ピクシブ百科事典

一刻堂

いっこくどう

テレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第4期に登場するオリジナルキャラクター。脚本を執筆した小説家・イラストレーターの京極夏彦が声優も担当している。
目次[非表示]

「この世に不思議なものなどないのだよ」
CV:京極夏彦

概要

アニメ第4作101話「言霊使いの罠」に登場。
言霊使い」と呼ばれる特殊な力を持つ陰陽道いかるが流陰陽師。鬼太郎に何者か問われたときは「憑物落としの拝み屋」と自称した。
妖怪はこの世に存在しないもの・居てはならぬもの」とし、言葉一つで妖怪をその伝承の元となった生物や物体、自然現象等に変えてしまう。ただし、それは勝手に変えるのではなく正しい言葉・真実を告げているだけだと語っている。鬼太郎たちとの対戦では光明真言を唱えており、真言密教に通じているところを見せた。

500年前に先祖がぬらりひょんと交わした契約により鬼太郎抹殺の依頼を渋々引き受けることになる。
小学校に式神を出現させて鬼太郎一行をおびき出し五芒星の秘術によって拘束。言霊の力で砂かけ婆砂山とつむじ風一反木綿布きれぬりかべ朽ちた土壁子泣き爺カボチャ猫娘猫を抱いた少女目玉おやじ人形に変え、最後に残った鬼太郎をも消滅させようと追い詰めた。

しかし、勝利を確信し有頂天となったぬらりひょんと朱の盆が鬼太郎の名を叫んでしまったため、鬼太郎は自分自身の存在を取り戻す。さらに鬼太郎に名を呼ばれた仲間達が次々に復活した。しかし、一刻堂は「あなたたちは何度でも私の術に掛かる。私の言葉が正しいからです」と、動揺した様子は全く見せていなかった。
事態は膠着状態に陥ったように見えたが、ここで一刻堂は「妖怪は居てはならぬものだが、同時に居なくてはならないものでもあり、私は君たちの存在を消すことを好まない」と言い、あっさり和解。ぬらりひょんのミスで術が失敗した事を理由に元々不本意であった契約を破棄し、ぬらりひょんを追い払い去っていった。

余談

  • 声優を担当した京極夏彦は同話の脚本と一刻堂のキャラクターデザインも担当した。第4期鬼太郎のキャラクターデザインである荒木伸吾がDVD-BOXのジャケット用として描き下したイラストにも登場している。
  • 素性や言動は『京極堂』シリーズの主人公・中禅寺秋彦との共通点が多い。
  • 鬼太郎たちをおびき寄せるために脅かした小学校の教師は「関口」と「木場」であり、こちらも『京極堂』シリーズに登場する人物と同じ名字なうえに、特徴まで共通している。
  • ぬらりひょんは本来96~99話の「妖怪王編」で死亡する予定だったが、京極がその事を知らずに同話に登場させたため生存する事になった。
  • スマホゲーム「ゆるゲゲ」内の歴代の強敵と戦う「ゲゲゲ史」では4期代表として登場している。


関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎
京極夏彦
護法童子 瀬戸大将 式神

関連記事

親記事

4期鬼太郎 よんききたろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「一刻堂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 231957

コメント