱の力で追い払い黄帝に勝利をもたらすが、力を使いすぎて天界に帰れなくなり北方の係昆山へ幽閉される。時折地上に現れ日照りを起こすようになったため、鬼の字を当てた「」と呼ばれるようになる。
時代が下ると怪物としての要素が強くなり、『本草綱目』や『神異経』では風のように速く走り日照りをもたらす魔物として描かれる。
三才図会』では「神魃」という名前の獣で手足は一本ずつ。剛山という山に住み、留まるとその場所に雨が降らなくなると記述された。(山海経に似た姿の怪物の記述があるため混同されたものと思われる)
日本では『和漢三才図会』で「魃(ひでりがみ)」の名で紹介され、『今昔画図続百鬼』では鳥山石燕により上記の設定を統合したものが描かれた。

関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪

pixivに投稿された作品 pixivで「ひでり神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 420

コメント