ピクシブ百科事典

姑獲鳥

うぶめまたはこかくちょう

死んだ妊婦が化けたものとされる妖怪。 また当該の妖怪を基にして創作された、フィクション中における同名の登場人物のこと。
目次[非表示]

概要

六朝時代(3~6世紀)に成立した博物誌『玄中記』によると、姑獲鳥は妊婦が死した後変じたもので、その恨みから人間の子供を攫っては自分の子として育てる。また、干してある子供の衣服を汚して病気にしてしまう。
夜間に空を飛び、子供の声のような鳴き声を持つ怪鳥である。
羽毛を脱ぐと人間女性の姿になるとされ、この特徴には羽衣伝説との関連が伺える。

羽衣伝説にはゲルマン系の「白鳥処女伝説」とインド系の「天人伝説」があるが、姑獲鳥にはその成り立ちにこの両者の影響が見られる。
『玄中記』では、姑獲鳥に繋がる伝承として以下のような記述がある。

  • ある男が数人の娘が田で休んでいるのを見て、その正体を鳥と知らず、1羽の羽毛を奪って妻とした。3人の娘も得たが、妻は娘たちに羽毛のありかを父から聞きだすよう命じ、首尾よく探し出すといずこかへと飛び去った。その後娘たちも、母鳥が持ってきた羽毛を身につけて去ってしまったという。この妖怪は鬼車(きしゃ)と呼ばれている。
また、中国戦国時代の楚地方に伝わる詩を集めた書物『楚辞(そじ)』の一つには、人の子供を攫ってわが子とする「女岐(じょき)」という九頭鳥ともされる天人の話がある。中国の姑獲鳥は、こうしたいくつかの伝承が入り混じって生まれた妖怪だと考えられている。

日本の姑獲鳥は、この中国の伝承が仏教僧などによって持ち込まれたもので、やがて産女と結びついて変化していった。
茨城県に伝わる妖怪「ウバメトリ」がその例で、姿・鳴き声ともにカモメに似た鳥で、地上に降りて赤子を連れた女性に化け、人に遭うと「子供を負ってくれ」と頼み、逃げる者は祟りによって悪寒と高熱に侵され、死に至ることもあるという。


関連タグ

妖怪 産女 ウブメ うぶめ 子育て幽霊 人面鳥 
姑獲鳥の夏(京極堂シリーズ) 
怪異 不死鳥


フィクションでの扱い

ウルトラマンダイナの姑獲鳥(コカクチョウ)

凶獣  姑獲鳥


第19話「夢幻の鳥」に登場。詳しくはこちらを参照。

ゲゲゲの鬼太郎の姑獲鳥

妖怪……姑獲鳥
姑獲鳥
姑獲鳥
ママ友


(CV1期:高橋和枝 3期:杉山佳寿子 4期:三田ゆう子 5期:山崎和佳奈 6期:勝生真沙子
上記の概要のとおりの妖怪だが、石に封印されており羽根を被せることで復活する。
子供を赤ちゃんに変えたり、おねしょをした子供を自分の子として連れ去ってしまうという事件を起こした。水木しげるによる独自の解釈で耳のある怪鳥として描かれたが、この姿はバリ島のカエルを食べる神話的な鳥の彫刻がモチーフとなっている。

1期鬼太郎』では第46話「うぶめ」で、ねずみ男が自家用飛行機にしようと姑獲鳥石から神社から盗んだ羽根で蘇らせたが、言うことを聞くはずはなく次々と赤ん坊を攫った。
ヘッドライトのような目からの光や溶岩のような糞が武器で、鬼太郎も飲み込んで捕えてしまうが鬼太郎に呼ばれたつるべ火に羽毛を燃やされ退治された。

3期鬼太郎』では第24話「子供が消える!?妖怪うぶめ」で、ねずみ男が石のあった山の地主の村山一家に捕えられて、目の前で復活させることになり逃がしてしまう。
うぶめは町の産婦人科を襲撃し赤ん坊を飲み込み、子供たちのふとんにおねしょをさせる足跡の妖術をかけ、おねしょしたものも連れ去ってしまう。
おねしょをしてしまったねずみ男と村山の息子秀夫に赤ん坊の世話をさせていたが、勇気を出した秀夫の体当たりでひるんだところに鬼太郎に毛針で羽根を縫い付けられ、赤ん坊を抱いた母親の幽霊の幻影とともに封印された。

4期鬼太郎』では第81話「子育て妖怪!うぶめ」に登場し今作では腕もある姿。ねずみ男が開設した24時間体制で人気の保育所で最初は子供の世話をしていたが、やはり子供たちを自分のものにしたくなり巣に連れ去ってしまうがつるべ火の協力で姑獲鳥石に封印された。

5期鬼太郎』では第65話「呪いの鳥!うぶめが舞う」で、一儲けを企むねずみ男によって千年石で出来た姑獲鳥の像に羽根を乗せられ復活。
家に足跡を残すことで発動する赤子返りの術で、子供を幼児化させ連れ去ってしまう。
一度は鬼太郎も幼児化するが猫娘ビンタ一喝で元に戻り、姑獲鳥体内の羽根を燃やし倒した。

6期鬼太郎』では第47話「赤子さらいの姑獲鳥」とメインタイトルでも大々的に取り上げられ、赤ん坊の失踪事件を引き起こす。鬼太郎たちは子泣き爺を囮にして巣を見つけだすが、この様子をドローンで撮影しネット配信した者がおり、いままで本作の世界では曖昧だった妖怪の存在が白日の下に晒されてしまう。
姑獲鳥自体は悪辣な妖怪というわけではなくすぐに懲らしめられて事件はおさまったが、自分の不注意で赤ん坊を重体にしてしまった親が姑獲鳥のせいにしたニュースが報道されたことから妖怪バッシングが始まってしまい

女神転生の姑獲鳥(コカクチョウ)

センシティブな作品
女神転生 コカクチョウ
センシティブな作品


初出は『真・女神転生』で種族は”妖鳥”。この頃は人面鳥姿の”凶鳥”フリアイの色違いだった。また『ラストバイブル2』では天使であるラファエルと同じ姿。
独自の姿は『ソウルハッカーズ』からで、鳥に変化途中の美尻姿である。

大神の姑獲鳥

姑獲鳥


『大神』に登場する唐傘を持つ鳥妖怪。対処法は「疾風」を使い防御時の唐傘を吹き飛ばすことである。

陰陽師(ゲーム)の姑獲鳥

姑獲鳥
飒伞剑
鹤
慈鸟稚子


中華人民共和国ソーシャルゲーム『陰陽師(阴阳师)』に登場するSRの式神。赤ん坊が大好きな妖怪。刀の代わりに傘を使って敵を突き刺す。
姑获鸟
※現在pixivのこのタグの投稿では最も多い。

仮面ライダー響鬼の姑獲鳥

ウブメ(魔化魍)

彼岸島の姑獲鳥

五男の姑獲鳥様


彼岸島の作中には廃墟と化した東京の街を、強者を求めて一人彷徨う『姑獲鳥様』と呼ばれる特殊な吸血鬼の個体が登場する。
姑獲鳥(彼岸島)

幽霊画廊の姑獲鳥

センシティブな作品


相蘇敬介氏が作成した造形物。
海外で人食い怪物「MOMO」の設定が付けられ都市伝説化(Creepypasta)した。

地獄先生ぬ〜べ〜

「#53子育て幽霊の巻」に登場する「子育て幽霊」は、施設の子供をわざわざ誘拐して子育てをするという、「産女」と「姑獲鳥」を合わせたような性質を持っている。

鬼滅の刃の姑獲鳥

小説「風の道しるべ」に登場。不死川実弥粂野匡近が討伐した、当時の下弦の壱。
詳しくは姑獲鳥(鬼滅の刃)にて。

関連記事

親記事

怪鳥 かいちょうもしくはけちょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「姑獲鳥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1398909

コメント