ピクシブ百科事典

宝蔵院胤舜(Fate)

ほうぞういんいんしゅん

『Fate/Grand Order』に登場するサーヴァント。
目次[非表示]

酒は不要。薙ぎが濁る。肉は不要。突きが鈍る。

プロフィール


真名宝蔵院胤舜
クラスランサー
身長177cm
体重79kg
属性中立・中庸
出典史実
地域日本
好きなもの
嫌いなもの無益な殺生
ILLUST松竜
CV浪川大輔


概説

Fate/Grand Order」に登場するランサーサーヴァント。レアリティは☆3。
メインシナリオでは、1.5部の亜種特異点Ⅲ『屍山血河舞台下総国』で登場。

人物

突けば槍 薙げば薙刀 引けば鎌
とにもかくにも外れあらまし───
音に聞こえし宝蔵院十文字槍。
宝蔵院胤舜は宝蔵院槍術二代目であり、
その技、神仏に達すると謳われた男である。

一介の僧として禁欲を重んじ、無用な暴力を嫌う仁徳者。
……とは別に、一人の武人としてまた男として、爽快たることを好しとし、美人を愛でる心を持つ快男児。
仏道と武道への姿勢は真摯そのものだが、それはさておき面倒見がよく気風の良い兄貴肌でもある。


真名

宝蔵院胤舜、俗名満田源之助。宝蔵院の継承者として、宝蔵院流槍術開祖胤栄に槍術や僧としての教えを受ける。しかし胤栄は槍を捨て、「私に仕える者が槍術を学ぶは、本意ではない」「私に仕えるならば、槍を捨てるべきである」と後継の胤舜にそう伝い、八十七歳で入寂した。

しかし、彼は槍を捨てなかった。「宝蔵院たる者、仏の道と槍の道双方を歩むべし───」と、宝蔵院流槍術を復興させた。

その槍の冴えは、本編中に宮本武蔵さえ感動のあまり「涙ぐんだ」と心中で言い放ったほどの清廉さを宿す。

能力


ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香CDADBC

保有スキル
対魔力(D+)魔術に対する耐性。D+クラスなら魔力避けのアミュレット程度の働きになる。
宗和の心得(B)相手に同じ技、同じ剣技を何度使用しても命中精度が下がらない特殊な技能。攻撃が見切られなくなる。
武の求道(B)地位も名誉も富も女も無視して、ただ一心に武を磨いた者たちに付与されるスキルの一つ。宝蔵院胤舜は十文字槍を持つ限り、戦闘能力が向上し、精神攻撃に対する耐性をある程度獲得する。
先の先(B+)詳細不明。相手の動く先を見極め先手を打つ事であり、後の先、対の先などもある。ボクシングで例えるならば、相手のパンチに対して、それを躱して叩くのが後の先、パンチを出そうとしたとき既に叩いているのが先の先である。

宝具

朧裏月十一式(おぼろうらづきじゅういちしき)

  • ランク:C
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~5
  • 最大補足:1人

これぞ槍の究極。生涯無敗を確立させた十一の式、朧裏月――いざ参る!!

自身の攻撃力をアップ](3ターン)&自身のスター発生率を大アップ(3ターン)〈オーバーチャージで効果量アップ〉&自身のクリティカル威力を大アップ(3ターン)&自身に即死無効状態を付与(1ターン)&自身に回避状態を付与(1回)

宝蔵院胤舜が極めた十文字槍の武芸が昇華した宝具。先代である胤栄が定めた表十五本の技に対し、胤舜が定めた裏十一本技を指す。
「その槍神仏に達す」とまで謳われた胤舜が編み出した技の型であり、あらゆる敵、技への対応を可能にする。
また、この宝具は初見の相手あるいは武器がどれほど奇妙なものであったとしても、初見ゆえの不利を解消することが可能。

ゲーム上での性能

カード構成はランサーでは二人目となるQ3枚構成。自身のATKも星3ランサーでは最も低い為、素の火力は控えめ。代わりに3ヒットするQuickのスター生産力、NP回収率は良好であり、宝具は打ちやすい。
スキルはそれぞれ使い所がはっきりしているので使用タイミングにのみ注意。

……とまぁ、こう書けば☆3相応に思えるが、宝蔵院の槍はここで止まらなかった

スキルは、3ターン必中状態とスター発生アップを付与する「宗和の心得(B)」、1ターンQuick性能と3ターン精神異常耐性をアップさせる「武の求道(B)」、敵に1ターン宝具封印状態と3ターン防御力ダウンを付与する「先の先(B+)」と、間接的な自己強化とサポートにまとまっている。

宝具は上記の通り。
多重の自己強化により、普段は足りない攻撃性を大幅にテコ入れ出来るようになる。
そしてこれこそ宝蔵院流の恐ろしさの根元といえる要素に他ならない。
仮にスターが充分に足りる状況でこの宝具を発動し、宝具からのBraveチェインを発動させると、そこから神仏の域に達した槍からのクリティカル地獄が開幕する
ランサーゆえに足りないスター集中率を概念礼装等で補ってやると、カード配分次第で宝具効果の切れ目までにもう一度NPチャージが完了し、続けざまに神域の槍が唸りを上げる
スキルの強化と噛みあうと、もう止まらない。通常攻撃が必殺の一撃となる。
“スキルでの”宝具封印も使えるという稀有な特性もあるで、敵の必殺の一撃を遅延させることも可能。

誰が言ったかQuickゴリラ
こちらの検証動画(※ニコニコ動画)では、味方からのクリティカルバフと敵への防御デバフがかかった状態とはいえ、1発60,000という宝具級の“通常攻撃”を繰り出している。
やり方次第でほぼ毎ターン宝具解放とかいうわけがわからないことまでやってのける。
……兄貴といい、ローマと言い、ジャガーといい、☆3槍は魔境ですわ(汗)。

回避付与が1回分だけだったり、ガッツ(戦闘不能から1度だけ復帰)付与がないなど、☆3ゆえに足りない部分は多い。だからと言って、これを☆4以上のレアリティにして基礎ステータスやスキルの仕様を底上げしてしまうとえげつない何かになる危険性があるのは、本編をプレイしたマスター諸氏なら否応なく理解してしまうだろう。

周囲からサポートも必要ではあるが、スター運用とNP供給の課題を解消してれやれば、新手のランク詐欺サーヴァントとして活躍する可能性を秘めている。
彼の槍のさらなる高みを見てみたいなら、聖杯転臨も一考に値するだろう。

ちなみに十一式を反映してか3つのスキル及び宝具で発動する効果は合計で11

余談

複雑な事情から、『仮面ライダーゴースト』の登場人物である、山ノ内御成の名前があだ名として使われることがある。
これは同作が「英雄の力を借りて戦う」という、Fateと親和性の高い作劇スタイルを取っていたこと、更にシルエットと外見年齢までもが、御成を連想させるものであったことに由来する。
このため、同作に登場する英雄でパーティーを編成し、主人公に扮してプレイする層の間では、「胤舜を御成枠として使用するのは是か非か」という、とんでもない議論が起こったりもしたとか(なお、眼魔を使用するのが有りという縛りでも彼は槍眼魔のモデルの弟子であるため実際には使用不可能)。
なお当の御成にも、亜種特異点Ⅲ配信直後に、映画最新作への客演が報じられるという、とてつもなくタイムリーなニュースが舞い込んでいる。

関連イラスト

宝蔵院胤舜
FGO】宝蔵院胤舜


いん。
生涯無敗の槍



関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント ランサー(Fate)
武蔵坊弁慶玄奘三蔵:同じ仏教系サーヴァント
槍眼魔:このサーヴァントの師匠をモチーフにしたライダー怪人

三栗あやめ(マギアレコード):亜種特異点Ⅲと同時期に実装されたアザレアの女。胤舜と同様に長柄の武器を所持しており、こちらはチャージゴリラ。

彼の“宿業”(ネタバレ注意)

pixivに投稿された作品 pixivで「宝蔵院胤舜(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129283

コメント