ピクシブ百科事典

閻魔亭繁盛記

えんまていはんじょうき

『Fate/Grand Order』の2019年の正月イベント。正確な名称は「雀のお宿の活動日誌~閻魔亭繁盛記~」。
目次[非表示]

概要

開催期間:2019年1月1日0:00~1月15日12:59
復刻ライト版:2020年1月4日10:00~1月18日12:59

年末特番でいきなり開催が告知され、年明けと同時に始まったイベント。
寂れた宿「閻魔亭」を立て直してストーリーを進めていく。
参加条件は、第2部「Lostbelt No.3 人智統合真国シン」のクリア。

初回開催時は正月の予定を決めていたプレイヤーたちを大いに慌てさせ、システムの都合上最終シナリオまでクリアできなかった、LB3未クリアのため参加すらできなかったという声もあった。
それを考慮してか、復刻ライト版は前週のリアルイベントにて余裕のある事前告知を行い、慌ただしい三が日が過ぎてからの開催、さらに2020年ニューイヤーPUで実装された楊貴妃と新規概念礼装も特効対象に含めるなど難易度が下げられている。

あらすじ

久々の賑やかな正月を満喫していたマスターに、新年早々の呼び出しがかかる。
管制室で告げられたのは山深い温泉観光地に発生した脅威度ほぼゼロの特異点と、
そこへのレイシフトによる慰安旅行という魅力的な提案だった。
温泉の噂を聞きつけたメンバーと保護者を連れてさっそく旅行へ出発!

……したはいいものの、目の前に広がるのはいたずら者の猿がのさばる雑木林。
道すがら、襲われていた雀のような生き物を助けた一行は、
そのお礼にと温泉宿へと招待される。
一見すると立派なこのお宿、豪華絢爛な外見とは裏腹になにやらワケありのようだが…。

イベントの仕様

クエストで集めた木材(ヒノキ・スギ・ケヤキ)を使って閻魔亭の改築し、ストーリーを進めていく。
改築を行うと「お客様満足度」が貯まり、毎朝10時~翌日の10時までにイベントへログインすると同じ数値が「奉納ポイント」に加わり、それに応じた報酬の獲得及び新たなストーリーの開放が行える。
この性質上、ただフリークエストを回るだけではストーリーが進められず、リアルでの日数経過が必要になる。(最速でも4日必要。)

主な登場キャラクター

閻魔亭の従業員

閻魔亭の若女将。英霊の座にて出張料理教室を開催しており、下記の3騎を始めとするサーヴァントから恐れられている。
色々やらかしてしまったカルデア一行を従業員として雇い、宿の立て直しに奔走する。
その一方で、ここ500年あることに悩まされている。

主人公の付き添いで同行することになったサーヴァント3騎。全員紅閻魔の料理の教え子であるが、その評価は散々たるもの。特に巴は料理以外でも大雑把な面が浮き彫りとなる。

我らが後輩。閻魔亭では仲居として勤務し和装を見せてくれる。LB3攻略直後のため戦闘時はオルテナウス固定。

とうとうイベントに本格参戦した新所長。相変わらず鋭い直感を働かせるものの、今回は同行したサーヴァントに恵まれなかった…。
しかし、彼の性格が今回もプラスな方向に働き…。

こちらは所長の付き添いで同行。ディルムッドは魔猿退治などの戦闘面で腕を奮う。一方のフィンは立て直しを進めるうちに「あること」に気づき、その智慧で事態解決を図る。

当初は客として訪れたが、厨房の人手が足りなくなったため玉藻と同等以上の料理の腕を持つということでスカウトされる。

ある時は警備員、ある時は按摩師として現れる以前どこかで見たような風貌の老人。こちらも本来は客だが、紅閻魔に頼まれ仕事を手伝っている。

宿泊客

古今東西の英霊や神霊たち。「魔性殺し」の逸話を持つ者が一人も来ていないが、その理由は終盤に明らかになる。

主人公一行が勤め始めて最初の客。以前逗留していた剣士の暴挙が記憶に新しい紅閻魔からの印象は悪い。
その在り方ゆえに英霊としての格は低く、本来ならば閻魔亭に来れないはずなのだが、所持していた「ある物」によって導かれており...。

王族コンビ。チェックインして部屋でくつろごうとした途端に魔猿のイタズラの被害に遭い、怒ったアナスタシアが宝石入り泥団子で反撃する事態に。

酒豪サーヴァントたちを率いて宴会場で酒盛りを行い、酔った末に「恋はドラクル」を振り付きで熱唱する。このシーンで登場する新規立ち絵は必見。

中国異聞帯で本性を現したばかりの先輩で、閻魔亭には馴染みの客らしい。エステルームで按摩師に徹底的に解され早々にギャグ要員の仲間入りを果たす。

来訪するなりライブを始め、従業員の雀たちは歓喜するも閻魔亭を壊しかける事態に。

最近カルデアに来た北欧異聞帯の女王を誘い来訪。なぜ彼女のことが気になるのか泊まりながら研究しようとするが、瓜二つの女王に絡まれ、さらに同行していたフェルグスが暴走することに。

その他

ストーリークエストのクリア後に高難易度クエストが出現するのだが、そのタイトルが……

吶喊バトル! 人理で一番強い猿!

どう聞いても万能の願望機くさい七つ珠ことこの上ない。
だからか。
本イベントの専属エネミーが(魔猿)だからなのか。
ついでに前衛の三猿モチーフの魔猿のパッシブスキルに「すっげえオーラ」、クリティカルバフスキル「界猿拳」を使うなど、あからさまに狙ってやっているとしか思えない。
雀を差し置いて猿とはこれ如何に……。

そして2020年の復刻では楊貴妃とのタイマン勝負となる追加クエストが登場したのだが……

秘湯丸ごと大決戦!

やっぱりじゃねえか!!(汗)

関連イラスト

ようこそ閻魔亭
【FGO漫画】「後輩かわいすぎ」


本イベント専用にマシュに専用グラフィックが実装され、多くのマスターが湯だこになった。

閻魔亭繁盛記
「たくさん食べてほしいでち!」




関連タグ

Fate/GrandOrder Fate/GrandOrderのイベント一覧

関連記事

親記事

Fate/GrandOrderのイベント一覧 ふぇいとぐらんどおーだーのいべんといちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「閻魔亭繁盛記」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1714919

コメント