ピクシブ百科事典

文車妖妃

ふぐるまようひ

文車妖妃とは、妖怪・付喪神の一種。読みは「ふぐるまようび」、「ふぐるまようき」とも。
目次[非表示]

概要

鳥山石燕の作品「百器徒然袋」上巻に登場する文車(火事などの非常時に手紙を入れて運ぶための箱車)の付喪神。「百器徒然袋」には文車から手紙を引っ張り出している鬼のような形相の女性の姿で描かれている。
江戸時代の怪談集の中に、とある寺の少年が受け取った恋文を捨ててしまい、その恋文に込められた執念が鬼となり人を襲ったというものがあり、文車妖妃はそれと同じ種類の妖怪と言われている。
(この鬼と言われるのが酒呑童子である)

創作での扱い

ゲゲゲの鬼太郎

実写映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』ではタレントの中川翔子が演じている。
妖怪図書館の司書として登場。猫娘とは知り合いで、彼女を「猫お姉さま」と呼んでいる。
同時期放映されていたアニメ『5期鬼太郎』では、とある理由でロールプレイングゲームの世界に子供や鬼太郎たちを閉じ込めてしまう妖怪として登場。CVは松井菜桜子

女神転生シリーズ

初出は『デビルサマナー』で、外見は文車から目を覆い嘆いている女の幽霊が飛び出した姿の”鬼女”フグルマとして登場。舞台の平坂市の図書館で怪異を引き起こしていた。

ぬらりひょんの孫

妖怪界の書記係。石燕の絵を元に眼鏡をかけた美女として描かれている。主な役目はさまざまな妖怪等の情報を伝えること。

みなぎ得一作品

みなぎ得一作品の付喪神「しおりちゃん」が作中に登場した妖怪等の解説役を務める。眼鏡をかけ、サラシを巻いた上半身を本の中から出した姿で描かれていた。
足洗邸の住人たち。では当初は本屋の店員として登場したが、後に白澤の秘書官で、白澤図の付喪神「閒神・栞」として登場。人間に近い姿で描かれている。
√3では万魔殿学園の図書館の司書として登場。速読と本の複製能力を見せた。

貧乏神が!

文車の付喪神で、書物の要素がほとんどない珍しい存在。
外見は文車を模した車椅子に載ったメカクレ少女。
ぼそぼそとしたしゃべり方で枯れ専。

関連タグ

妖怪 付喪神
やぶレター:同じく手紙にまつわる妖怪。

関連記事

親記事

付喪神 つくもがみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「文車妖妃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25062

コメント