ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要


瀬戸物が集まり鎧武者のような姿となった日本の妖怪(付喪神)。

江戸時代に鳥山石燕が書いた『百器徒然袋』が初出であり、その他に伝承などは存在せず、比較的新しい妖怪と言える。


百器徒然袋には唐津物瀬戸物をそれぞれ『三国志』の曹操関羽に見立てた解説文が書かれており、陶磁器の付喪神同士が争っているという設定と思われる。

平成以降にはこれが拡大解釈されたのか、「瀬戸大将率いる瀬戸物軍団が唐津物に勝利したため、瀬戸物が主流となった」という解説も出てきた。


創作での扱い

ゲゲゲの鬼太郎

アニメ『4期鬼太郎』の京極夏彦が脚本およびキャラクターデザインを担当した第101話「言霊使いの罠」で言霊使い一刻堂によって呼び出され、鬼太郎たちと戦った。

ぬらりひょんの孫

骨董市でに現れたがつらら組によって退治された妖怪。ノベル版では奴良組にも所属していた個体が登場。

仁王2

DLC『牛若戦記』にて登場。

前述の通り現実では江戸時代が初出の妖怪だが、このゲームでは平安時代末期に現れ、なんと武蔵坊弁慶として源義経に仕えている。


関連タグ

妖怪 付喪神

塵塚怪王 セト大将

関連記事

親記事

付喪神 つくもがみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25218

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました