ピクシブ百科事典

ゲルベロスJ3

げるべろすじぇいすりー

ゲルべロスJ3とは、「マジンガーZ」に登場した機械獣の一体。 「ケルベロス」ではなく「ゲルべロス」であることに注意。
目次[非表示]

概要

第32話「恐怖の三つ首機械獣」に登場した、空飛ぶ機械獣。名前からすると妖機械獣っぽいが機械獣である。
三つの首を持ち、緑の左首から溶解液、赤の中央首から熱線、紫の右首から超音波を、それぞれ発射する。また、背中の噴射口からのジェット噴射で飛行できる。
その多彩な武器と飛行能力を用いてマジンガーZを翻弄し、一度はZを行動不能にさせる事に成功した。

名前からして、三つ首の地獄の猟犬「ケルベロス」が元ネタと思われるが、複数ある首は長く伸び、くねくねと動く事から、多頭蛇「ヒドラ(またはハイドラ)」にも似ている。

原案デザインは石川賢
胴体はかなり大型で重厚な体格をしており、三本首に合わせて足も三本になっていた。
また、三本首の先端に付いている頭部も三種類で、全く異なる顔つきに(右首は人面、中首は決定稿と同じく蛇を思わせ、左首は怪物然としたもの)。
東映側にリライトされた決定稿では、足は真ん中を削除され二本足に。飛行能力を持つためか、全体的にシャープなフォルムにアレンジを施された。
また、三本首の頭部は、中央首の蛇に似た顔はそのままで、左右の首は同一の「骸骨に若干似た顔」に統一された。

劇中での活躍

出撃したゲルべロスJ3は、その武装と飛行能力でZを翻弄。深追いした兜甲児は、ブレストファイヤーを放って倒そうとするも躱され、Zをオーバーヒートさせてしまう。
しかし、Dr.ヘルの命令を無視したあしゅら男爵は、そのままゲルべロスJ3に光子力研究所を襲撃させるが、光子力研究所のスーパーバリアによって中破し、退却する。
甲児はなんとかゲルべロスJ3への対抗策を考え、シローの飛行機の模型を見てアイデアを思いつく。
気象観測用ロケットを、アフロダイAに装備させる甲児。しかしその最中にゲルべロスJ3が再び光子力研究所へ襲来する。ゲルべロスJ3は、今度は分解光線でスーパーバリアを無力化してしまう。
しかし、Zとともに飛び出した甲児は、勢いが付いた時点でアフロダイAにロケットを発射させ、そのおっぱいミサイルにしがみついて空を飛ぶ。
ゲルべロスJ3に追いつき、そのまま相手もろとも地面に叩き付けるマジンガーZ。地上でミサイルパンチと光子力ビームとで、止めを差すのだった。

余談

このエピソードでマジンガーZの対空能力が浮き彫りとなり、次週のジェットスクランダー実装に繋がる事となる。
なお、おっぱい鷲摑み飛行に関しては『空想科学読本13』において、「マジンガーZは20tと非常に軽く、時速500㎞の走行速度も加えれば十分に可能」という結果が出た。

関連項目

キングギドラ ファイヤードラコ:三本首で、光線を放つところが共通する。
ディラノス :原案時の三本足繋がり。
ダブラスM2 ロクロンQ9 :複数の頭部を持つ機械獣繋がり。

関連記事

親記事

機械獣 きかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲルベロスJ3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9

コメント