ピクシブ百科事典

見上げ入道

みあげにゅうどう

見上げ入道とは新潟県に伝承が残る妖怪。
目次[非表示]

概要

主に新潟県に伝承の残る妖怪で、見上げれば見上げるほど大きくなる所謂見越し入道系の妖怪である。

夜中に坂道を登る人間の前に現れ、見上げれば見上げるほど小坊主の姿から巨大な入道の姿に変化し、見上げた人間はあまりの大きさに倒れてしまうとされる。(急な坂なら後ろに倒れた時点で大怪我の可能性があるので傍迷惑どころでは済まされない。)
地域によっては食べ物や金品を奪ったり、押し潰したりするなど人に直接的な危害を加える事も。(なお、後者は誤って谷底に落っこちて人を襲わないと約束する代わりに助けてもらったという…。)

なお、他の妖怪の例に漏れずこの妖怪を退散させる呪文があり、『見上げ入道見越した』というと消えてしまう。ちなみに伝承に登場する人間の中には棒や杖で戦いを挑んで退治したという猛者もいるとか。お前ら人間じゃねぇ!

ゲゲゲの鬼太郎では

見上げ入道
見越:みこし


アニメ全シリーズ皆勤賞で、実写版にも登場しており、鬼太郎のキャラクターで名前は知らなくとも姿は知っている人も多い事だろう。

ちなみに姿(上図左)は鳥山石燕先生の青坊主の姿を借りており、妖怪図鑑や水木しげるロードの像などでは首の長いお坊さんのようなデザイン(同右)で描かれる。
このためか、アニメ5期では青坊主見越し入道はそれぞれ別の妖怪として登場しており、特に青坊主は三つ目の鬼のようなデザインになっている。(人に危害を加えるとされる伝承とは異なる。)

空気を吸ったり吐いたりする事で自在に体の大きさを変える事ができ、戦闘においては口から吐く突風や空気の糸で攻撃し、逆に相手を吸い込んで丸呑みする。最大の攻撃は口から吐く火炎で相手を霊界へと飛ばして消滅させてしまう『霊界流し(霊界送りとも言う)』。6作では「幽霊族は霊界と現世を自在に往来できる」と設定されており、鬼太郎は割りとすぐに戻ってくるが、5作等では幽霊族の御先祖様方とちゃんちゃんこの力が無ければ生還不可能であった。

原作では、例えば「大海獣」でも見られるが、鬼太郎一家の味方である事があるが、同一の個体なのかは不明。

アニメ4作と6作以外では原作同様妖怪学校の校長を勤めており、妖怪の素質がある者を生徒として誘拐していた。子どもを妖怪に変えて手下を増やすのが目的だが、後述のアニメ5作では目的が異なっている。また実写を含め妖怪裁判にて鬼太郎に不利な証言をする役で登場することもある。

また4作と6作では伝承どおりに「見上げ入道見越した」と唱えられると妖力を失うという弱点があり、4作では鬼太郎、6作では犬山まなが唱えることで退治されている。

4作では1話から登場(声:北川米彦)し、自身が封印されていた入道沼を荒らされた事に怒り、工事関係者だけでなく、人間を襲っている光景を目撃していた村上祐子までも吸い込んでいた。また、後に (東映太秦映画村で公開されていたたんたん坊の妖怪城編を含めれば) 幾度か登場し、その際は川津泰彦郷里大輔が声をあてたこともある。

5作(声:大川透)でも妖怪学校の校長だったが、妖怪世界にも少子化の波が押し寄せて生徒が集まらなくなったため、人間や動物の子どもを攫って生徒にしようとしていた。ラストで人間の小学校の授業風景を羨まし気に眺めながら「わしも授業をしたいのう」とボヤく姿で締められたように歴代で唯一悪意のない好々爺じみた性格だが、生徒を妖怪ミキサーでかき回したり、熱湯風呂に放り込もうとしたりと授業内容は超ハード。

6作(声:池水通洋)では2話に登場し、五万人の魂を霊界に送る事で無限の力を手に入れ、その力で日本を君臨しようと企んでいた。金塊を餌にねずみ男を利用してアイドル事務所を買収させ、ライブに集まった人々をアイドルもろとも霊界送りで消し去った(ちなみに最初からねずみ男も霊界送りするつもりだったため、与えた金塊は石ころを妖術で変えたものだった)。

しかし、攻撃はすべて息を使ったものなので、どのシリーズでも鬼太郎のちゃんちゃんこで喉を塞がれて逆転されている。原作では空気の圧力で目玉が飛び出し、5作では目玉の返還と引き換えにさらった子供の解放を要求されて応じたが、4作では立ち塞がった塗り壁含め吹き飛ばそうと目いっぱい息を吸い込んだところを脱出した鬼太郎の髪の毛針で見事風穴を開けられ、6作では直前に猫娘共々吸引するが、喉が破れてそこから脱出される。

その後は肉体を失って魂だけになって彷徨っていたが、名無しの力によって復活。おばけ学校校長になって同じく復活したたんたん坊一味と組んで、妖怪になれるという触れ込みで勉強嫌いな子供たちを集めた。
校長室で、自分の子供が学芸会の主役に選ばれなかったとクレームを付けてきた保護者に「あんたはそうやって子供を自分の思い通りにしたいのか!」「この子の先の人生まで考えるのが親と言う者だろ!」と説教するなど生徒思いな熱血教師ぶりを見せた。
だがそれは全て演技で、子供たちを妖怪を造るための材料にするのが真の目的だった。子供たちが必要な人数分集まったところで本性を現し、子供たちを妖怪ミキサーに放り込んで分解しようとしたが、変装して潜入していた鬼太郎も混じっていたため失敗する。
鬼太郎との再戦では、霊界を行き来できる鬼太郎に秘儀霊界送りを破られた教訓を生かして、霊界に送らず炎の中に閉じ込めたままにするという新たな戦術で鬼太郎を行動不能にした。
だが「見上げ入道見越したり」の呪文だけは克服できず、再び犬山まなに呪文を唱えられて退治された。

余談

  • 6作での倒され方は、原作と4作の中間のような部分がある。
  • 6作では、ねずみ男の立ち小便によって封印が剥がれたが、ねずみ男の尿は対妖怪用の武器にもなるため、あの封印は単に濡らしただけで剥がれるのかどうかは不明。
  • 4期の見上げ入道戦は猫娘だけ活躍がなく(塗り壁達とともに駆け付けたが戦闘には参加せず、儲け話をふいにされて愚痴るねずみ男に折檻しただけ)、逆に6期は猫娘だけが活躍して他のメンバーは駆け付けていない。
  • たんたん坊と連続した出現は、過去のアニメやゲーム等と関連性がある (たんたん坊の記事を参照)
  • 特に関係はないが4作の北川は魔雲天悪魔将軍、郷里はブラックホールアシュラマン、川津はレオパルドン、6作の池水はスーパーフェニックスと何気に担当声優がキン肉マンに出演している。


関連動画



関連タグ

高坊主 高入道 見越し入道 高女 次第高 のびあがり 長面妖女:背が高くなる妖怪たち。

妖怪 単眼 サイクロプス
校長 封印

pixivに投稿された作品 pixivで「見上げ入道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43298

コメント