ピクシブ百科事典

陰摩羅鬼

おんもらき

日本、及び中国の伝承に登場する鳥の妖怪。
目次[非表示]

概要

陰摩羅鬼


積屍気(せきしき)、つまり人間の死体から立ち込める「」が凝り固まって妖怪となったもの。
に似た姿をしており、羽毛の色は黒く、目は赤い。
仏殿に不用意に凡人が近寄るとけたたましく鳴き叫んで驚かすと言われている。

似たような出自・姿の妖怪に「羅刹鳥」(らせつちょう)と言うものもあるが、此方は陰摩羅鬼よりも遥かに獰猛で、特定の人間に化けてこっそり社会に紛れ込み、虚を突いて人間の目玉を抉って食べてしまうと言われている。但し羅刹鳥の伝承は陰摩羅鬼よりも遥かにマイナーな為か、日本の妖怪系創作ではあまり名前を見かけない。

フィクションでの扱い

ゲゲゲの鬼太郎の陰摩羅鬼

陰摩羅鬼。


御大による作風は妖怪かるたの絵柄を元にしており、三つ目鳥山石燕の描いた姿よりもモンスターチックになっている。
またアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の4期5期の陰摩羅鬼の話はファンからの評価が高い。

女神転生の陰摩羅鬼

単独捜査


女神転生シリーズでは悪魔絵師金子一馬による、タマネギ頭に糸目丸鶏という姿の”凶鳥”オンモラキがソウルハッカーズから登場した。

侍戦隊シンケンジャーの陰摩羅鬼

ヨモツガリさん


陰摩羅鬼の伝承の元になったという設定の、片腕が嘴となった女性型アヤカシ「ヨモツガリ」が登場した。

妖怪ウォッチの陰摩羅鬼

おんもらき(妖怪ウォッチ)

関連タグ

妖怪 陰摩羅鬼の瑕

pixivに投稿された作品 pixivで「陰摩羅鬼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28295

コメント