ピクシブ百科事典

小池小百合

こいけさゆり

小池小百合とは、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(第四期)の登場人物である。
目次[非表示]

4期第24話「怪談妖怪陰摩羅鬼」に登場する少女。とある荒れ住職をしていた人物の娘。


概要

寺の門前で空腹から行き倒れていたねずみ男を介抱し、食事を取らせたことで彼と心を通わせる。ねずみ男の心根の優しさを感じ取り、自分と結婚して住職となり、寺に留まるよう願い出た。

大照れしながら申し出を受け、真面目に住職を務めるようになったねずみ男は、大喜びで鬼太郎たちに”けつこん”を報告。ところがその後、村人との会話や小百合の様子から怪異を感じるようになる。
まさかと思いながら小池家の墓を確かめると、そこには「小池小百合 享年十九才」の文字が……。

やってきた鬼太郎にねずみ男は助けを求め、目玉おやじの発案で「108の質問」の秘術が行われ、小百合に憑りついていた、死者を操る妖怪、陰摩羅鬼が姿を現した。
寺を荒れたままにして、魂の供養を怠った村人に腹を立てて目を覚ました陰摩羅鬼は、寺を再興したいと願う小百合に手を貸す代わりに、小百合の体を利用して彼らから夜な夜な生気を奪っていたのだ。

陰摩羅鬼は鬼太郎たちの活躍で封印され、小百合のたっての願いでそのまま土に還されることとなった。しかしそれは同時に、小百合がこの世にいられなくなることを意味していた。

小百合の正体を知っても、「俺だって半分妖怪なんだから」とねずみ男の気持ちは変わらなかったが、死者の定めを変えることはできなかった。
「ねずみ男さんは優しい人ですから、きっと良いお嫁さんが見つかります」と言葉を残し、黄泉の世界へ去っていく小百合。
「俺は小百合ちゃんじゃなきゃだめなんだよぉ!」「嫌だよおぉぉぉ!なんでなんだよぉぉ……」と嘆くねずみ男の声が、満月の夜に響き続けた……。

その後、小百合の願いどおり新しい住職が見つかり、荒れていた寺も再建される。その陰で小池家の墓に挨拶をするねずみ男。未だに小百合を思い切れない彼が「ほんとはその辺に隠れてるんじゃ」とふざけ半分で墓の陰を覗くと、そこには一輪の、小さな純白の百合が咲いていた。


余談

  • 設定では、その後も定期的にねずみ男は彼女の墓参りをしているとの事。



関連イラスト

温もり
けつこんしました 【ビビビのねずみ男】




関連動画




関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎 ねずみ男
4期
陰摩羅鬼
むじな

pixivに投稿された作品 pixivで「小池小百合」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69797

コメント