ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

中禅寺秋彦

34

ちゅうぜんじあきひこ

中禅寺秋彦とは、「百鬼夜行シリーズ」(および「京極堂シリーズ」)の登場人物である。
中禅寺秋彦とは、「百鬼夜行シリーズ」(および「京極堂シリーズ」)の登場人物である。

人物像

人物像

中野で古本屋「京極堂」を営む男。

家業は「武蔵晴明神社」の宮司、副業は陰陽師の一種である「憑物落とし(つきものおとし)」の「拝み屋」。

店の屋号に因んで「京極堂」とも呼ばれる。

この世には不思議なことなど何もない」と言うのが口癖であり、座右の銘。

下北半島出身。幼少時は恐山の祖父母の下で育った。

家族は、妻の千鶴子と、実妹の敦子。飼っているの名前は石榴

個性の強いキャラクターたちのまとめ役的存在であるが、彼本人も相当の変わり者。


榎木津関口とは旧制高校時代からの腐れ縁。

宗教、口碑伝承、民俗学妖怪等に造詣が深く、知識と理を尊び、根拠のない事は語らず、無知偏見による誤解を何よりも嫌う。

重度の書痴でもあり、本であれば難解な古文書の類から料理本、赤本漫画までなんでも読む。

さらに家屋敷から店舗に至るまで本で溢れており、店の商品の本も一度以上必ず目を通している。

博覧強記で極めて優れた話術を持つ詭弁家であり、その気になれば言葉だけで他人を己が意のままに操ることも可能だが、本人はその技術を自身の感情のまま使うことを自ら固く禁じている。


その広範かつ膨大な知識と徹底した論理的思考によって複雑怪奇に入り乱れた事件を整理・洞察し、それに纏わる因果と事件関係者の妄執を巧妙な弁舌を以って、当事者に納得できる「かたち」に「解体」する「憑物落とし」を行う。

しかし、事件の謎を不用意に「解体」してしまえば、謎が存在していたことでバランスが保たれていた関係や事象を崩壊させてしまいかねない。それによって新たな被害が発生することも十二分にありうるため、事件解決に暗躍する役どころながら積極的に干渉する事を好まない。


常に和装で、始終不機嫌な仏頂面。この仏頂面は作品を重ねるごとに進化し

・親でも死んだかのような仏頂面

・親戚全部が死に絶えでもしたかのような仏頂面

・町内会の人間全部が死に絶えたかのような仏頂面

・東京が全滅したかのような仏頂面

・日本が滅んでしまったかのような仏頂面

・亜細亜が全部沈没してしまったかのような仏頂面

・三千世界が滅んでしまったかのような悪相

・艦隊を全滅させてしまった海軍指揮官の様な不機嫌な顔

・葬式を二十ばかり梯子したかのような極め付きの仏頂面

・まるでどこか病んでいるかの如き不健康そうな顔

・宇宙の終りが三回続けて訪れたような凶悪な顔

・この世の終わりが十回続けて訪れたかのような仏頂面

・余程酷いことでもなければこんなに凶相にはなるまい

…もはや何が何やら…

関口曰く、邪悪な死神のごとき凶悪な風貌。芥川龍之介の幽霊とのこと。

しかし付き合いの長い者には感情の変化がわかるらしい。

また、興味のある本が見つかったと聞くと、大層喜んで足を運ぶのだという。

憑物落としの際には黒の手甲、両胸に五芒星を染め抜いた黒の着流し

黒の足袋に鼻緒だけが赤い黒の下駄と、黒ずくめの格好をする。

(アニメ版ではさらに髪型をオールバックにする)


痩身だが甘いもの好きで、干菓子などを好んで食べている。

塗仏の宴』での竹宮潤子の発言から察するに、下戸である。

古書肆を開業する前は高校教師であった。中禅寺先生物怪講義録でその頃が描かれている。

「好きなだけ本が読める」という理由から、転職を決意。

しょっちゅう変な連中が店に屯しているため、古本屋稼業の方は開店休業中と思われがちだが、業界でも珍しい本をよく扱うことから常連や得意先が結構いるらしく、意外と儲かっている模様。

本人曰く「十四の時に力仕事をしないと誓った」らしく、非力であるようだ。だが体幹バランスは良いようである。


余談

余談

両津勘吉と面識がある。

書楼弔堂第6話の登場人物、中禅寺輔は祖父であり、曾祖父は中禅寺洲斎

ちなみに名探偵コナンの「青山剛昌の名探偵図鑑」には53巻に登場。


演者

演者


関連イラスト

関連イラスト


関連タグ

関連タグ

京極堂 陰陽師 中禅寺洲斎

安倍晴明 探偵

一刻堂


別名・表記ゆれ

中禅寺 京極

人物像

人物像

中野で古本屋「京極堂」を営む男。

家業は「武蔵晴明神社」の宮司、副業は陰陽師の一種である「憑物落とし(つきものおとし)」の「拝み屋」。

店の屋号に因んで「京極堂」とも呼ばれる。

この世には不思議なことなど何もない」と言うのが口癖であり、座右の銘。

下北半島出身。幼少時は恐山の祖父母の下で育った。

家族は、妻の千鶴子と、実妹の敦子。飼っているの名前は石榴

個性の強いキャラクターたちのまとめ役的存在であるが、彼本人も相当の変わり者。


榎木津関口とは旧制高校時代からの腐れ縁。

宗教、口碑伝承、民俗学妖怪等に造詣が深く、知識と理を尊び、根拠のない事は語らず、無知偏見による誤解を何よりも嫌う。

重度の書痴でもあり、本であれば難解な古文書の類から料理本、赤本漫画までなんでも読む。

さらに家屋敷から店舗に至るまで本で溢れており、店の商品の本も一度以上必ず目を通している。

博覧強記で極めて優れた話術を持つ詭弁家であり、その気になれば言葉だけで他人を己が意のままに操ることも可能だが、本人はその技術を自身の感情のまま使うことを自ら固く禁じている。


その広範かつ膨大な知識と徹底した論理的思考によって複雑怪奇に入り乱れた事件を整理・洞察し、それに纏わる因果と事件関係者の妄執を巧妙な弁舌を以って、当事者に納得できる「かたち」に「解体」する「憑物落とし」を行う。

しかし、事件の謎を不用意に「解体」してしまえば、謎が存在していたことでバランスが保たれていた関係や事象を崩壊させてしまいかねない。それによって新たな被害が発生することも十二分にありうるため、事件解決に暗躍する役どころながら積極的に干渉する事を好まない。


常に和装で、始終不機嫌な仏頂面。この仏頂面は作品を重ねるごとに進化し

・親でも死んだかのような仏頂面

・親戚全部が死に絶えでもしたかのような仏頂面

・町内会の人間全部が死に絶えたかのような仏頂面

・東京が全滅したかのような仏頂面

・日本が滅んでしまったかのような仏頂面

・亜細亜が全部沈没してしまったかのような仏頂面

・三千世界が滅んでしまったかのような悪相

・艦隊を全滅させてしまった海軍指揮官の様な不機嫌な顔

・葬式を二十ばかり梯子したかのような極め付きの仏頂面

・まるでどこか病んでいるかの如き不健康そうな顔

・宇宙の終りが三回続けて訪れたような凶悪な顔

・この世の終わりが十回続けて訪れたかのような仏頂面

・余程酷いことでもなければこんなに凶相にはなるまい

…もはや何が何やら…

関口曰く、邪悪な死神のごとき凶悪な風貌。芥川龍之介の幽霊とのこと。

しかし付き合いの長い者には感情の変化がわかるらしい。

また、興味のある本が見つかったと聞くと、大層喜んで足を運ぶのだという。

憑物落としの際には黒の手甲、両胸に五芒星を染め抜いた黒の着流し

黒の足袋に鼻緒だけが赤い黒の下駄と、黒ずくめの格好をする。

(アニメ版ではさらに髪型をオールバックにする)


痩身だが甘いもの好きで、干菓子などを好んで食べている。

塗仏の宴』での竹宮潤子の発言から察するに、下戸である。

古書肆を開業する前は高校教師であった。中禅寺先生物怪講義録でその頃が描かれている。

「好きなだけ本が読める」という理由から、転職を決意。

しょっちゅう変な連中が店に屯しているため、古本屋稼業の方は開店休業中と思われがちだが、業界でも珍しい本をよく扱うことから常連や得意先が結構いるらしく、意外と儲かっている模様。

本人曰く「十四の時に力仕事をしないと誓った」らしく、非力であるようだ。だが体幹バランスは良いようである。


余談

余談

両津勘吉と面識がある。

書楼弔堂第6話の登場人物、中禅寺輔は祖父であり、曾祖父は中禅寺洲斎

ちなみに名探偵コナンの「青山剛昌の名探偵図鑑」には53巻に登場。


演者

演者


関連タグ

関連タグ

京極堂 陰陽師 中禅寺洲斎

安倍晴明 探偵

一刻堂


別名・表記ゆれ

中禅寺 京極

関連記事

親記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る
  • 【奇想館】京極堂シリーズ・中益・涯(みぎわ)のふたり サンプル

    9/11第二編 奇想館K04で、みつ。(http://www.pixiv.net/member.php?id=32880)さんとの合同サークル「ひみつのはなし」(http://hi.mi210.com/hh)で頒布する小説本のサンプルです。 京極堂シリーズ 中禅寺×益田『涯(みぎわ)のふたり』 A5/32P/300YEN/コピー本 記憶喪失の益田と、病院に住み着く奇妙な男・中禅寺のパラレルのような、原作の未来捏造のような、薄暗い話です。 ・益田が病んでいます  ・とある人物が死にます(死にネタあり) 多分全年齢です。表紙後で直します。 エロ本はスパークで出したいです。よろしくお願いします。
  • 百鬼シリーズss

    首の女

    腐向けタグありますが、全然腐ってないと思います。 あと、せきぐちさんは母親を能く思っていないと萌えます(公式だっけ?)。 引用: 水木しげる『にほんようかいたいかん』の中の「ゆめのれい」より
  • 星、ひとつ

    中関+榎関。 まだまだ淡く儚い思い。 一高三人組、夏の旅行珍道中です。 これもかなり前に書いた作品です。 読んで下さってありがとうございます。寝苦しい夜に、美しい星空を。
    20,364文字pixiv小説作品
  • Twitterまとめ

    百鬼Twitterまとめ(2020.5~2020.7)

    Twitterに投稿していたSSのまとめです。ワンライ多め。 2020年5月から7月にかけて書いたものになります。 京関・中関が多いです。
    32,101文字pixiv小説作品
  • 幸せの証明

    Twitterにアップした#一日一中関のSSを纏めました。恋文事件後に閉じ籠ってしまった関口君と彼を見守る中禅寺君の夏の終わりから冬にかけてのお話と普遍的な日常のお話です。
    19,733文字pixiv小説作品
  • 西方浄土、百万億土

    京極堂シリーズより、織作茜を軸に中禅寺と関口がうだうだと。独白気味。何故彼女が死なねばならないのかという疑問。タグはどっちとも言えないので、二作品のタグを。
  • 霧の糸

    京関。 思い出すら、共有できない。 いつもとは少し違う雰囲気で。 幻想的な霧の朝が、少し怖くて美しくて好きです。 いつも読んで下さっている皆さまに、感謝の気持ちを込めて。 
    10,698文字pixiv小説作品
  • 蜜柑

    京関 出来てる後の二人。 出来てるけど、それ以前に、作家と読書家って関係なのが好きです。 
  • 朽ちた鍵が合う扉

    堂島大佐が好きだ大好きだッ もっと中禅寺を苛め抜いて欲しい 戦中は色々と妄想がたぎります みんなももっと書こうよ堂京!
  • 儚きは君の言ノ葉

    絡新婦の理を読了後にががっと書いたものです。
  • Cry for the moon

    京関。 決して得られないものを、望む。 涼しい夜に秋の訪れを感じつつ。 コメント、ブクマコメントをいつもありがとうございます。
    10,350文字pixiv小説作品
  • 晴天の霹靂

    2008.08.02サイト掲載。 発熱ネタはよく見かけますが、ドタバタしそうだな……という理由から、発熱したのが京極堂となり、こういう話になりました。 どちらの夫婦も大好きなので、当時は書いてて楽しかったです。
  • 「或る夫婦のおいしい一年」一月 かきスープ

    中禅寺夫妻のある一年のうち、一月の食卓です。作中千鶴子さんが手に取る雑誌は「暮らしの手帖」第23号(昭和29年3月1日発行)と第31号(昭和30年9月5日発行)をもとにしています。記事は実際に掲載されているものです。作中時間とは発行時期が異なる雑誌ですが、まあいいよね細かいことは… 現実にある雑誌を千鶴子さんが読んでいたらすごくいいなあというところから端を発したものです。12月分書きますが、私が書きたい月から書いていくので順不同に掲載します。
  • 君と僕の閉ざされた世界

    Twitterに投稿した140文字SSまとめ 学生時代の関口と中禅寺のお話です。
  • 柘榴。

    一応、榎京。10年前の掘り出し物です。
  • いろんな予告

    思い浮かんだものを書いてみた。 黒子さんの設定が常々気になって仕方ない管理人です。 いやね、設定上だろうけれど、気になるじゃない?笑 あと、柩の作品気に入ってくださる方が結構黒子好きさん多いようなので興味本位です。 でも黒子よんだことない。 ヘタリアも微妙(しかもまだ書いてない) ルパンとコナンも同じく書いてません。 一応これも書きたいんだよって意思表示です。 誰か私に黒子を教えてください。 もちちゃんと書くならもちっと話は整頓しなくちゃね。 まぁ、要望ないだろうから書かないけど。
  • タソガレリミナリティ

    文スト外伝の京極夏彦が、闇堕ち(?)した中禅寺秋彦のなれの果てだったりしたら堪らないよなという妄想からの捏造掌編。 ― 鬱の知人も、躁の気がある探偵も、暴走しがちな刑事も、彼を置いて先に逝ってしまった。だから彼は、
  • 【京極】両国

    京榎京前提です。 幼馴染コンビかわいいですね。 両国は唄があります。 趣深い良い曲です。 サイトからの再録になります。
  • 鞄。

    「邪魅の雫」読了後推奨。10年前作成。 榎京のタグをつけたけれど、これはどうなんだろう…。
  • 【百鬼夜行】休日

    益田と中禅寺。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

中禅寺秋彦
34
中禅寺秋彦
34

中禅寺秋彦

34

ちゅうぜんじあきひこ

中禅寺秋彦とは、「百鬼夜行シリーズ」(および「京極堂シリーズ」)の登場人物である。
中禅寺秋彦とは、「百鬼夜行シリーズ」(および「京極堂シリーズ」)の登場人物である。

人物像

人物像

中野で古本屋「京極堂」を営む男。

家業は「武蔵晴明神社」の宮司、副業は陰陽師の一種である「憑物落とし(つきものおとし)」の「拝み屋」。

店の屋号に因んで「京極堂」とも呼ばれる。

この世には不思議なことなど何もない」と言うのが口癖であり、座右の銘。

下北半島出身。幼少時は恐山の祖父母の下で育った。

家族は、妻の千鶴子と、実妹の敦子。飼っているの名前は石榴

個性の強いキャラクターたちのまとめ役的存在であるが、彼本人も相当の変わり者。


榎木津関口とは旧制高校時代からの腐れ縁。

宗教、口碑伝承、民俗学妖怪等に造詣が深く、知識と理を尊び、根拠のない事は語らず、無知偏見による誤解を何よりも嫌う。

重度の書痴でもあり、本であれば難解な古文書の類から料理本、赤本漫画までなんでも読む。

さらに家屋敷から店舗に至るまで本で溢れており、店の商品の本も一度以上必ず目を通している。

博覧強記で極めて優れた話術を持つ詭弁家であり、その気になれば言葉だけで他人を己が意のままに操ることも可能だが、本人はその技術を自身の感情のまま使うことを自ら固く禁じている。


その広範かつ膨大な知識と徹底した論理的思考によって複雑怪奇に入り乱れた事件を整理・洞察し、それに纏わる因果と事件関係者の妄執を巧妙な弁舌を以って、当事者に納得できる「かたち」に「解体」する「憑物落とし」を行う。

しかし、事件の謎を不用意に「解体」してしまえば、謎が存在していたことでバランスが保たれていた関係や事象を崩壊させてしまいかねない。それによって新たな被害が発生することも十二分にありうるため、事件解決に暗躍する役どころながら積極的に干渉する事を好まない。


常に和装で、始終不機嫌な仏頂面。この仏頂面は作品を重ねるごとに進化し

・親でも死んだかのような仏頂面

・親戚全部が死に絶えでもしたかのような仏頂面

・町内会の人間全部が死に絶えたかのような仏頂面

・東京が全滅したかのような仏頂面

・日本が滅んでしまったかのような仏頂面

・亜細亜が全部沈没してしまったかのような仏頂面

・三千世界が滅んでしまったかのような悪相

・艦隊を全滅させてしまった海軍指揮官の様な不機嫌な顔

・葬式を二十ばかり梯子したかのような極め付きの仏頂面

・まるでどこか病んでいるかの如き不健康そうな顔

・宇宙の終りが三回続けて訪れたような凶悪な顔

・この世の終わりが十回続けて訪れたかのような仏頂面

・余程酷いことでもなければこんなに凶相にはなるまい

…もはや何が何やら…

関口曰く、邪悪な死神のごとき凶悪な風貌。芥川龍之介の幽霊とのこと。

しかし付き合いの長い者には感情の変化がわかるらしい。

また、興味のある本が見つかったと聞くと、大層喜んで足を運ぶのだという。

憑物落としの際には黒の手甲、両胸に五芒星を染め抜いた黒の着流し

黒の足袋に鼻緒だけが赤い黒の下駄と、黒ずくめの格好をする。

(アニメ版ではさらに髪型をオールバックにする)


痩身だが甘いもの好きで、干菓子などを好んで食べている。

塗仏の宴』での竹宮潤子の発言から察するに、下戸である。

古書肆を開業する前は高校教師であった。中禅寺先生物怪講義録でその頃が描かれている。

「好きなだけ本が読める」という理由から、転職を決意。

しょっちゅう変な連中が店に屯しているため、古本屋稼業の方は開店休業中と思われがちだが、業界でも珍しい本をよく扱うことから常連や得意先が結構いるらしく、意外と儲かっている模様。

本人曰く「十四の時に力仕事をしないと誓った」らしく、非力であるようだ。だが体幹バランスは良いようである。


余談

余談

両津勘吉と面識がある。

書楼弔堂第6話の登場人物、中禅寺輔は祖父であり、曾祖父は中禅寺洲斎

ちなみに名探偵コナンの「青山剛昌の名探偵図鑑」には53巻に登場。


演者

演者


関連イラスト

関連イラスト


関連タグ

関連タグ

京極堂 陰陽師 中禅寺洲斎

安倍晴明 探偵

一刻堂


別名・表記ゆれ

中禅寺 京極

人物像

人物像

中野で古本屋「京極堂」を営む男。

家業は「武蔵晴明神社」の宮司、副業は陰陽師の一種である「憑物落とし(つきものおとし)」の「拝み屋」。

店の屋号に因んで「京極堂」とも呼ばれる。

この世には不思議なことなど何もない」と言うのが口癖であり、座右の銘。

下北半島出身。幼少時は恐山の祖父母の下で育った。

家族は、妻の千鶴子と、実妹の敦子。飼っているの名前は石榴

個性の強いキャラクターたちのまとめ役的存在であるが、彼本人も相当の変わり者。


榎木津関口とは旧制高校時代からの腐れ縁。

宗教、口碑伝承、民俗学妖怪等に造詣が深く、知識と理を尊び、根拠のない事は語らず、無知偏見による誤解を何よりも嫌う。

重度の書痴でもあり、本であれば難解な古文書の類から料理本、赤本漫画までなんでも読む。

さらに家屋敷から店舗に至るまで本で溢れており、店の商品の本も一度以上必ず目を通している。

博覧強記で極めて優れた話術を持つ詭弁家であり、その気になれば言葉だけで他人を己が意のままに操ることも可能だが、本人はその技術を自身の感情のまま使うことを自ら固く禁じている。


その広範かつ膨大な知識と徹底した論理的思考によって複雑怪奇に入り乱れた事件を整理・洞察し、それに纏わる因果と事件関係者の妄執を巧妙な弁舌を以って、当事者に納得できる「かたち」に「解体」する「憑物落とし」を行う。

しかし、事件の謎を不用意に「解体」してしまえば、謎が存在していたことでバランスが保たれていた関係や事象を崩壊させてしまいかねない。それによって新たな被害が発生することも十二分にありうるため、事件解決に暗躍する役どころながら積極的に干渉する事を好まない。


常に和装で、始終不機嫌な仏頂面。この仏頂面は作品を重ねるごとに進化し

・親でも死んだかのような仏頂面

・親戚全部が死に絶えでもしたかのような仏頂面

・町内会の人間全部が死に絶えたかのような仏頂面

・東京が全滅したかのような仏頂面

・日本が滅んでしまったかのような仏頂面

・亜細亜が全部沈没してしまったかのような仏頂面

・三千世界が滅んでしまったかのような悪相

・艦隊を全滅させてしまった海軍指揮官の様な不機嫌な顔

・葬式を二十ばかり梯子したかのような極め付きの仏頂面

・まるでどこか病んでいるかの如き不健康そうな顔

・宇宙の終りが三回続けて訪れたような凶悪な顔

・この世の終わりが十回続けて訪れたかのような仏頂面

・余程酷いことでもなければこんなに凶相にはなるまい

…もはや何が何やら…

関口曰く、邪悪な死神のごとき凶悪な風貌。芥川龍之介の幽霊とのこと。

しかし付き合いの長い者には感情の変化がわかるらしい。

また、興味のある本が見つかったと聞くと、大層喜んで足を運ぶのだという。

憑物落としの際には黒の手甲、両胸に五芒星を染め抜いた黒の着流し

黒の足袋に鼻緒だけが赤い黒の下駄と、黒ずくめの格好をする。

(アニメ版ではさらに髪型をオールバックにする)


痩身だが甘いもの好きで、干菓子などを好んで食べている。

塗仏の宴』での竹宮潤子の発言から察するに、下戸である。

古書肆を開業する前は高校教師であった。中禅寺先生物怪講義録でその頃が描かれている。

「好きなだけ本が読める」という理由から、転職を決意。

しょっちゅう変な連中が店に屯しているため、古本屋稼業の方は開店休業中と思われがちだが、業界でも珍しい本をよく扱うことから常連や得意先が結構いるらしく、意外と儲かっている模様。

本人曰く「十四の時に力仕事をしないと誓った」らしく、非力であるようだ。だが体幹バランスは良いようである。


余談

余談

両津勘吉と面識がある。

書楼弔堂第6話の登場人物、中禅寺輔は祖父であり、曾祖父は中禅寺洲斎

ちなみに名探偵コナンの「青山剛昌の名探偵図鑑」には53巻に登場。


演者

演者


関連タグ

関連タグ

京極堂 陰陽師 中禅寺洲斎

安倍晴明 探偵

一刻堂


別名・表記ゆれ

中禅寺 京極

関連記事

親記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る
  • 【奇想館】京極堂シリーズ・中益・涯(みぎわ)のふたり サンプル

    9/11第二編 奇想館K04で、みつ。(http://www.pixiv.net/member.php?id=32880)さんとの合同サークル「ひみつのはなし」(http://hi.mi210.com/hh)で頒布する小説本のサンプルです。 京極堂シリーズ 中禅寺×益田『涯(みぎわ)のふたり』 A5/32P/300YEN/コピー本 記憶喪失の益田と、病院に住み着く奇妙な男・中禅寺のパラレルのような、原作の未来捏造のような、薄暗い話です。 ・益田が病んでいます  ・とある人物が死にます(死にネタあり) 多分全年齢です。表紙後で直します。 エロ本はスパークで出したいです。よろしくお願いします。
  • 百鬼シリーズss

    首の女

    腐向けタグありますが、全然腐ってないと思います。 あと、せきぐちさんは母親を能く思っていないと萌えます(公式だっけ?)。 引用: 水木しげる『にほんようかいたいかん』の中の「ゆめのれい」より
  • 星、ひとつ

    中関+榎関。 まだまだ淡く儚い思い。 一高三人組、夏の旅行珍道中です。 これもかなり前に書いた作品です。 読んで下さってありがとうございます。寝苦しい夜に、美しい星空を。
    20,364文字pixiv小説作品
  • Twitterまとめ

    百鬼Twitterまとめ(2020.5~2020.7)

    Twitterに投稿していたSSのまとめです。ワンライ多め。 2020年5月から7月にかけて書いたものになります。 京関・中関が多いです。
    32,101文字pixiv小説作品
  • 幸せの証明

    Twitterにアップした#一日一中関のSSを纏めました。恋文事件後に閉じ籠ってしまった関口君と彼を見守る中禅寺君の夏の終わりから冬にかけてのお話と普遍的な日常のお話です。
    19,733文字pixiv小説作品
  • 西方浄土、百万億土

    京極堂シリーズより、織作茜を軸に中禅寺と関口がうだうだと。独白気味。何故彼女が死なねばならないのかという疑問。タグはどっちとも言えないので、二作品のタグを。
  • 霧の糸

    京関。 思い出すら、共有できない。 いつもとは少し違う雰囲気で。 幻想的な霧の朝が、少し怖くて美しくて好きです。 いつも読んで下さっている皆さまに、感謝の気持ちを込めて。 
    10,698文字pixiv小説作品
  • 蜜柑

    京関 出来てる後の二人。 出来てるけど、それ以前に、作家と読書家って関係なのが好きです。 
  • 朽ちた鍵が合う扉

    堂島大佐が好きだ大好きだッ もっと中禅寺を苛め抜いて欲しい 戦中は色々と妄想がたぎります みんなももっと書こうよ堂京!
  • 儚きは君の言ノ葉

    絡新婦の理を読了後にががっと書いたものです。
  • Cry for the moon

    京関。 決して得られないものを、望む。 涼しい夜に秋の訪れを感じつつ。 コメント、ブクマコメントをいつもありがとうございます。
    10,350文字pixiv小説作品
  • 晴天の霹靂

    2008.08.02サイト掲載。 発熱ネタはよく見かけますが、ドタバタしそうだな……という理由から、発熱したのが京極堂となり、こういう話になりました。 どちらの夫婦も大好きなので、当時は書いてて楽しかったです。
  • 「或る夫婦のおいしい一年」一月 かきスープ

    中禅寺夫妻のある一年のうち、一月の食卓です。作中千鶴子さんが手に取る雑誌は「暮らしの手帖」第23号(昭和29年3月1日発行)と第31号(昭和30年9月5日発行)をもとにしています。記事は実際に掲載されているものです。作中時間とは発行時期が異なる雑誌ですが、まあいいよね細かいことは… 現実にある雑誌を千鶴子さんが読んでいたらすごくいいなあというところから端を発したものです。12月分書きますが、私が書きたい月から書いていくので順不同に掲載します。
  • 君と僕の閉ざされた世界

    Twitterに投稿した140文字SSまとめ 学生時代の関口と中禅寺のお話です。
  • 柘榴。

    一応、榎京。10年前の掘り出し物です。
  • いろんな予告

    思い浮かんだものを書いてみた。 黒子さんの設定が常々気になって仕方ない管理人です。 いやね、設定上だろうけれど、気になるじゃない?笑 あと、柩の作品気に入ってくださる方が結構黒子好きさん多いようなので興味本位です。 でも黒子よんだことない。 ヘタリアも微妙(しかもまだ書いてない) ルパンとコナンも同じく書いてません。 一応これも書きたいんだよって意思表示です。 誰か私に黒子を教えてください。 もちちゃんと書くならもちっと話は整頓しなくちゃね。 まぁ、要望ないだろうから書かないけど。
  • タソガレリミナリティ

    文スト外伝の京極夏彦が、闇堕ち(?)した中禅寺秋彦のなれの果てだったりしたら堪らないよなという妄想からの捏造掌編。 ― 鬱の知人も、躁の気がある探偵も、暴走しがちな刑事も、彼を置いて先に逝ってしまった。だから彼は、
  • 【京極】両国

    京榎京前提です。 幼馴染コンビかわいいですね。 両国は唄があります。 趣深い良い曲です。 サイトからの再録になります。
  • 鞄。

    「邪魅の雫」読了後推奨。10年前作成。 榎京のタグをつけたけれど、これはどうなんだろう…。
  • 【百鬼夜行】休日

    益田と中禅寺。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    ネトゲの性別は詮索NGです!

    宝乃あいらんど

    読む
  2. 2

    メガネな彼とフェチ彼女

    Nao.

    読む
  3. 3

    善良な不良高校生の日常

    立葵

    読む

pixivision

カテゴリー