ピクシブ百科事典

大海獣

だいかいじゅう

大海獣とは、『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する巨大生物の一種。鬼太郎が変化することで有名。
目次[非表示]

本シリーズには珍しくないが、特にこの大海獣に関するエピソードは、それぞれのバージョンで全く異なる話や設定であるのも見物なのかもしれない。

特徴

「ゼオクロノドン」、「鯨神」とも呼ばれる。ゼオクロノドンという呼称が登場したのは4期から(「ゼウグロドン」表記は貸本時代にあったらしい)。というか、ゼオクロノドンと大海獣は全く別の存在の可能性がある(下記参照)。

「クジラの6倍の大きさ」だとされ、劇中での都庁舎との比較からも身長は優に200mを越すと思われる。

古代ので、ヒレの代わりに人間の様な手足のついた頭と胴体が大きな毛深い巨大生物。前身であるゴジラの名前が「ゴリラ+クジラ」という由来だが、こちらは「クジラ+ゴリラ」をイメージ的に体現したような姿である。

ヒゲクジラとくにセミクジラホッキョククジラのような特徴(頭部と尻尾、畝のないずんぐりした姿)を持つ。つまりグジラ型。ヒゲクジラのヒゲが牙になったような歯をしているだけでなき両顎にあり、その意味では初期のヒゲクジラであるマンマロドンなどに近いのかもしない。とくに初期の時代は水木御大の描くヒゲクジラに見られる特徴的な口唇がある(パチンコ版を除く全世代に一応見られる)。尻尾は非常に小さく、遊泳や歩行にはほとんど機能しないと思われる。4期で目が赤いのも実際のセミクジラと共通する(太陽光が当たった時に赤くなる)。目の角度や位置により、猫目に見えたり蛙の怪獣に見える場面もある(海外の蛙怪獣ガジュラは、ほんの少し大海獣に似ている)。第一期は作画の不安定性に、プロポーションがかなり変化していたシーンも(某獣の巨人然)

ただし、4期の映画では海獣化した鬼太郎と元のゼオクロノドンの姿に矛盾が生まれていた。元のゼオクロノドンも骨格はバシロサウルスに非常に近いが尻尾のシルエットは現生のヒゲクジラに近い。これは4期だけの設定であり、ゼオクロノドンの骨格は海獣化した鬼太郎の姿とあきらかに似ていない。しかし、人間にはゼオクロノドンとしっかり的中されていた(DNA調査で判明したのだろうか?)。なので4期限定では「大海獣」の姿は「ゼオクロノドンの血と妖気 or 生命力等を投与されて妖怪変化した鬼太郎「だけの姿」だと考察してもおかしくない。現に「毛」にまつわる特性と能力を体現していたし隻眼だった。歴代にあった、御大特有のクジラ口ではなく、それに近い模様は変身シーンに目の周りにできていた。

『墓場鬼太郎』の復興版(参照)と3期(青黒)、原作と1期(茶または黄土)、4期(緑)、パチンコ版(灰蒼または緑)では姿がそれぞれ若干異なる。虹彩は白またはオレンジまたは赤(3期は薬で狂暴化した時は赤)鳴き声もかなり違う。1期は、変身時に陸上動物のような尻尾が見られ、鬼太郎に戻る際には毛のない部分の尾が見られえる。身体に対するサイズ比も他に比べて大きい。また、山田に注射されて船上で変身が大きさ以外はある程度完了しているのも特徴。(参照)。



  • ご覧の通り、3期にだけ畝のような毛並みがあり、薬で凶暴になった時は牙も爬虫類っぽくなり怪獣っぽい顔つきになる。頭部の形状もどこかナガスクジラ科を思わせる部分がある。また、海獣化の際には手に鋭い爪が生えて居たり、歴代で唯一毛生え光線も未使用であり、元の大海獣もたまたまイライラしていたのか、歴代よりも凶暴っぽく見える。毛色が黒々としているのも歴代唯一で、鬼太郎が変化する時点と変化後で毛のカラーが異なるのも特徴(と言っても、変化前でも毛色が変わっていたが)。

妖怪的な能力

3億年も生存し(実際の新生代とギャップがあるのはご愛嬌)、人間の学者達からも「もはや妖怪の類」とされるほど神秘的で超自然的な生態を持つ。4期では南方妖怪と(ほぼ一方的だが)繋がりがあり、彼等からは神聖な存在として扱われ、目玉おやじや他の一行も南方妖怪の仲間かどうか判断がつかないでいた。妖怪からも神と崇められる偉容と力を持つことは想像できる。

大海獣


その血液を注入された者も大海獣になってしまい、劇中では鬼太郎山田秀一の計らいで海獣化してしまった(貸本時代の『鯨神』では山田秀一本人が変化する)。ただし、上記の通り、4期のみはどうやら状況が異なっているようだ。4期の際の変身シーンはトラウマもの(このシーンのみ、某有名な作画監督が担当していた)。

攻撃能力は怪力と噛みつき、潜行能力、そして有名な育毛ビーム。この毛生え光線に物理的な攻撃力はあるのかどうか、また、オリジナルのゼオクロノドンが使用できるのかは不明だが、照射された戦車が変形していた。また、大きく吠えると咥内が光り光の粒子が見えることも。

また、鬼太郎ゆずりの生命力はあるだろうが、それでも至近距離での核爆発を耐えながら口の中に人間を匿って無傷で済ませる(つまり、口の中で人間が死なないように微動だにせずに踏ん張っていた)防御力と筋力もある。

その他、4期では子孫のシロナガスクジラ達が鬼太郎を守っていたが、これは鬼太郎が本来持つ動物との交友能力が作用したのかは不明(鬼太郎いわく鯨達が祖先を助けにきた)。なぜなら、上記の通り、ゼオクロノドンの骨格と大海獣の姿にギャップがあるからであり、鯨たちが見た目だけではご先祖様と判断できるかどうか疑問だからである。動物や自然と繋がるという意味では、ゴジラではなくガメラモスラガッパetc.寄りなのかもしれない。

ロボット大海獣(ラジコン大海獣、鉄の大海獣)との対決がアニメで実現したのは第1期のみ。この時のロボット大海獣は、目に虹彩がなく、頭の形状は大海獣共々、原作からけっこう違っていた。また、大海獣とロボット海獣は、原作でも初版とそれ以降だけでなく、書き下ろした毎にけっこう姿に差がある。

余談

  • 三条氏は鉄の大海獣を5期に登場させる気でいたがそれが叶わなかったので、大海獣も5期に登場できなかったと考えても不思議ではないだろうか。


  • 5期の映画の夜刀神の声の一部は、4期の大海獣の声に似ているが、再利用しているのかは不明。
  • 実物が写真に収められたことがある
  • ゼオクロノドンとバシロサウルスの現在名であるゼウグロドンを混同しないように。ただし、公式はやらかしている(御大の貸本での表記に合わせた可能性もあるが)。
  • 原作と1期では、鬼太郎が直に浴びた大量の放射能は汗と一緒に流したらしい。
  • 4期では化け鯨も味方だった事から厳密には違うが4期では超巨大なクジラ型の妖怪が2体も仲間サイドにいたことになる(化け鯨も数百m級の大きさ)。
  • 映画『クローバーフィールド』の怪獣は公開以前はグジラ型だったと噂され、「実写版大海獣か!?」と騒いだ人もいたとかいなかったとか。
  • 貸本時代の今の原型(「鯨神」)ができる以前は「怪獣ラバン」という名で、なんと正真正銘ゴジラの血を投与された人間がゴジラそのものになっていくというものだった。核爆発と放射能の下りが関係があるかは不明。
  • 大海獣は、ゴジラの由来である「ゴリラ+クジラ」を「クジラ+ゴリラ」にしたような姿である。ただし、核には逆に弱い(ゴジラが核爆発に強いという設定もないが)。
  • 「ロボット大海獣」はメカニコングよりも先に出た初の巨大怪獣型ロボットである。モデルの生物と戦うのは、後のメカニコングやメカゴジラなどにも見られる。見た目は大海獣よりも元ネタに近い。ちなみに、『ラバン』時代のそれはオリジナルのそれとも全く似ておらず、アヒルのような顔をしていた(参照)。
    • どちらにしろ、国産ロボットとしては火器こそ無いものの、かなり巨大な部類の代物であり、こんな物を一人でごく僅かの日数で建ててしまう山田の方が妖怪じみている。また、首相などもロボットが完成してから初めて全容を知ったような素振りをしていた(実際は不明)。
    • シン・ゴジラが大海獣に似ているという声もちらほらとある(おかげでこんな企画も)。
    『大怪獣』、『ラジコン大怪獣』などいくつかのタイトルがある(つまり、後者は敵キャラの名前が主題であった)。
  • 貸本時代の「ないしょの話」に収録されていた『鯨神』では、鯨の肉を食べていた者が次第に鯨の化け物と化していくという後の牛鬼などの構図に近い話であった。
  • 海獣化した鬼太郎を洋上で処分する際に使われた護衛艦は、「うらなみ」の可能性があるらしい
  • インドの大怪獣「ゴゴラ」が、ロボット海獣に似ているとの声も

関連動画




(某有名アニメ人が担当したシーン)

関連タグ

鬼太郎 南方妖怪 山田秀一
クジラ
巨大生物 古代生物 海獣 怪獣 ホエリアン
ゴジラ メカニコング
グジラ封印されしもの・モジャギー(イザナギオンライン)- 似ているという声が(一番最後はともかく、前二者は大海獣が元ネタの可能性も否定できない)
ドラゴノザウルス - 「大海獣」と言われたらこっちを思い浮かべる人も。
大怪獣ゲハラ 見た目つながり。

pixivに投稿された作品 pixivで「大海獣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6055

コメント