ピクシブ百科事典

ゲゲゲの鬼太郎(実写映画)

うえんつえいじのきたろう

同名の怪奇漫画を原作とした特撮映画。
目次[非表示]

概要

 水木しげるの大人気怪奇漫画ゲゲゲの鬼太郎』を原作とした松竹系の特撮ホラー映画。2007年4月28日公開。監督本木克英
 もともと『鬼太郎』は1987年に『ゲゲゲの鬼太郎 魔笛エロイムエッサイム』として映画化されていたのだが、こちらはビデオ限定であり、劇場公開はされていない。ちなみにこっちはアニメ同様に東映が製作している。

 原作となった主なエピソードは「天狐」「妖怪大裁判」「妖怪列車」。

ウエンツ鬼太郎の姿を拝見された御大は、当初「カッコよすぎる」とダメ出しをしたことでウエンツを凹ませたらしい。しかし本編を見て評価を高くした。
 
 また、井上真央が関連するバラエティ番組にて「鬼太郎には両目がある」とコメントしていた(本シリーズの鬼太郎は義眼を使用しているという設定である)。

ちなみに、小説版では天童ユメコも登場している(アニメ3期から時間経過した設定である)。

あらすじ

 鬼太郎の妖怪ポストに、小学生・三浦健太から手紙が届いた。どうも彼の住む団地テーマパーク建設のために立ち退き工事を行われた日から、様々な妖怪が出現したという。
 一方で妖怪の世界でも異変が起きていた。件の工事が行われている団地の近くの稲荷神社から、伝説の「妖怪石」が何者かの手により盗み出されてしまったのだ…。

キャスト






関連動画

特報


予告編


関連項目

千年呪い歌:続編。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲゲゲの鬼太郎(実写映画)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8076

コメント