ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

シリーズ初の水中戦用機械獣。

テレビ版と漫画版の両方に登場しており、テレビ版では第18話「海のギャング 海賊グロッサム」に登場する。

全高22m、重量200t(TV版資料より)。


漫画版で、「お前は水中でしか暴れられぬ」「そのかわり、水中でのお前の活躍はすばらしい」と、あしゅら男爵が言う通り、陸上での行動こそ出来ないものの、水中では圧倒的な能力を誇り、テレビ版ではマジンガーZを一度は退けている。

OVA「マジンカイザー」では、水陸両用になったのか、普通に陸を走っている。


主な武装は頭部のハサミと魚雷だが、媒体によってデザインや装備の配置などが異なっている。

テレビ版(下画像)漫画版(メイン画像)
腕部の形状人間のような五本指を備えた腕魚雷発射管を内蔵したヒレ型
魚雷発射管の位置腹部腕部
水流ジェットの位置足の裏尾の先
魚雷とハサミ以外の武装なし胸部から超高熱ビームを照射

その最期もまるで違っており、テレビ版ではマジンガーZに向けて放った誘導魚雷を逆用される形で自滅し、漫画版ではブレストファイヤーと超高熱ビームによる熱線勝負の末に耐熱性の差で競り負けている。

水中戦!

なお、OVA「マジンカイザー」ではテレビ版、「真マジンガー」では漫画版に準拠したデザインで登場している(ちなみに「マジンカイザー」では劇中最初にマジンガーZのロケットパンチの犠牲となった機械獣である)。

また、「激マン!」に登場した際には、数倍の大きさで、漫画版をより異形にしたようなデザインにされている。


ちなみにテレビ版第72話におけるDr.ヘルの回想によれば、テレビ版のグロッサムはバードス島で発掘、修復されたミケーネ帝国製の機械獣で、ヘルが新造したものではない。ゴロンゴS2バルカンP5デビラーX1等も同様。


元祖水中戦用機械獣ということもあってか、スーパーロボット大戦シリーズの出演回数が多く、ガラダK7ダブラスM2に次ぐ機械獣の代表格となっている。


デザイン原案は、桜多吾作

腕の形状はTV版の五指のマニピュレーターの腕を有するタイプで、頭部のハサミも既にこの時点で描かれていた。線を整えられ清書され、原案とほぼ同じデザインのまま決定稿に。

ただし、胸部の魚雷発射機構は、設定時に東映側から加えられた。

ロボットガールズZでは編集

もちろん登場。性格はギャング海賊と言うよりヤンキー、って言うかレディースそのもの。

頭のハサミを使った突撃の他、海中を旋回することで渦潮を起こせる。

アニメ版ではホームたる水中でチームZを翻弄していたが、悲しいかなオンラインゲーム版には水中などというマップ自体がない

声優は同じ東映作品のドキドキ!プリキュア剣崎真琴を演じた宮本佳那子。宮本氏が体調不良で降板後はキラキラ☆プリキュアアラモード立神あおいを演じる村中知が後任となった。

センシティブな作品

関連項目編集

マジンガーZ 地下帝国 機械獣


ホルゾンV3←グロッサムX2→デビラーX1…たぶん偶然だが、数字がカウントダウンになっている。また、同じアルファベットが続くのは、全92話を通してここだけ。

関連記事

親記事

機械獣 きかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3979

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました