ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

陰摩羅鬼


積屍気(せきしき)、つまり人間の死体から立ち込める「」が凝り固まって妖怪となったもの。
に似た姿をしており、羽毛の色は黒く、目は赤い。人面鳥のごとく、人間のような顔立ちをしている。蒼い焔を口から吐く場合もある。

仏殿に不用意に人が近寄るとけたたましく鳴き叫んで驚かすと言われている。この点ではおとろしに似ているのかもしれない。また、戦場などで死者が出ると出現して騒ぐとも言う。

似たような出自・姿の妖怪に「羅刹鳥」(らせつちょう)と言うものもあるが、此方は陰摩羅鬼よりも遥かに獰猛で、特定の人間に化けてこっそり社会に紛れ込み、虚を突いて人間の目玉を抉って食べてしまうと言われている。但し、羅刹鳥の伝承は陰摩羅鬼よりも遥かにマイナーな為か、日本の妖怪系創作ではあまり名前を見かけない。


フィクションでの扱い

ゲゲゲの鬼太郎の陰摩羅鬼

陰摩羅鬼。


水木しげるの陰摩羅鬼は、妖怪かるたの絵柄を元にした、コウモリと頭の禿げた三つ目の中年男が混ざったようなデザインで、鳥山石燕の描いた姿よりもモンスターチックになっている。

原作での陰摩羅鬼

政治家が棲み処を壊して別荘を建ててしまったことを恨んでいた。やがて政治家が亡くなり、まだ学生の息子が跡を継いだのを見て、取り殺して成り代わってやろうと考え隙をうかがっていた。跡継ぎ息子に相談を受けた鬼太郎たちが調査に乗り出し、一旦は追い詰めたものの逃げられてしまう。
陰摩羅鬼は跡継ぎ息子の婚約者、啓子が急死したことを幸いに今度は彼女の死体に憑りつき、跡継ぎ息子を手にかけようとした。しかし鬼太郎が扮する「情熱の天才画家」の秘術「魂かなしばりの術」にかけられ、魂を火刑にされる。肉体のみとなった陰摩羅鬼は、それでもしぶとくねずみ男の魂を奪おうとしたが失敗し、結局は行き場を失って消滅した。

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」での陰摩羅鬼

1、3、4、5期に登場。
特に4期第24話「怪談!妖怪陰摩羅鬼>小池小百合」と5期第50話「呪いの花嫁!陰摩羅鬼」はファンからの評価が高い。

4期第24話は「怪談」と銘打たれた通り、幸せなはずの日々の裏に隠された恐怖を描くとともに、悲しい運命を背負ったヒロインとねずみ男役の切ない恋が語られ、千葉繁の熱演が視聴者の胸を打つ。
5期第50話は切ないストーリーは勿論の事、途中で目と口を開いた死体が力なくブラブラと動くというニチアサの放送とは思えない5期屈指のホラー演出で、テレビの前のちびっ子を震え上がらせた。


女神転生の陰摩羅鬼

単独捜査


オンモラキ

地獄先生ぬ~べ~の陰摩羅鬼

#140「なまぐさ坊主と陰摩羅鬼の巻」に登場。童守寺の和尚が葬式でいい加減な経文を読んだために、成仏できない亡者が鳥の嘴を持った妖怪に化けたもの。ぬ~べ~は被害者であると攻撃はしなかったが襲われてしまい、最後はそれを見た和尚の心を込めた経文で成仏した。
ドラマ版4話では、ぬ~べ~に叱られた葉月いずな(演:山本美月)が、怠け坊主である童守寺の和尚(演:マキタスポーツ)にそそのかされて召喚したが、思いのほか強く手に負えなくなってしまう。

侍戦隊シンケンジャーの陰摩羅鬼

ヨモツガリさん


陰摩羅鬼の伝承の元になったという設定の、片腕が嘴となった女性型アヤカシ「ヨモツガリ」が登場した。嘴から吐かれる炎は志葉家の当主を焼き尽くす力を持つ。

妖怪ウォッチの陰摩羅鬼

おんもらき(妖怪ウォッチ)


関連タグ

中国妖怪
妖怪 陰摩羅鬼の瑕 古典妖怪
以津真天
ガイガン…モデル説もあった。

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「陰摩羅鬼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45789

コメント