ピクシブ百科事典

ドラゴノザウルス

どらごのざうるす

劇場版「グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦!大海獣」に登場した怪獣。

データー

別名:古代生物
全長:550メートル
体重:40万トン


古代より生き残っていた生物が、石油等の海洋汚染により突然変異を起こして怪獣となったもの。顔のあるクラゲの様な体と、蛇みたいな顔のある触手が特徴の外見をしている。
陸海空全てで活動可能な他、巨体を活かしたパワー衝撃波は非常に強力である。

特筆すべきはその生命力であり、グレートマジンガーサンダーブレークゲッタードラゴンゲッタービームを喰らってもびくともしない防御力を有する。触手部分はグレンダイザーのメルトシャワーで融かされたり、ダブルハーケンで切断されてもあっという間に再生する。また、体が柔らかい為かミサイル系の武器はめり込んだまま爆発しないので一切通用しない。

好物は石油で、胃袋の中には重油がつまっている。この胃袋は強力な胃酸を含んでおり、ボスボロットを溶かしてしまった(ただし超合金Zには通用しない)。図らずもボスボロットの救助の為に、このウイークポイントの存在が露見。
腹部にファイナルダイナミックスペシャル(ただし、命名自体は三十年近く待たねばならない)を喰らい、爆発の威力を高めるためのガスタンクを投げ入れられた後ダブルハーケンやダブルカッターで腹を割かれ、そこにゲッタードラゴンのシャインスパークを受けた事で内部の重油やガスタンクに引火して誘爆。内側から木っ端微塵となった。

グレートマジンガーゲッターロボGグレンダイザーダブルスペイザー、おまけにボスボロットダイアナンAビューナスAというダイナミックプロのスーパーロボット軍団を、たった一体で相手取った何気に凄い偉業を成し遂げた存在である(もしかしたらマジンカイザー真ゲッターロボより強いかもしれない)。

スーパーロボット大戦的には「ファイナルダイナミックスペシャル」誕生のきっかけになった存在でもある。

関連タグ

東映まんがまつり スーパーロボット大戦 ファイナルダイナミックスペシャル

アイランダザ☆ウルトラマンに登場したドラゴノザウルスそっくりのウルトラ怪獣で、ドラゴノザウルスの十分の一程度の小型の個体がウルトラマンジョーニアスと交戦した他、「島を背負う」形で眠っていたドラゴノザウルスの1,5倍程度の超大型の個体が登場。後者は目覚めれば島を崩壊させる恐れがあるため、麻酔弾で眠らせ続けるしかなかった規格外の存在。

関連記事

親記事

永井豪 ながいごう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴノザウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1361

コメント