ピクシブ百科事典

千年呪い歌

せんねんのろいうた

実写映画『ゲゲゲの鬼太郎』の第二作。
目次[非表示]

概要

 水木しげる原作の怪奇漫画ゲゲゲの鬼太郎』の実写映画第二作。2008年7月に松竹系で公開された。
 2007年に公開された『ゲゲゲの鬼太郎』の正式な続編で、特にこれと言ってモデルにした原作エピソードはない(敵妖怪の関係や設定、要所要所の描写には原作で描かれたシーンをモチーフにした部分はある)。

あらすじ

 聞くと必ず死ぬ呪いのわらべ歌「籠目歌」を聞いてしまった少女比良本楓。徐々に埋め込まれたうろこが増え始め、48時間経つと死んでしまうというその呪いを知った鬼太郎は、楓を救うべく5つの楽器を集める旅に出る。
 その呪い歌には、1000年前の哀しい物語があることを知らずに…。

備考

  • 俳優緒形拳は本作で妖怪ぬらりひょんを演じているが、これが遺作となった。
  • 原作者の水木御大の弟子であり、アニメ4期一刻堂のシナリオとキャラデザ及び声優も演じた京極夏彦が、鬼道衆の長役で出演した。
  • アニメ4期で吸血鬼エリートの声優を演じていた佐野史郎も、蛇骨婆役で出演した。
    • 原作ファンである佐野氏は前作映画で鬼太郎に両目があった事が不満であったため、新作映画では鬼太郎が義眼を使ってるという設定を入れる事を提案した。そのため今作では鬼太郎が義眼を外すシーンがある。


関連項目

特撮映画 濡れ女 蛇骨婆 がしゃどくろ 夜叉(ゲゲゲの鬼太郎)

pixivに投稿された作品 pixivで「千年呪い歌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2965

コメント