ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

襦袢」とは、和装用の下着

に直接つける肌襦袢(肌着)と、肌着と長襦袢の中間的存在の半襦袢対丈(ついたけ)、広袖で肌襦袢と長着の間に着る長襦袢がある。
内衣がしだいに表面にあらわれ装飾化して小袖となる以前には、下衣(したごろも)、肌衣(はだぎぬ)、肌小袖(はだこそで)と呼ばれていた。
これらを下着と称さなかったのは、下着は上着・中着・下着と重ねて着る着方であったからで、襦袢という名で呼ばれたのは、小袖が定着した室町時代以降と思われる。
それまでの日本の下着は、白無垢の対丈仕立てであったが、南蛮人によって襦袢がもたらされた16世紀頃からは、丈の短い襦袢が流行し、腰あたりまでの「半襦袢」、身丈ほどの「長襦袢」などが作られるようになっていった。

漢字の襦は肌着、袢は半身衣の意味があり、ポルトガル語の「ジバン(gibão)」から転訛して、当て字で「襦袢」と呼ばれるようになったともいわれている。
なお、「ジバン」は、アラビア語の「jubbeh」(袖の広い上着)が語源である。

関連イラスト

悲哀(2010年作)
センシティブな作品


綾瀬/オリジナル
EXバストアップ



関連タグ

下着 肌着
衣服 和装 和服 

外部リンク

襦袢 - Wikipedia
襦袢はなぜ着る?(Kimono-Wa-Fuku)

関連記事

親記事

下着 したぎ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「襦袢」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 597592

コメント