ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ダイアナンA

だいあなんえーす

ダイアナンAとは、『マジンガーZ』に登場する架空の巨大ロボットである。
目次 [非表示]

概要

身長16m
重量18t
胸囲10m
走行速度200㎞/h
ジャンプ力15m
握力120t
出力25万馬力→35万馬力(グレート登場時)

弓弦之助博士が開発した、アフロダイAの後継機。

妖機械獣ハルピアπ7にアフロダイAを破壊された、弓さやかの新たな搭乗機体となった。

元々はジャパニウム採掘作業用の非戦闘用機だったアフロダイAとは異なり、最初から機械獣との戦闘を想定して開発された、純粋な戦闘用ロボット。

装甲にはマジンガーZ同様に超合金Zを採用、パワーはアフロダイAを上回り、武装も増やされているなど、戦闘力は(一応)かなり向上している。ただし、装甲はZよりかなり薄いらしく、頻繁に大損害を被っていた。


スカーレットモビル

スカーレットモビル

操縦ユニットは特殊バイク『スカーレットモビル』であり、これが頭部にドッキングすることで起動・操縦可能になる。この点はマジンガーAのパイルダーと同様だが、スカーレットモビルはバイクであり空が飛べない。そのため、ドッキングの際には『オーロラ光線』と呼ばれるレール状に延びたビームをダイアナンの頭部から発射。その上を通って頭部まで向かう。

オーロラ光線は、通常後頭部から伸びるが、前方にも伸ばす事は可能。

頭部の形状も、マジンガーZやミネルバXと酷似した形状になっている


ダイアナンAに関しての問題点だが…

しかし、このスカーレットモビル、ドッキングした後にコクピット化しても隙間が大きく残り密閉状態となることはなく、更に姿勢もバイクに跨ったままという不安定な状態である。下手をすれば衝撃で、パイロットが外に投げ出される恐れすらありそうな構造になっている。

そのため、ファンの間では「危険性はボスボロット以上」「の日は地獄」などと言われ、『スーパーロボット大戦α』でもボス当人にネタにされている。

ただし、これはもともとマジンガーZの没デザインであるエネルガーZの設定およびデザインをほぼそのまま流用したものであり、流用元も頭に突っ込んだバイクのむき出しの操縦席で操縦するというものになっている。


武装

主な武装は胸部から発射される光子力ミサイル『ダイアナンミサイル(おっぱいミサイル)』、スカーレットモビルのライト部分から照射されるレーザー『スカーレットビーム』。

ダイアナンミサイルは、後期のアフロダイA同様に連発機能が備わっている。また、ビームはスカーレットモビル単体でも発射が可能。


その他

先述の通りに戦闘用に造られたため、かませ犬的役回りばかりだったさやかの面目躍如・・・となるかと思われた。

しかし、登場した時期は機械獣も強化型の妖機械獣などの改良型に入れ替わっていたため、初登場初戦から苦戦させられるなど、不遇な扱いが以前と変わることはなかった。しかも、早々に片足を喪失していたりする。


その後も『グレートマジンガー』でも登場しており、最終回では総攻撃を加え無敵要塞デモニカの撃滅に貢献し、『決戦!大海獣』ではZをさしおいてグレンダイザーとも共闘した。


なお、作品そのものの知名度の低さであまり知られていないが、スーパーロボット大戦(小説)ではビューナススクランダーを流用した、専用スクランダーが与えられている

劇中にて新造・開発されたもので、これにより飛行能力も付与された。しかし、コックピット構造は変えられていないため、吹きさらしの状態で飛行している事になる。


マジンガーエンジェル

野中博士率いる「マジンガーエンジェル(MA)計画(プロジェクト)」によるMAシリーズ2号機として登場。全高16m、重量18t、超合金Zもしくは超合金ニューZ製。駆動エネルギーは光子力エネルギー。パイロットは原典の弓さやかではなく牧葉ひかるとなっている。

胸部装備用拡張ユニット「O.P.M」システムを搭載、主要O.P.Mはスクリュークラッシャーミサイルやリキッドシューターだが、パイロットのひかるが学者肌・研究者気質であり開発に関与している為、新開発の武装を多用する傾向がある。また、固定武装としてスカーレットビームを搭載する。


ダイアナンA マリンブルーマーメイド

水中活動を得意とするドラゴノザウルスなどを倒すために改装されたダイアナンA。密閉式コクピットを持つマリンブルーモービルという小型潜水艦を操縦ユニットに換装しており、脚部に補助推進装置とフィンを持つ。エクシードスピアに三叉の先端を装備し、トライデントミサイルとして発射が可能。


ロボットガールズZ

センシティブな作品

CV:大坪由佳

光子力研究所内に勤務するサポートドロイド「ダイアナさん」として登場。搭載機能は大容量記憶装置。慎重すぎる面があるが本来は熱くなりやすいタイプでロボットなのに過去に暴走族にいた事もある。口癖は「人間もロボットもいろいろありますよ。」。現時点では「ONLINE」のみの登場。


その他

バイオレンスジャック『鉄の城』編では、人間化したロボットが登場。マジンガーZが黒人の盲目の空手家ジム・マジンガとして登場したほか、ダイアナンAも、黒人の女性空手家『ダイアナ』として登場。白人女性の空手家アフロディテ(アフロダイA)とともに、ジムを探しに来日する。

アフロディテ同様に、逞しい体つきを有し、機械道空手の達人。


余談

アフロダイAに比べ、後年のリメイク作品やスピンオフなどでは、登場が少ない

漫画版では、さやかはアフロダイAを失った後に、ビューナスAに乗り換えをしている。この点を踏襲する作品も多いため、さやかが乗り換えをしたところで、ダイアナンAの登場する機会そのものが少なくなっている。



関連項目

マジンガーZ 弓さやか スーパーロボット かませ犬

アフロダイA ビューナスA


欠陥 どうしてこうなった


シン・ユニバースロボ操縦方法がほぼ同じ。まあ、こちらのパイロットは振り落とされたくらいなら、たぶん大丈夫だ。

関連記事

親記事

弓さやか ゆみさやか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99333

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました