ピクシブ百科事典

機械獣

きかいじゅう

『マジンガーZ』に登場する敵ロボットの総称
目次[非表示]

概要

マジンガーZ』に登場するDr.ヘル一味=「地下帝国」が運用するロボット兵器

もともとは次回作『グレートマジンガー』の悪役「ミケーネ帝国」が作ったロボット兵器(戦闘獣用のボディ、もしくはその原型)で、『マジンガーZ』でヘル一味が運用する機械獣は帝国の遺跡から出土したメカを現代の技術で修復・改修したもの、あるいは発掘調査を通して得た技術をもとにヘルが新造したものが大半を占める。

原子力エネルギーで稼働し、スーパー鋼鉄という特殊合金で造られた装甲は自衛隊の戦車砲程度ではびくともしない。
基本的にはDr.ヘルやあしゅら男爵が持つ「バードスの杖」でコントロールされるが、電子頭脳を搭載しているため、場面によっては自らの判断で行動することもある。
ブロッケン伯爵ピグマン子爵はバードスの杖を持っている描写はなかったが、おそらく同等のコントロール手段を用いていると思われる。

『マジンガーZ』という作品が「研究所を守る」という話の大筋はそのままに92話も放送し続けられたのは偏に機械獣のバリエーションの豊富さ故である。機械獣のバリエーションが豊富だからこそ話の幅も広がり、鉄の城たるマジンガーZ自身も試行錯誤を重ねて様々な技や戦術を繰り出すことができたのである。

スーパーロボット大戦でもザコ敵としておなじみの、ガラダK7ダブラスM2や、金髪美女の姿をしたガミアQなどが有名。

なお、スパロボ(におけるバランス調整)の影響で勘違いされがちだが、本来は獣のごとき高い運動性を誇り、ゆえに「機械の獣=機械獣」と弓教授に名付けられたのである。
また、かつてはスパロボにマジンガーZが参戦する際にはグレートマジンガーグレンダイザーも一緒に参戦していることが多く、機械獣が戦闘獣円盤獣の前座として扱われることも珍しくなかったのだが、『第2次スーパーロボット大戦Z』以降は『真マジンガー』や『マジンガーZ/INFINITY』などの機械獣が主要な敵として扱われる作品の参戦機会が増えたためか、性能面でも大幅に強化されてボスの立場に置かれる場面も見られるようになった。


一覧

TVアニメ

太字は漫画版にも登場した機体
ガラダK7 ダブラスM2 グロマゼンR9 ガイアQ5 キングダンX10
ザイラD3 ダンチェルG8 オゾネスB3 アブドラU6 デイモスF3
ダイアンN4 ブライトンJ2 バイコングO9 ゴロンゴS2 スパルタンK5
チグルE7 ゴリアスW3 バルカンP5 ホルゾンV3 グロッサムX2
デビラーX1 ストロンガーT5 ワインダーA1 バランガM2 ダムダムL2
ジンライS1 エアロスB1 エアロスB2 エアロスB3 ダイマーU5
ベルガスV5 ホーガスD5 グレンゴーストC3 ブルタスM3 
メガロンP1 メガロンP2 メガロンP3 ゲルベロスJ3 バラスK9
ジェノサイダーF9 デスマA1 グラナダE3 ロクロンQ9 
アーチェリアンJ5 ザリガンG8 グレイダーF3 カーマK5 デルタンV8
ジャイローンJ1 ロッドR2 バジルF7 ブラザスS1 ブラザスS2
マンドラM3 バズラーQ5 カジモフT7 ガンビーナM5 ブリーバーA3
ダガンG3 バズソンM1 ダブルフェイザーV1 ジェイサーJ1
ブローグンG3 サタングロースP10 ユーバリンT9 バルモスQ7
ジャイアンF3 タイターンG9 デスクロスV7 リバーF9
ラインX1 ナイターンO3 ファンガスB3 デビルチーフA7 マリオンP3
ジェノバM9 モントスQ3 スケルトンO7 ブラスターA7 ジェットファイヤーP1
ブラッキーF2 トリプルL5 キケロスN9 レイヤスD5 ボーネストS9
グローリーR2 ハーケンシュミットX9 クラバスP9 ハリビューンV6 サイガO3

マジンガーZ対デビルマン

バイアンS2 ザウルスF1 ヘッドホークM3 バルバドスF7 トロスD7
スカラルドB7 ゴーストアームV10 デモンガーJ5 ブラッガーS1
マンテスK9 ブリマスW5 マグダスJ3 バリアスB5 エルキネスK2(見た目はバジンB9とそっくり)
ダンキマスC2

コミカライズ版オリジナル

これらの多くはマジンカイザー真マジンガーにてアニメデビューを果たしている。
ドグラ・マグラドグラS1マグラF2) 偽マジンガー バジンB9
バマラスY1 ゴーストファイアーV9 バルガスV5 クロコダイバーO1
グロゴスG5 バードンB7 ウーラァP9 ゴウキューンU5
ドナウα1 機械獣あしゅら男爵 ガミアQ(正確にはアンドロイド

桜多吾作版

ガリガーM1
その他、名称不明の機械獣が多数登場。

真マジンガー』に登場(一部は設定画から書き起こされた)

なおグロイザーX10は、同じダイナミックプロが原作の『グロイザーX』のパロディである。
グロイザーX10 ノナカーゴH2 ガルダC3 バルガM4 バズカーンA5
ギログロスA4 パラボランティスC8 ボムキャットT3 リザドスE5
シュバーンJ6 キグロス ブロッケンV2シュナイダー

マジンガーZ/INFINITY』に登場

地獄大元帥 アシュラーP1 ブロッケーンT9
ガラダK7 ダブラスM2 ダムダムL2 ジェノサイダーF9 ジェイサーJ1 
ジャイアンF3 タイターンG9 デスクロスV9
※その他、複数のパーツを組み合わせてバリエーションを増やしたオリジナルの機械獣が複数体登場。

関連キャラ

戦闘獣

戦闘獣ダンテ
CBグラトニオス


機械獣の原型となった存在で、巨大なロボットのボディにミケーネ人の脳を組み込んだサイボーグ兵士。詳細はリンク先参照。

妖機械獣

CBアポロンΑ(アルファ)1
CBポセスΟ(オミクロン)Ⅱ


ゴーゴン大公がDr.ヘルに与えた純ミケーネ製の機械獣。Dr.ヘルの機械獣を遥かに上回る戦闘力を誇り、実質的に「ミケーネ人の脳が組み込まれていない戦闘獣」といっても過言ではない。
これらは上のリストからは除外させていただいた。

円盤獣ベガ獣

CBフイフイ
SD ベガ獣 グラグラ


グレンダイザーと敵対するベガ星連合軍の主力兵器。ベガ星の科学力で生み出された存在なので機械獣とは無関係だが作中での立ち位置はほぼ同等。詳細はリンク先参照。

合体機械獣ガラダブラMK01

CBガラダブラMK01


ガラダK7とダブラスM2などをベースに優れた部分を合体させた機械獣。初出は石川賢が書いたマジンガーZの読切漫画『ミケーネ恐怖の遺産』。
OVA『マジンカイザー』に登場したガラダブラは、他の機械獣の支援があった事を差し引いても戦闘獣すら瞬殺レベルのマジンカイザーやグレートマジンガー相手にいい勝負をしてみせた。
『真マジンガー 衝撃! Z編』では、ガラダK7とダブラスM2の本来の姿「勇者ガラダブラ」として過去の世界に登場。つまり、分類としては戦闘獣に該当する。

地獄王ゴードン

あしゅら&地獄王


漫画版『マジンガーZ』のラストで登場したDr.ヘルの切り札。Dr.ヘル自身が操縦する。3km近い巨体を誇り、その身体に見合った大剣を振り回す。最期はマジンガーZの決死の自爆によってDr.ヘルもろとも爆散する。
OVA『マジンカイザー』ではあしゅら男爵の頭脳を移植していた。マジンカイザーのファイヤーブラスターすら完璧に防ぐ防御力と、巨体から繰り出す圧倒的パワーでカイザーを敗北寸前まで追い詰めた。
『真マジンガー衝撃!z編』ではマジンガーやゼウスに近いデザインになっているが、こちらはミケーネの神々に対抗するために光子力エネルギーを使うという目的があった。

あしゅらマジンガー

あしゅらマジンガー


OVA『マジンカイザー』に登場。
機械獣が強奪したマジンガーZを改造したもの。

エネルガーZ

エネルガーZ


真マジンガーに登場したマジンガーZのプロトタイプ。

機械獣ガールズ


ロボットガールズZに登場した少女の姿をした機械獣。詳細はリンク先参照。


関連項目

マジンガーZ 地下帝国 悪役
機動兵器 無人兵器 ロボット怪獣

関連記事

親記事

地下帝国 ちかていこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「機械獣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107292

コメント