ピクシブ百科事典

柳生宗矩(Fate)

やぎゅうたじまのかみむねのり

『Fate/Grand Order』に登場するセイバーのサーヴァント。
目次[非表示]

島原の折の愚なぞ二度とあり得ぬ。私が来たからにはな。

プロフィール

クラスセイバー
真名柳生但馬守宗矩
身長181cm
体重71kg
出典史実
地域日本
属性秩序・中庸
好きなもの「惶惑の念、我が道に不要也」とのこと
嫌いなもの不要なもの
ILLUST古海鐘一
CV山路和弘

※三代将軍・家光が宗矩を呼ぶ際の愛称は「柳但(りゅうたん)」であったと記録されている。柳生と但馬から一文字ずつを取っての愛称である。

概要

Fate/Grand Order』に登場するセイバーサーヴァント。レアリティは☆4。
「宮本武蔵体験クエスト」冒頭にて彼女を襲撃した人物。
武蔵をして「弱い物いじめ」と言わしめるほどの剣士であり既に剣神に達してるとも言われる。
このクエストでは正体が明かされることは無かったが江戸柳生やオトメ(御留)流などの言葉から、その正体は著書「兵法家伝書」や「活人剣」の思想などで知られる江戸時代の剣豪であり大名「柳生宗矩」であると予想されていた。

1.5部、亜種平行世界『屍山血河舞台下総国』ではサーヴァントではなくその時代を生きた人間。
幕府から怪異討伐の公儀を受け島原の乱を平定した五百余名の部下を引き連れ下総国に参上した。
どうやら武蔵が以前平行世界で出会った宗矩と同一人物らしく、二度と出会わない筈の二人だったが下総で再会。
やはりその剣気は凄まじく眼光のみで主人公が身動きできなくなってしまうほど。
下総国の国の姫を守るべく、部下たちと共に城に常駐しながら武蔵と主人公一行に各地で暴れる英霊剣豪達や魑魅魍魎の討伐を指示する立場となる。

人物

堅物で面白味のない人物。人を解体する術に長けていると評されており、本人もそれを認めている。

父より習ってきた剣術を愉しむと思ったことは一度もなく、合理主義故に剣は所詮殺人の道と思ってきた。新陰流を継ぎ弟子を取り育て、将軍徳川家光に忠義を誓い、江戸柳生を御留流(おとめりゅう)として天下人に伝えながら、そのまま平時の人生を過ごした。

真名

柳生宗矩。江戸柳生最強の剣士の一人。
感情を交えず、氷の理性ですべてを見据える合理性の鬼。
術理とは合理であり、すなわち剣きわまれば、自ずと無駄なくすべてが叶う───。

情熱を口にせず、逸(はや)らず、焦らない。
目的へ到達するための最善、最短の手段を至極冷静に突き詰める。味方となれば頼もしいが、敵となればあまりに恐ろしい、氷にして鋼鉄の男。

柳生石舟斎の子にして柳生十兵衛の父として知られる、剣の天才。
大坂夏の陣(1615年)では将軍秀忠を守り、武者七名を瞬時に斬り捨てたという。
将軍家光からは死後「剣術無双」と讃えられた。

兵法家にして政治家。諸大名やその子弟に新陰流を指南し、自らの弟子を有力な大名の剣術師範として送り込むなどした。
同時に思想家でもあり、それまで戦闘技術でしかなかった剣術に精神的・社会的側面からもアプローチし、「心法」や「活人剣」、禅僧・沢庵宗彭の定義した「剣禅一致」等の概念を取り入れて論理的に体系化した新たな兵法思想を確立。後世の武術・武道、ひいては武士道という在り方そのものに多大なる影響を与えた。
肩書こそ兵法指南役ではあったが、家光にとっては私的な相談役としても重用された。繊細でナイーブだった家光に剣術を通して禅や政治を説いて人間的に大きく成長させた功労者であり、宗矩の教育が家光による徳川の支配体制の盤石化の遠因となったという評もある。

先読みに長け、島原の乱の拡大をいち早く見抜いていたとも語られる。
寛永十四年(1637年)、キリシタン宗徒による反乱の報せが届いてすぐの頃、宗矩は追討使の任を受けた板倉内膳正重昌を必死に引き留めようとした。何故と問い掛けた将軍家光に、宗矩は「宗教徒のいくさはすべて大事」「重昌殿は討ち死にするでしょう」と答えたという。

事態は宗矩の読み通りに推移した。一万五千石の大名である重昌では、西国大名を率いるのに不足であり、結果として苦戦を強いられたのである。状況を重く見た将軍家光は重臣・松平信綱を総大将として送り込んだが、重昌はそれを知って焦り、信綱が到着するよりも前にと敵陣へ突撃し、あえなく討ち死にを遂げたのだった。

時代小説や時代劇では稀代の陰謀家とされる。
江戸時代初期、先の太閤検地による所領没収で浪人の身にまで落ちぶれていた柳生家の地位を一代で一万二千五百石の大名にまで押し上げてみせたからには、清廉潔白なだけでは有り得ないと考えられたのだろう。
曰く、各地の大名に自らの息がかかった高弟を指南役として送り込むことで独自の情報網を築き上げ、幕府の汚れ仕事を秘密裏に処理する闇のフィクサーだったのだと。
曰く、柳生の剣を心身鍛錬の思想としてまとめ上げたのは、その後の太平の世では実戦的剣術は無用の物となることをいち早く察知し、天下人に取り入って生き残りを図るためだったのだと。
無論、これらは後世の憶測や俗説、創作に過ぎず、宗矩が陰謀家であったという確たる証拠は無い。だが、宗矩が時代の趨勢を見抜くことに長けた文武両道の傑物であったことだけは確かである。

能力

史上初の敏捷A++保有者
剣術無双の異名に違わぬ高いステータスを誇るが、魔力だけは門外漢だからかEランクとなっている。

による修行でいかなる状況においても常に平常心を保ち、敵との心理的な駆け引きを制する心法も重視した新陰流の達人だけあって、剣の天才であると同時に鋼鉄のメンタルの持ち主でもある。
本格的な参戦となる『屍山血河舞台下総国』で登場した時でも、サーヴァントではない生きた人間の身であったにも関わらず、並の怪異ならば難無く斬り伏せてしまうほどの実力者であった。

ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
BDA++EBB


スキル

対魔力(C)クラススキル。魔術詠唱が二節以下のものを無効化する。大魔術・儀礼呪法など、大掛かりな魔術は防げない。
騎乗(B)クラススキル。乗り物を乗りこなす能力。「乗り物」という概念に対して発揮されるスキルであるため、生物・非生物を問わない。Bランクでは大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、幻想種あるいは魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなすことが出来ない。
新陰流(A++)しんかげりゅう。柳生新陰流の奥義を修めている。幼少から二十四才までの年月、宗矩は父・宗厳(石舟斎)から直接剣を学び、育った。本スキルをAランク以上で有する宗矩は、剣のわざのみならず、精神攻撃への耐性をも有している。参禅を必須とする新陰流の達人は、惑わず、迷わない。
水月(B)詳細不明。新陰流に於いては状況に応じて心が反応し、そのまま身体も応じて動く境地の事を指す。
無刀取り(A)剣聖・上泉信綱が考案し、柳生石舟斎が解明した奥義。たとえ刀を持たずとも、新陰流の達人は武装した相手に勝つという。


宝具

剣術無双・剣禅一如(けんじゅつむそう・けんぜんいちにょ)

  • ランク:A
  • 種別:対人奥義
  • レンジ:0~10
  • 最大捕捉:1人

我が心は不動。しかして自由にあらねばならぬ。即ち是、無念無想の境地なり。
――――『剣術無双・剣禅一如』

不動の心を持ちながら、同時に、自由に在れ───。
沢庵和尚がかつて語った剣の極意は、ついに、柳生宗矩の中で完成を迎えた。
剣は生死の狭間にて大活し、禅は静思黙考のうち大悟へ至る。
無念無想の域から放たれる剣禅一如の一刀は、ただ一撃にて、必殺を為す。

関連イラスト

【FGO⑥】柳生と鶏
竜胆


Japanese SEIZA
やぎうのおじいちゃん



関連タグ

Fate/GrandOrder セイバー(Fate) サーヴァント
武士 剣豪 新陰流 剣術 無双 剣聖


以下、「屍山血河舞台下総国」に関するネタバレ注意!







































我が名は柳生但馬守宗矩。
至高天(エンピレオ)の名を冠する宿業を有した最後の英霊剣豪なり。

貴様だ。武蔵。



そう、過ごす筈だった。
それが大きく狂ったのは、他ならぬ宮本武蔵との出会いであった。

かつて武蔵は鯉口で誘いながらも、相手が剣神に達した剣豪だった為に命のやり取りになってしまうと判断し、「弱い者いじめだ」と喚きながら切り合うことなく別の世界に逃げ出した。
しかし宗矩の方は、本気で殺すつもりで放った技を二度も防ぎ切った武蔵の剣技に魅了され、強い剣豪との命を賭した本気の戦いの愉しさを知ってしまった。もはや家光公への忠義も、天下人のみに見せるべき江戸柳生もどうでもよくなってしまい、そこにいたのは皮を脱ぎ捨てた剣鬼であった。

やがて妖術師と出会い、自分が出会った宮本武蔵が再びこの世界に現われると聞かされた宗矩はただ歓喜し、武蔵の敵になり本気の彼女と戦うためだけに妖術師の配下になり、徳川の世を地獄へ変えるために動くようになった。
そして劇中後半ではセイバー・エンピレオとしての素性を晒し、敵対する。

「また武蔵と戦いたい」。たったそれだけのことのために全てを捨てて悪鬼羅刹と化し、妖術師一味に与して自分たちを騙していた宗矩を、武蔵だけは怒りこそ抱きつつもどうしても責めることはできなかった。
それは自分との出会いが宗矩を変節させた直接の原因であったこと以上に、彼女自身もまた「剣客の業」、即ち、強さの果てを目指して強い者と互いに命を賭けた極限の境地で剣を交えることの愉しさに取り憑かれた一人であり、彼の求めるものをどうしようもなく理解できてしまうからであった。

英霊としてカルデアに召喚された宗矩は、武蔵の腕と在り方を認めている。自らの世界の「宮本武蔵」についてどう思っているかは……今もって不明である。

真名(続き)

生前、宗矩は武蔵の存在を非難したという逸話がある。宗矩は「武蔵は西軍の者」「徳川の敵」という旨の言葉を述べた、と。
生前の宗矩は武蔵と激突する事はなかったし、相手をする事もなかったが、実のところ、気には留めていたのだ───
と本作では定める。故に『英霊剣豪七番勝負』では武蔵との対決にこだわった。彼女が、自らの世界の「宮本武蔵」とは別人だと知りながら。

関連人物

宮本武蔵
自身に眠っていた“鬼”を覚醒させた張本人。
劇中、ある理由から隻眼になるが、その出で立ちは奇しくも息子・三厳に似ていた。

柳生三厳
「十兵衛」の名で知られ、宮本武蔵と並び称される大剣豪であり、剣の道を求めて彷徨う放蕩息子。
三厳が隻眼となったのは宗矩の行き過ぎた修行によるものという伝説があるが、本作では宗矩が微妙にぼかした言い回しで語っているため、詳細は不明(ちなみに史実では三厳が隻眼であったという記録は存在しない)。
しかし、苦笑いしながら「あれは幼い頃より強かった。稽古をつけるのも一苦労であったよ」とも述べており、親子仲はさほど悪くなかった様子。
武蔵との勝負ののちに、「このような心地で剣を振るっていたとはなぁ」と語っており、何故我が子が命を賭した立ち合いに魅了されたかをようやく理解できた。

pixivに投稿された作品 pixivで「柳生宗矩(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 356272

コメント