ピクシブ百科事典

虞美人(Fate)

ぐびじん

『Fate/GrandOrder』の登場人物。第2部3章「人智統合真国シン」の核心に迫るネタバレが含まれます。
目次[非表示]

本項目には『Fate/GrandOrder』第2部3章の重大なネタバレを含みます。閲覧注意






















虞美人


滅びの定めにすら見放された我が永遠の慟哭···空よ!雲よ!憐みの涙で!命を呪え!!

プロフィール

真名虞美人
クラスアサシン
性別女性
身長160cm(宝具使用毎に若干変動)
体重49kg(宝具使用毎に若干変動)
出典史記、漢書
地域中国
属性秩序・悪
好きな物物言わぬ命
苦手な物人間
イラストtoi8
CV伊瀬茉莉也


概要

人智統合真国SINの舞台となる中国異聞帯を担当するクリプターこと、芥ヒナコの真の姿。

コヤンスカヤが仕掛けた爆弾により重傷を負った芥ヒナコだったが、コヤンスカヤは「仕留めそこなった」「サーヴァントはほっといて対処した方がいい」と焦る。
その間にヒナコは蘭陵王を捕食、真の姿である「虞美人」へと覚醒した。

『Fate』世界において虞美人は人間ではなく、真祖(吸血鬼)であったとされており、汎人類史の項羽が死亡した後も、恐ろしく長い時を生き続けながら人間への憎悪と不信感を募らせていた。

そんな虞美人に目をつけたのがマリスビリーキリシュタリアの師匠である彼は、もし人間がレイシフトに耐えられなかった場合に備えた保険として、「芥ヒナコ」というカバーストーリーを与えたうえでAチームの一員としていたのである。

ストーリーでは完全なる敵だった虞美人だが、あろうことか2018年12月4日よりまさかのプレイアブル実装を果たした。レアリティは☆4(SR)で、第2部第3章をクリアするとストーリー召喚に恒常で追加される。またPU召喚に限り、第2部第3章クリア前でも入手可能。

人物

無気力に見えるその振る舞いの正体は、己の本質を看破されまいと、あらゆるコミュニケーションにおける深入りを徹底的に拒絶し、徹底的に存在感を隠すことを目的とした演技だった。
しかし極端に拒絶を示してしまうとかえって目立つため、結果出来上がったのが「最低限の社交辞令は言うが深入りはしない・させない」という人間像である。

本来の彼女は、極度の人間嫌いという部分は芥ヒナコ名義の頃と同じだが、間違っても無気力な性格ではなく、むしろ人間嫌いを爆発させたような刺々しい人物で、敵に対しては常に殺意を全開にしている。
特にその過去から、人間自体に対する憎悪は生理的嫌悪のレベルであり、その度合いは一見するとアヴェンジャーと言われても違和感がないほど。

マリスビリーに対しても不信感しかなかったが、すでに人を恨む事にすら疲れきっており、そのうえマリスビリーの「地球上にもう真祖の居場所はなく、人間たちも真祖を放置することはない」という見解には共感できた為、カルデア入りを決めた。
旧カルデアのメンバーからはあまりにも人が変わったと評されていたが、ひたすら素性を隠すことに徹して人間になりすましていたためで、''要は変わった後の人格こそが彼女の素である。''

本をいつも片手に持っていたものの、実は本などまったく読んでおらず、本で自分の顔を隠しつつ気づかれないように他のAチームのメンバーを観察し、全く信用することなく警戒を続けていた
定例会議での映像通信でも、本当に無気力な性格の読書好きならば、本に目をやりつつ皆の目線を無視して会話しても良さそうなものだが、その目線は本に対しては向けられていない
カルデアにいた頃もこの本性は誰にも気づかれていなかったようだが、ある時マシュが手に持ったグラスに移った彼女を見た時(つまり、マシュ本人は背を向けている状態)に、本を見ず周囲を観察している彼女の視線に気づいている。

事実、中国異聞帯においては本を持っている場面がない。ただこれは、本で表情を隠す必要がないのはもちろんだが、民への儒学を徹底的に嫌う異聞帯の王から敵と看做されないよう意識して本を持たないようにしたのかもしれない。

カルデアの技術職からマスター候補へと採用された彼女だが、後にプロフィールデータを総チェックしたダ・ヴィンチちゃん&ホームズによると、その全てが「普通過ぎておかしなところが無さすぎる」。
人一人の半生を書き記せばどこかには目を引くものやおかしなところがあるはずだが、彼女にはそれが一切無く、すべてが無難で平凡。
このことからダ・ヴィンチちゃん&ホームズはプロフィールデータそのものが改竄またはねつ造されたものではないかと疑うも、彼女と面談を行いプロフィールをまとめてデータに登録したのは全て、所長であるマリスビリーが一人でやっていた。
彼の権限で虚偽のプロフィールを登録されていては下の者がそれを発見するのは流石に不可能であり、今までプロフィールに関しての虚偽が発覚しなかった理由が分かると共に、マリスビリーもやはり「魔術師」であった事が再確認された。


第3章冒頭の定例会議においては、オフェリアが死亡したことについてコヤンスカヤが茶化していることやオフェリアの魔眼を欲していたことなどに反応して極めて強い怒りを見せていた。

また同会議でカドックも、この怒りがコヤンスカヤに向いて無かったら責められる立場は自分であっただろうと発言していたが、第3章にて「誰の領域に(カルデアが)行っても、その地にいるクリプターがカルデアを始末してくれたはず。どうして自分がカルデアを迎え撃つ面倒を押し付けられるのか、私でなくても他の誰でも良かったのではないか」という内容を喋っている。

カルデアを始末できるなら誰でもいいとズバリ言っていることから、怒りは異聞帯を護れなかったカドックの弱さに対してではなく、カルデアの始末にしくじったことに対するものである可能性が高い。後述の理由もあって、彼女にとって異聞帯同士の闘争は隠すべき事柄であり、カルデアに来られると中国異聞帯に真実が漏れてしまう可能性があったためである。

クリプター同士の争いに無関心だったのも道理。人間を憎悪する彼女なのだから、人間のありかたを巡って争う異聞帯同士の衝突に興味などあるはずもなかった。
蘇った異聞帯の中に彼女の関心を惹くものが無ければ、クリプター達にすら牙を向いていた可能性も大いに考えられる。


その一方、当然ながら項羽に対してはかなり弱く、彼女の目的は「項羽様に二度と戦ってほしくない」というもの。始皇帝は虞美人の本心を知って項羽を人質に取るかのような発言で虞美人の暴走を抑えている。
始皇帝が本気になれば戦略兵器となった項羽が駆り出されるため、異聞帯闘争そのものに気づかせないよう、空想樹の存在を巧妙に隠していた。始皇帝の統治により極めて安定しているはずの世界がなぜか、異聞帯としては拡張の気配をまったく見せなかったのも、この工作に原因があったと思われる。

最終的には項羽をカルデア側に倒されたことで完全に憎悪に染まり、空想樹に自らの生命力を捧げ主人公たちを殺そうとするが、主人公たちの在り方を認めた始皇帝の援護もあり、空想樹は切除されてしまった。
生命力を使い果たした彼女は怨霊となりかけるが、そこで始皇帝の口八丁が始まる。

「項羽を悲しませるような最後を遂げてしまったのが心残りならば、項羽を悲しませないようにするのは簡単だ。かつての項羽の志を引継ぎ、人理を守る英霊となれば良い」

その場ではすぐ返事をせずに消えるものの、その後彼女は英霊の座に登録され、人間を嫌いながらもかつての項羽と同じく人理を守る立場となった。
同じく始皇帝の口八丁で「唯一項羽の真実を知るお前が座に入れば、その知識も座に持ち込まれ項羽も人理の守護者として認められ英霊としての再会が叶うかも知れない」とも。

真名

項羽の愛人という女、虞美人。
史実における彼女は上述通り項羽の妻であり、「虞姫」とも呼ばれる。
項羽との慣れ染めは『史記』にも『漢書』にも一切記載されておらず、垓下の戦いの部分で初めて「傷心の項羽の傍にはいつも虞美人がおり、項羽は片時も彼女を放すことがなかった」と紹介されている。
後の世に四面楚歌と呼ばれる絶体絶命の状況に陥った際、項羽は自らの運命を悟り、

力拔山兮氣蓋世(力、山を抜き 気、世を蓋う)
時不利兮騅不逝(時、利あらずして 騅逝かず)
騅不逝兮可奈何(騅の逝かざる 如何すべき)
虞兮虞兮奈若何(虞や虞や 若を如何せん)

と彼女に詠い、虞美人はそれに合わせ舞を舞った。
これが今生の別れとなり、この後項羽は包囲をかけた漢軍へと突撃。帰らぬ人となる。
後の世の創作では、虞美人は項羽の出撃に先んじて自ら首を切り自害。
亡骸は葬られ、翌年の夏を迎えた虞美人の墓の周りには、可憐なヒナゲシが咲き乱れたという。


『Fate』世界におけるその正体は星の精霊、真祖であったとシナリオでは述べられていたが、実際には真祖によく似た別種の吸血種で、受肉した精霊である(そもそも真祖というのは人類を律するために生まれた精霊であるが、人類から逃げ続けた虞美人はその定義からすっかり外れている)。
死ぬこともできないまま、2千年以上もの放浪、人類からのおぞましい羨望、聖堂教会からは代行者を差し向けられるなどして、人間に憎悪し生きることに疲れ切った女。

能力

戦闘時には真紅の魔力を纏う二振りの剣を振るう。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香CA+DA+EC+


スキル

クラススキル

気配遮断(B)アサシンのクラス特性。自身の気配を消す能力。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となる。

固有スキル
地精吸引自分のチャージを3進める。サーヴァントに格落ちした自陣時では使用不可。表記からして大地からマナを吸い、自らの力にするといったところ。
受肉精霊(A)自然界とマナを共有できる精霊種であるため、魔力を自らの体内に蓄えるのではなく、外界から無尽蔵に汲み上げることが可能。ただし"人型"という形態に縛られている以上、供給は無限でも出力に限界があり、実際に行使できる魔力量は人型の英霊としての領域に留まっている。
仙界羽人(A)道教思想に語られるところの仙人であり、不老不死。その肉体を維持するために自然界からの干渉が及ぶため、結果として彼女は人型という形態に縛られているともいえる。
吸血(C)動植物を問わずあらゆる生命体から一定量のエネルギーを剥奪し自身で利用することが可能。厳密には吸血行動とは異なるが、この能力のために吸血種として認識され、歴代の代行者たちから迫害を受けてきた。

宝具

呪血尸解嘆歌(エターナル・ラメント)

命を呪え!


  • ランク:C+
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1〜20
  • 最大捕捉:100人

滅びを知るモノ、いずれ安らぎを得る果報者たちよ。我が羨望! 我が憎悪! 死の痛みを持って知るがいい!

自らの肉体を放棄することで限界を超えた魔力を暴走させ、呪詛による異常気象を引き起こした後、改めて肉体を再構成するという荒技。霊核を環境と共有している精霊種ならではの自爆技と言える。
なお、肉体の再構成はあまり真面目にやるつもりが無いようで、宝具を使用するごとに若干変動するのだとか。

ゲームでの効果は「自身の弱体解除+自身の強化状態解除+Busterカード性能をアップ+敵全体に強力な攻撃+敵全体に呪い状態を付与」。

ゲームにおける性能

カードバランスは《Arts:1/Quick:2/Buster:2》。
HPは13000と星5のクレオパトラとほぼ同等。しかしATKは8000に満たないという極端なHP偏重型。

「受肉精霊」、「吸血」という2つのNP獲得スキルを持ち、どの攻撃も多段ヒットするためNP効率が良く、宝具の撃ちやすさ、回転率は全体宝具持ちアサシンの中でもトップクラス。
さらに「受肉精霊」及び「仙界羽人」はスキルマまで育てるとCTの切れ目無しで使えるので継続的な耐久力及びNP獲得量は全鯖の中でも上位に入るだろう。
宝具のバスターアップも「魔力放出」並みの上昇値を誇り、弱体解除があるのでデバフにも強く防御無視もあるので確実に大ダメージを叩き込める。

しかし宝具発動時に自分に付与されているバフを消してしまうという非常に重いデメリットがある。今のFGOはサポーターのバフを集めて殴る、という戦い方が主流でありそれに真っ向から反している。
強化解除後にかかるBusrer性能アップ自体は、「魔力放出」スキルに匹敵する強化率を誇るため、スターを量産したのちに宝具+BB→Exでそれなりの爆発力は発揮できる。
「仙界羽人」のスキルレベルを上げればそのデメリットを踏み倒せるようになるが、そうするには「仙界羽人」をスキルマにする必要があるので育成にかかるコストが非常に重く、その強化解除無効も1ターンしか継続しないため味方バッファーか自分自身どちらかの動きを大きく制限してしまう。
それに加えてATKが極端に低く、アサシンのダメージ下降補正も相まって素殴りの威力が非常に低い。宝具のバスターアップ倍率は高いが、自分のATKに引っ張られるせいで宝具威力自体は伸びにくいのも難点と言える。
なおトーマス・エジソンのスキル「概念改良」(オーバーチャージを2段階アップ)は、宝具解放時点で消化されるので問題なく機能する。

総括すると耐久しながら宝具を回転させることに特化した全体アタッカーで本領発揮にはスキルレベルをかなり上げてやる必要がある大器晩成型。
上手くやれば全体宝具をブン回して連打するというド派手な戦い方を堪能できるのだが動かし方が非常に難しく、低ATKな上に味方の補助を受けにくいせいで火力を出しづらいのが難点と言える。
2つのNP獲得スキルを持つので宝具のぶっぱ自体はしやすく、周回適正はそれなり。高難度においては宝具の回転率、デバフに滅法強い点は評価できるがやはり火力面が足を引っ張る、という見方が主流である。
概念礼装(黒の聖杯など)でテコ入れするのが一番堅実だろうか。

関連人物

かつて共にいた人物。歴史上では虞美人は項羽の最愛の愛人であることが知られている…彼女の逸話はほぼ全て項羽との愛の逸話である。永き時を生きる中で極度の人間嫌いであった虞美人だが、始皇帝によって造られた人造人間である彼とは同じ「人ならざる者」同士として想いを寄せ合い、永い時の中で彼への愛を貫き通していた。

彼女の根本的な行動理由はほぼ彼の為であり、クリプターとして参加したことも始皇帝の元に下ったのも全て彼への想いが原因である。
芥ヒナコとしていた時にライダーを希望していたのは、彼を召喚するつもりだったと思われる(もしかすると関係性のある自分自身を触媒にするつもりだったのかもしれない)。

中国異聞帯での項羽はそもそも項羽という名前を与えられてすらおらず、本来の製作者である始皇帝に従う機兵のままだったが、それでも虞美人は彼を項羽様と呼び、常にその身を案じた。
異聞帯項羽は彼女がなぜ自分へここまで献身的なのか理解していなかったが、彼女が語る汎人類史の自分の歴史を演算により再現し、最後は彼女のため半壊した体で戦いに挑むなど、同じ人ならざる存在として互いに思い合った模様。

カルデアに召喚される彼は「汎人類史の項羽をベースに異聞帯項羽の戦闘能力が付加されたもの」であるため虞美人の事を知っており、はっきりと「妻」と呼んでいる。

クリプターとして従えていたサーヴァント。彼の生前より面識があり、人外である自分を恐れなかった人柄を気に入っていたため、数ある英雄の中から彼を選んだ。
彼自身は虞美人が項羽を愛していたことを理解しており、最後まで「項羽と共に在りたい」という主の望みを叶えるために尽くし続けた。最期は自らの霊基を捧げ精霊種の力の覚醒を促した。
人間嫌いの虞美人も蘭陵王は信頼し、人間を貶す発言をした際も生前守る国や民を持っていた蘭陵王の立場には配慮を見せていた。

項羽が英霊として召喚できるのかやや怪しい存在であったため、ライダーを希望したのは彼を第二の召喚希望候補にしていた可能性もある(蘭陵王はセイバーでも馬を使うほどだし、生前に死の果てにまた巡り会いたいと望み、虞美人もそんな不思議なことがあればと了承している)

カルデアのマスターとして敵対した人物。自身の邪魔になる上、嫌いな人間の中でも更に凡庸なその在り方が神経を逆なでするのか、理不尽上等の相当な敵意を向けている。
何だかんだ多くの敵と闘い、道を交えてきた主人公だが、ここまで対話も理解もなく殺意のみに終始せざるを得なかったのは彼女が初であった。

カルデアに召喚された際は、半ばヤケクソじみた態度で契約を結ぶが、態度は明らかに敵対時よりも柔らかくなる。だがマスターとサーヴァントという一種の上下関係にあることが不満があるのか、カルデアの組織内序列では自分の方が先輩だと主張してくる。
(というか、どう見てもツンデレのそれである)

そして、こんな形だが何気に初めて戦線を共にする「先輩」なのであった。
や「」には恵まれていたぐだーずにとって、新鮮な形とも言える新たな同胞であった。

同じく古くから存在している人間嫌い同士で、生前にも関わりがあった模様。正体を明かした後は「ぐっちゃん」と呼んでくる。
その傍迷惑かつ不謹慎な行動の数々にはかなりイライラしており、一度出禁を命じるも、彼女はまるで聴き入れなかった。

一方、虞美人が精霊種として本気を出した危険性は知っているのか、乱戦中にブービートラップで彼女の殺害を試み、そしてそれが失敗した際は珍しく慌てふためき必死の様相で蘭陵王の接近を阻止しろと叫んだり、それも失敗して精霊種としての覚醒を許してしまった後はわき目もふらずに逃げろと言い出すほど。
実際の戦闘中でも、マナを吸い上げて宝具を連射してくる初戦においては全体ガッツを付与するなど全力でカルデア陣営を援護する。
なお、虞美人のことを「ガチ真祖」と最初に述べたのは彼女であるが、実のところその認識は間違いであった。

自分の居場所を確保するため、表向きはクリプターとして、空想樹と剪定事象の件をひた隠しにしながら接近した。黙ったまま接していては嘘が露呈することを考えた彼女は、わざと証拠を提示せず信用できない形で空想樹や剪定事象のことを報告した。結果、彼女の目論見通り、始皇帝はその事実を一笑に付した。

「芥が彼の話をするときはポーカーフェイスを崩し、ため息をつくほどの人物」というキリシュタリアの評通りの大人物で、一貫して虞美人を翻弄する。
そんな彼がカルデアにいる時に虞美人に話しかけると、その事実に大いに驚愕する。

十二世紀頃に作られた真祖の姫。性格は正反対の気まぐれであーぱーな姫。
アルクェイドは「モノを殺すことに特化した殺人貴の少年」というヒトの形をしたヒト以上の力を持つ男性の出会いと恋(と十七分割された責任)によって人間側に友好的な存在になった真祖である。虞美人は厳密には真祖ではないが、項羽を通じて人間側についたので、ある意味似た者同士と言える。

また、アルクェイドの本来のクラスはファニーヴァンプというエクストラクラスとされており、クラスの詳細は不明だがヴァンプという名称から同じく吸血種である虞美人にも適正があるのかもしれない(ただし「”ファニー”ヴァンプ」という名称からして彼女専用クラスである可能性も高いが)。

それぞれ元Aチームと深く関わる「ガイアの怪物」、「精霊」。

虞美人が本を閉じて話をしたとされるクリプター。
妲己とのケンカも率先して止めていたことから、彼女が本で顔を隠していた理由、ひいてはその正体をなんらかの形で知った可能性がある。

主人公が来る前からカルデアに所属していた者同士で、実は色々と共通点の多かった人物。
ヒナコが他人を遠ざけていたこともあって互いの正体に気づく事は無かったようだが、多くのマスターがマリスビリー及びカルデアという組織への疑惑を更に深めることとなった。

余談

まだ2部に入ってないカルデアと召喚されてしまったぐっさん
チュートリアル直後に虞美人が来たカルデア


彼女はLB3をクリア後にストーリーガチャに追加されるいわゆるスト限鯖であり、普通ならロストベルトNo.3をクリアしたあとにしか召喚する手段がない。
が、何事にも抜け道はあるもので、彼女が含まれるPUガチャ及びクラス別PUならば人理修復前のマスターでも彼女を召喚できてしまう。勿論そのまま人理を修復することも可能。
見方を変えればAチームで現状唯一、人理修復の旅に出れるということでもある。

2部のシナリオを知らないマスター&ヒナコとの面識が無かった主人公はいいのだが、問題はロマニ以下カルデア所員である。
何せヒナコ本人はカルデア所員と面識があるうえ1部〜1.5部においてはレフ・ライノールのテロによりコフィンの中で凍結中。そんな中でヒナコ当人が英霊として召喚されるのである。気まずいなんてレベルではない
なお彼女自身LB3までの記憶を保有した状態で現界しており、カルデアの事情も完全に把握している。

現状ストーリーとは全く繋げられない状態だが、英霊として唯一クリプター陣営から舞い戻ってきた彼女を見て所員達がどんなリアクションをしたのか、そして彼女はカルデアでどういう風にして過ごすのか、興味は尽きない。

また、抜け道で彼女を召喚した人理修復前マスターは、Aチームの芥ヒナコの正体が彼女である事を当然知らない事になるが、彼女のセリフの中に「カルデア所員としては自分が先輩だ」等という割とダイレクトなネタバレ発言も存在する。

また、サーヴァント化したことでクリプターでは(礼装に登場したカドック、既に死亡したオフェリアを除けば)唯一ギャグ時空に巻き込まれる可能性が出て来た。というか既に毎年控えるバレンタインイベントの存在でほぼ登場が確約されているようなものである。項羽共々これからどんな夫婦漫才を繰り広げることになるのか…。

FGOまんが:ぐっさん初めてのクリスマス


そして彼女が召喚されてから初のイベントはクリスマスのサンバカーニバル&夢の英霊タッグトーナメントだった。(尤も、このイベントは昨今横行しつつある「終局特異点クリア以上のストーリー進行を果たしていなければそもそも参加すらできない」という高い参加条件が課せられているため相当ストーリーを進めないと参加できない。因みにこのイベントの条件はLB1のクリア)
そんなこともあって必然的に彼女は、カルデアの新所長と共に、イベントでのツッコミ&苦労人ポジション候補筆頭に挙げられている。

関連イラスト

美人
虞美人


红
虞美人



関連タグ

Fate/GrandOrder Cosmos_in_the_Lostbelt 人智統合真国SIN
吸血鬼 中国 憎悪 一途 不老不死
楚漢 項羽と劉邦

ヒナゲシ:別名を「虞美人草」といい、漢字では「雛芥子」と書くため、偽名の「芥ヒナコ」の元ネタと思われる(吸血鬼の数ある特徴の一つとして「元の身分に縛られる」というものがあり、偽名は本名と簡単に結び付けられるアナグラムや、捩り程度のものしか名乗れない吸血鬼は多い)。伝承では項羽のために命を絶った虞美人の亡骸の近くに咲いたことから「虞美人草」の異名がついたという。余談だが、花言葉『別れの悲しみ』『七色の恋』など。

各章のキーキャラクター

BackNext
ナポレオン(消えぬ炎の快男児)虞美人(紅の月下美人)(黒き最後の神)

pixivに投稿された作品 pixivで「虞美人(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6869480

コメント