ピクシブ百科事典

ロクロンQ9

ろくろんきゅーないん

ロクロンQ9とは、「マジンガーZ」に登場した機械獣の一体。
目次[非表示]

概要

第37話「闇からの使者スクランダー必殺」に登場した機械獣。
五つの首を持ち、背部のロケット推進装置を用いて飛行できる。胸部にはロケットランチャーが内蔵されているが、発射口が上向きなので、飛行中にしか使用できない。
その五つの首は、ダブラスM2ゲルベロスJ3のように長く伸びており、分離して行動することが可能。
また、特殊な電磁波を発生させる機能を有し、電磁波を用いる事で本体及びそれぞれの首を、透明化させる事が可能。

原案デザインは、石川賢。
原案時からデザインラインは決定稿とほぼ同じ。五つある頭部はやつれた人間の顔に似ていたが、決定稿ではよりごつく、いかつい顔になった。
全高23m、重量210t。

劇中の活躍

あしゅらの鉄仮面の一人が、スミス博士に変装し、光子力研究所にやってきた。彼はスクランダーに爆弾を仕掛ける任務を帯びていた。
しかし、警備が厳しいため、あしゅらはロクロンQ9を出撃させた。その透明化能力を用いて、釣りに出かけていたボス、そしてさやかを拉致する。
天地が原にZで向かう甲児。その隙にスクランダーにプロトン爆弾が仕掛けられる。が、その際に警備員がスミス博士が鉄仮面の変装だという事を見破る。
レーダーにも映らず、飛行するロクロンQ9に苦戦するマジンガーZ。光子力ビームでダメージを与えるが、ロクロンQ9は空中から爆撃する。
甲児はスクランダーを呼ぶが、プロトン爆弾が仕掛けられていた。弓教授はスミス博士に撃たれるも、警備員と協力し射殺。スクランダーを呼び戻し爆弾を取り外す。
再びスクランダーは発進し、マジンガーZとスクランダークロス。
ロクロンQ9は光子力ビームとジェットスクランダーで、破壊されるのだった。

余談

 その名前から、モチーフは妖怪の「ろくろ首」と思われる。
 放送当時、ソフビ人形やジャンボマシンダーなどで商品化され、近年にもメディコムトイなどからソフビが商品化・発売されているが、首の数が劇中の五本から三本に減らされている。

関連項目

ダブラスM2 ゲルベロスJ3 :複数の首を持つ機械獣。

関連記事

親記事

機械獣 きかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロクロンQ9」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2

コメント