ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「滅びの定めにすら見放された我が永遠の慟哭……空よ!雲よ!憐みの涙で!命を呪えぇ!!」


プロフィール

真名虞美人
クラスアサシン
性別女性
身長160cm(宝具使用毎に若干変動)
体重49kg(宝具使用毎に若干変動)
出典史記、漢書(ゲームマテリアル)/ 史実(書籍マテリアル)
地域中国
属性秩序・悪・地
好きなもの物言わぬ命
嫌いなもの人間
設定担当虚淵玄
ILLUSTtoi8
CV伊瀬茉莉也

概要

Fate/Grand Order』に登場するアサシンクラスサーヴァント。レアリティは☆4。

第2部3章『人智統合真国 シン』の最重要キャラクターの一人であり、ピックアップ召喚2と共に実装され、以降は同章クリア後にストーリー召喚へと追加される。


ベディヴィエールと並ぶネタバレ要素の多いキャラであるため、閲覧には注意。


真名

センシティブな作品


項羽の恋人として歴史に名を残す女性、虞美人。中国では「虞姫」とも呼ばれる。

項羽との慣れ染めは『史記』にも『漢書』にも一切記載されておらず、垓下の戦いの部分で初めて「傷心の項羽の傍にはいつも虞美人がおり、項羽は片時も彼女を放すことがなかった」と紹介された。後の世に四面楚歌と呼ばれる絶体絶命の状況に陥った際、項羽は自らの運命を悟り、


力拔山兮氣蓋世(力、山を抜き 気、世を蓋う)

時不利兮騅不逝(時、利あらずして 騅逝かず)

騅不逝兮可奈何(騅の逝かざる 如何すべき)

虞兮虞兮奈若何(虞や虞や 若を如何せん)


と彼女に詠い、虞美人はそれに合わせ剣舞を踊った。

これが今生の別れとなり、この後項羽は包囲をかけた漢軍へと突撃。帰らぬ人となる。

後の世の創作では、虞美人は項羽の出撃に先んじて自ら首を切り自害。

翌年の夏を迎えた虞美人の墓の周りには、可憐な雛芥子(ヒナゲシ)が咲き乱れたという。


そして『Fate』世界におけるその正体は星の精霊・真祖であったとシナリオでは述べられていたが、ゲーム中のマテリアルで断言されている通り、厳密には真祖とは生命としての目的が違う別種の吸血種であり、地球の内海から発生した表層管理の端末、受肉した精霊である。


驚異的な能力や不死性を有するが、型月吸血鬼に見られる吸血衝動はなく、栄養摂取手段の一つとして吸血行為を行うことができるという類のもの。吸血行為を行えることから吸血種に分類されている点ではORTと同様だと言える。普段は森羅万象から少しずつ魔力を提供して貰っていた。


最愛の項羽が死亡した後も、死ぬこともできないまま2千年以上もの間放浪し、人類からのおぞましい羨望と恐怖を向けられ、聖堂教会からは代行者を差し向けられるなどして、人間への憎悪と不信感を募らせていた。そんな虞美人に目をつけたのがカルデアの初代所長マリスビリー・アニムスフィア。彼は、もし人間がレイシフトに耐えられなかった場合の保険として、より強い身体を持つ人外の協力者を求めていた。マリスビリーに対しても不信感しかなかったが、既に人を恨む事にすら疲れきっており、彼の「地球上にもう真祖の居場所はなく、人間たちも真祖を放置することはない」という見解にだけは同意できた為、カルデア入りを決めた。


そして、その正体を隠すために「芥ヒナコ」というカバーストーリーを与えられた上でAチーム(クリプター)の一員となったのである。


人物

一人称は「私(わたし)」

極度の人間嫌いという部分は芥ヒナコ時と同じであるが、本来の彼女は無気力な性格ではなく、むしろ人間嫌いを爆発させたような刺々しい人物で、敵に対しては常に殺意を全開にしている。

特にその過去から、人間自体に対する憎悪は生理的嫌悪のレベルであり、その度合いはアヴェンジャーと言われても違和感がないほど(下手をすればそれ以上)。


無気力に見えるその振る舞いの正体は、己の本質を看破されまいとあらゆるコミュニケーションにおける深入りを徹底的に拒絶し、徹底的に存在感を隠すことを目的とした演技だった。しかし極端に拒絶を示してしまうとかえって目立つため、結果出来上がったのが「最低限の社交辞令は言うが深入りはしない・させない」という人間像である。


旧カルデアのメンバーからはあまりにも人が変わったと評されていたが、ひたすら素性を隠すことに徹して人間になりすましていたためで、要は変わった後の人格こそが彼女の素である。


本をいつも片手に持っていたものの、実は本などまったく読んでおらず、本で自分の顔を隠しつつ気づかれないように他のAチームのメンバーを観察し、全く信用することなく警戒を続けていた

定例会議での映像通信でも、本当に無気力な性格の読書好きならば、本に目をやりつつ皆の目線を無視して会話しても良さそうなものだが、その目線は本に対しては向けられていなかった(本人曰く「一応読んだが大して面白い内容じゃなかった」との事)。


ちなみに中国異聞帯においては本を持っている場面がない。ただこれは、本で表情を隠す必要がないのはもちろんだが、民への儒学を徹底的に嫌う異聞帯の王から敵と看做されないよう意識して本を持たないようにしたのかもしれない。


クリプター同士の争いに無関心だったのも道理。人間を憎悪する彼女なのだから、人間のありかたを巡って争う異聞帯同士の衝突に興味などあるはずもなかった。蘇った異聞帯の中に彼女の関心を惹くものが無ければ、クリプター達にすら牙を向いていた可能性も大いに考えられる。


その一方最愛の項羽に対してはかなり弱く、彼女の目的は「項羽様に二度と戦ってほしくない」というもの。始皇帝はその本心を知って項羽を人質に取る発言で彼女の暴走を抑えていた。


厳密に言えば「種族としての人間」は別に嫌いな訳では無く、嫌っているのは「人間の文化的社会=不自然的生態」である。強い生命が狩猟などによって弱い生命を糧にするという自然の摂理は好ましいと思っており、人間もそうやって生活する分には嫌な顔はしない。逆に、それらを自在に破壊し再構築できるほどの科学技術の行使には怒りを爆発させる。


「人間そのものには興味は無いが、人間が織りなす歴史に興味がある」というマーリンとは逆と言え、超越者の割には一時期とはいえ人間社会で生活していたせいか、人外感覚が薄いメンタリティの持ち主といえる。また長生き故か、それとも無茶な肉体の使い方の影響か、肩やら腰やらが絶望的に凝っていた。あまりにも酷過ぎて、懇意にしている按摩でも癒しきれないほど。

結果按摩の達人の治療(物理)を喰らった際は、凝りこそ癒えたものの、その際に受けたあまりの激痛に「項羽様にしか聞かせたことが無いという情けない悲鳴」を上げてしまった模様。


このメンタリティのためか人類の脅威レベルの厄ネタであっても自分に関係ないのなら、放置しておく性質で異星の神正体とそれが為したことに気づいていても放置したり、デイビットの背後に存在するモノに気づいても関わるなと釘を刺す程度で済ませている。


活躍

自分の居場所を確保するため、表向きはクリプターとして始皇帝に接近。彼が戦争を決めれば戦略兵器である項羽が駆り出されるため、異聞帯闘争そのものに気づかせないよう、空想樹の存在を巧妙に隠していた。黙ったまま接していては嘘が露呈することを考えた彼女は、証拠を提示せず信用できない形で空想樹や剪定事象のことを報告。目論見通り、始皇帝はその事実を一笑に付した。


始皇帝の統治により極めて安定しているはずの世界がなぜか、異聞帯としては拡張の気配をまったく見せなかったのも、この工作に原因があったと思われる(この影響で空想樹が開花を終えているにもかかわらず、種子との戦闘がない)。工作は上手く行ったようで、クリプターの定例会議では、始皇帝の異聞帯を「領土拡大に適していない」とまで言い切った。


カドック達がカルデアを倒せなかった事に憤っていたのも、彼らに来られると中国異聞帯に真実が漏れてしまう可能性があったためである。そして、中国異聞帯へとやって来たカルデアの面々と対決するが、流れで共闘していたコヤンスカヤが仕掛けた罠により重傷を負った事から、自らのサーヴァント蘭陵王を捕食し、そのエネルギーによって真の姿である虞美人へと覚醒する。


後に始皇帝に身体データを提供した見返りに項羽を払い下げられ、共に異聞帯の片隅で終末まで生きてゆくことを考えるも、汎人類史における自分と虞美人の経緯を知って項羽は再び戦場へ。


最終的に項羽をカルデア側に倒されたことで完全に憎悪に染まり、空想樹に自らの生命力を捧げ主人公たちを殺そうとするが、彼らの在り方を認めた始皇帝の援護もあり空想樹は切除されてしまった。生命力を使い果たした彼女は怨霊となりかけるが、そこで始皇帝の口八丁が始まる。


「項羽を悲しませるような最後を遂げてしまうのが心残りならば、そうしないようにするのは簡単だ。かつての項羽の志を引継ぎ、人理を守る英霊となれば良い」「唯一項羽の真実を知る其方が座に入れば、その知識も座に持ち込まれ、項羽も人理の守護者として認められ英霊としての再会が叶うかも知れない」と。その場ではすぐ返事をせずに消えるものの、その後彼女は英霊の座に登録され、人間を嫌いながらもかつての項羽と同じく人理を守る立場となった。


続く2019年3月20日では、早々に彼女の「幕間の物語」が追加され、彼女のその後を描いた一種のアフターストーリーとなっている。


能力

戦闘時には真紅の魔力を纏う二振りの剣を振るい、不死者特有の捨て身と、精霊種特有の豪快な魔力放出を得意とする。その不死身と無尽蔵の出力故に、生半可なサーヴァントでは到底太刀打ち出来る存在ではない。一方で、不死身ゆえに今まで自らの無事を気をする必要がなかったことや、誰かと共に戦う事が一切なかった生涯を送ってきた弊害で、戦闘における技術面・集団戦闘における指揮や戦略の方は“ド”がつくほどの初心者レベルという欠点も抱えている。


コヤンスカヤからも「マスターとしての資質には乏しい」と称されており、自身の幕間ではこの欠点がクローズアップされている(詳細はその目で視聴して頂きたい)。


ちなみにこれだけ強力な存在ではあるが力の規模としては妖精・精霊の平均的なものであるらしく、妖精圏にて登場したモースと同程度とのこと。驚異的なのは出力である。


モーション中では、双剣を振るって斬り付けたり、赤い魔力の散弾を飛ばす他、遠隔操作して斬り刻む、ドリルのように旋回させて投げつける、頭上に放り投げて投下するなどの攻撃を見せる。


ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香CA+DA+EC+

保有スキル

気配遮断(B)アサシンのクラススキル。自身の気配を消す能力。加えて精霊種としての特性上、自然環境での効果は大幅に増幅され、逆に人工環境での効果は減衰する。
受肉精霊(A)受肉した精霊種である事を表す。自然界とマナを共有出来る精霊種である為、魔力を自らの体内に蓄えるのではなく、外界から無尽蔵に汲み上げる事が可能。ただし"人型"という形態に縛られている以上、供給は無限でも出力に限界があり、実際に行使出来る魔力量は人型の英霊としての領域に留まっている。
仙界羽人(A→A+)道教思想に語られるところの仙人であり、不老不死。その肉体を維持する為に自然界からの干渉が及ぶ為、結果として彼女は人型という形態に縛られているとも言える。彼女の肉体データは始皇帝の真人躯体の参考元ともなった。
吸血(C)動植物を問わずあらゆる生命体から一定量のエネルギーを剥奪し自身で利用する事が可能(噛みつかなくても可能)。厳密には吸血行動とは異なるが、この能力の為に吸血種として認識され、歴代の代行者達から迫害を受けてきた。

宝具

呪血尸解嘆歌(エターナル・ラメント)

  • ランク:C+
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1〜20
  • 最大捕捉:100人


「泣いて許しを乞うが良い!」

「滅びを知るモノ、何れ安らぎを得る果報者達よ。我が羨望(せんぼう)!我が憎悪(ぞうお)!死の痛みを以って知るが良い!!」


自らの肉体を放棄することで限界を超えた魔力を暴走させ、呪詛による異常気象を引き起こした後、改めて肉体を再構成するという荒技。霊核を環境と共有している精霊種ならではの自爆技と言える。なお、肉体の再構成はあまり真面目にやるつもりが無いようで、宝具を使用するごとに体格が若干変動するのだとか。


詳細は該当記事を参照。


ゲーム上での性能

カードバランスは《Arts:1/Quick:2/Buster:2》。HPは13000と星5のクレオパトラとほぼ同等。しかしATKは8000に満たないという極端なHP偏重型。


「受肉精霊」「吸血」という2つのNP獲得スキルを持ち、どの攻撃も多段ヒットするためNP効率が良く、宝具の撃ちやすさ、回転率は全体宝具持ちアサシンの中でもトップクラス。さらに「受肉精霊」及び「仙界羽人」はスキルマまで育てるとCTの切れ目無しで使えるので継続的な耐久力及びNP獲得量は全鯖の中でも上位に入るだろう。宝具のバスターアップも「魔力放出」並みの上昇値を誇り、弱体解除があるのでデバフにも強く防御無視もあるので確実に大ダメージを叩き込める。


しかし宝具発動時に自分に付与されているバフを消してしまうという非常に重いデメリットがある。今の『FGO』はサポーターのバフを集めて殴る、という戦い方が主流でありそれに真っ向から反している。強化解除後にかかるBusrer性能アップ自体は、「魔力放出」スキルに匹敵する強化率を誇るため、スターを量産したのちに宝具+BB→Exでそれなりの爆発力は発揮できる。


「仙界羽人」のスキルレベルを上げればそのデメリットを踏み倒せるようになるが、そうするには「仙界羽人」をLV10にする必要があるので育成にかかるコストが非常に重く、その強化解除耐性も1ターンしか継続しないため味方バッファーか自分自身どちらかの動きを大きく制限してしまう。

スキルLV上げの素材も、2部3章実装の「閑古鈴」「暁光炉心」に加えて、需要の多い「虚影の塵」「宵哭きの鉄杭」と重いラインナップなのも辛い所である。


紅閻魔紫式部セミラミスといったサーヴァントが仲間にいればスキルや宝具で強化解除耐性を付与できるため、デメリットの対策になる。詳細は同じく強化解除が天敵の彼女の項目で。


それに加えてATKが極端に低く、アサシンのダメージ下降補正も相まって素殴りの威力が非常に低い。宝具のバスターアップ倍率は高いが、自分のATKに引っ張られるせいで宝具威力自体は伸びにくいのも難点と言える。ただし、スキルや魔術礼装による「オーバーチャージの段階アップ」および「スター集中」に限り、宝具での強化解除発動前に問題なく機能するという抜け道が存在する。


総括すると耐久しながら宝具を回転させることに特化した全体アタッカーで本領発揮にはスキルレベルをかなり上げてやる必要がある大器晩成型。上手くやれば全体宝具をブン回して連打するというド派手な戦い方を堪能できるのだが動かし方が非常に難しく、低ATKな上に味方の補助を受けにくいせいで火力を出しづらいのが難点と言える。


2つのNP獲得スキルを持つので宝具のぶっぱ自体はしやすく、周回適性はそれなり。高難度においては宝具の回転率、デバフに滅法強い点は評価できるがやはり火力面が足を引っ張る、という見方が主流である。概念礼装(黒の聖杯など)でテコ入れするのが一番堅実だろうか。


2020年8月7日に虞美人強化クエストで「仙界羽人」の強化解除耐性が3ターンに増加、攻撃力アップ3ターンが追加された。これにより火力も幾分改善され、更に強化解除耐性が3ターンに伸びたおかげで宝具の連射がやりやすくなったのはもちろん敵の強化解除に対して強気に出れるようになり、使い勝手はかなりよくなった。


ボスとして

LB3で敵対する際にはスタンを無効化する耐性を持ち、チャージ増加スキルを二つも持つため宝具使用のターンの計算が難しい難敵。本編中で2度戦う機会があるがどちらも特殊スキルでの補強やチームを組むサーヴァントの存在も相まってLB3攻略での難所とされている。魔性特性を持つので魔性特攻を持つサーヴァントをぶつけてもいいだろう。特に、本編配信直前のイベントで配布された護法少女は魔性特攻スキルと強力な単体宝具の持ち主であるため、心強い味方になってくれる。


  • 1戦目

HPは約67万で、特殊スキル「地精吸引」を使って毎ターン宝具を撃ってくる。コヤンスカヤが味方に毎ターンガッツをかけてくれるのだが、蘇生後のHPは10%しかないため、追加効果の呪いによるスリップダメージに耐えられない。1ゲージ破壊すれば戦闘終了となるため、とにかく速攻で倒す事を心掛けたい。殿に指令紋章「コード:キュアー」を付けまくれば、確実に倒せる。


  • 2戦目

終盤のボスラッシュの次鋒で、項羽とタッグを組んで戦いを挑んでくる。

宝具回転の早い彼女と高火力バーサーカーである項羽が並んでいるというだけでも厄介なのだが、自身か項羽のHPゲージが1回ブレイクされると項羽に5ターンの間クラス相性不利を打ち消す状態を付与する「外法・転変万華」を使って援護するため、速攻が難しい。項羽の方もブレイクスキルで、5ターンの間通常攻撃時にスキル封印や宝具封印を掛けるようになる事から、安定した戦略は望めないため、令呪聖晶石によるコンティニューも視野に入れるべきだろう。


全体攻撃宝具のキャスターで彼女の方を優先しつつ項羽も削っていくというのが基本。後衛には項羽対策でフォーリナーや男性特攻持ちを置いておくと良いだろう。


バリエーション

2020年水着イベント『サーヴァント・サマーキャンプ!』では、ランサーにクラスチェンジして登場。芥ヒナコ時と同じツインテール姿となっている。

詳細は該当記事を参照。


関連人物

生前

長きに渡り愛する男。彼女の逸話はほぼ全て項羽との愛の物語である。

永き時を生きる中で極度の人間嫌いであった虞美人だが、彼とは同じ「人ならざる者」同士として想いを寄せ合い、永い時の中でその愛を貫き通していた。彼女の根本的な行動理由はほぼ彼の為であり、クリプターとして参加したことも始皇帝の元に下ったのも全て彼への想いが原因である。


サーヴァントにライダークラスを希望していたのは、項羽を召喚するつもりだった為。彼女を寵愛した汎人類史の項羽は「人型」であったことから有名な愛馬の関連で「ライダー」クラスと判断したのかも知れないが、項羽が英霊の座に登録されていなかった為に召喚できなかった。その後始皇帝の最後の言葉通り、彼女が英霊となることで初めて項羽も英霊の座に記録されることになる。


サーヴァント化し、カルデアに召喚される項羽は姿や戦闘能力こそ異聞帯由来であるものの、そのベースは汎人類史の彼であり、互いに再会を心より喜び合うマイルームボイスは必聴もの。


汎人類史における知己。

クリプターとしてサーヴァントを使役するにあたり、数ある英霊の中から召喚できなかった項羽に代わり彼を選んだ。生前より面識があり、主君の命令で毒を飲み自害した際、その死を看取った。


人外である自分を恐れるどころか「面白い方」と逆に好意的に接するという、呆れる程にお人好しな人柄から、人間嫌いの虞美人も蘭陵王は信頼しており、カルデアに来てからも気軽に声をかけられる数少ない存在。人間を貶す発言をした際も生前守る国や民を持っていた彼の立場には配慮し謝罪するなど誠意を見せていた他、自身の大雑把さを案じての小言も渋々聞き入れている。


実は以前からたびたび閻魔亭に訪れていたことがあり顔見知り。

人ならざる者同士気が合うのか、人間嫌いが大爆発している彼女が気を許せる数少ない相手。

彼女の事を「えんまちゃん」と呼んでいる等、かなり親しい友人の様子。


生前の知り合いで信奉者。

関係性について詳しくは本人の記事を参照。


Fate/Grand Order

カルデアのマスターとして敵対した人物。理不尽上等の相当な敵意を向けている。何だかんだ多くの敵と闘い、道を交えてきた主人公だが、ここまで対話も理解もなく殺意のみに終始した態度をとったのは彼女が初であった。


カルデアに召喚された際は、半ばヤケクソじみた態度で契約を結ぶが、態度は敵対時よりも柔らかくなる。だがマスターとサーヴァントという一種の上下関係には不満があるようで、(すでに崩壊した)組織内序列では自分の方が「先輩」だと主張してくる。には恵まれていたが、先輩という立場の人物は今まで居なかった/彼女にとっては、新鮮と言えるのかもしれない。


同じ人間嫌いであるため向こうは非常に馴れ馴れしく接している。だが虞美人の方は、その傍迷惑かつ不謹慎な行動の数々にかなりイラついており、一度出禁を命じるもまるで聴き入れなかった。

一方で真の力を出した時の危険性は理解しており、彼女との戦いでは慢心が消えていた。


「芥が彼の話をするときはポーカーフェイスを崩し、ため息をつくほどの人物」というキリシュタリアの評通りの大人物で、劇中では一貫して虞美人を翻弄する。

その為カルデアで再会すると、そのトンデモぶりに驚愕する。


それぞれ元Aチームと深く関わる「ガイアの怪物」、「精霊」


唯一本を閉じて話をしたとされるクリプター。

一族に由来する独自の観察眼で、ヒナコが人間でない事を当初から察していた。ただしそれ以上を追求する気は無かった為、素性までは把握していなかった模様。


クリプターのリーダーだが、あまり接点はなかった。

が、ある出来事の中で正体を知り「まさかアレだったなんて」と酷く狼狽された。また吸血種という事で流水を渡れないのではと心配されていた(もちろん渡れる)。

またその際「昔の知人に似ている」「飽きるまでは人理修復に付き合ってやる」と人間嫌いな彼女としてはかなり高い評価を出している。


主人公が来る前からカルデアに所属していた者同士で、実は色々と共通点の多かった人物。

ヒナコが他人を遠ざけていたこともあって互いの正体に気づく事は無かったようだが、一部のプレイヤーがマリスビリー及びカルデアという組織への疑惑を更に深めてもいる。


自身の幕間の物語にて「人間よりも神霊の方が相談しやすい」と、マスターとの距離感とカルデアでの立ち位置を考える上で相談した三人の神霊(女神)サーヴァントたち。

三人は虞美人にアドバイザーとしてうってつけの人物を紹介するが……


上記の三人が満場一致で推薦したアドバイザー。

確かに生前過去に英霊として召喚された経験などを考慮すれば適任なのだが、どう見ても女神でなくの推薦です、本当にありがとうございました。


こちらは別の並行世界にて身分を偽っていたサーヴァント。

人間に失望したという点も共通するが、お互いの性格上、相性は悪いと思われる。


自らの正体を知りつつもスカウトしに来た人物。

彼女も最初の認識は「幾度となく関わって来た智の亡者」であり上記の発言も虚言なのは分かっていたが彼に牙を剥き、爪で引き裂いてやるには自分はもうあまりにも疲れすぎていた事。そして彼の言葉が真であれ嘘であれその指摘は正鵠を得ていること。曰く「この一世紀は君にとっては悪夢だったはずだろう、そして次の一世紀を経た先にはもはや隠遁の場所など地上には見当たらないだろう」ということもありそのスカウトに応じた。


その他

主に『月姫』に登場するキャラクター。

十二世紀頃に作られた真祖の姫だが、性格は虞美人と正反対の気まぐれであーぱー

こちらはヒトの形をしたヒト以上の力を持つ男性との出会い(と十七分割された責任)によって、人間側に友好的な存在になった精霊種である。


かつて山嶺法廷から追放された仙人であり、十官の番外。面識があるのかまでは不明だが、タンゲレによる攻撃を受け止めた際に『項羽の剛力はこの程度ではなかったぞ。虞ならば、もっと興趣をそそるいなしかたをしただろうさ』と彼らを知っているかのような言葉を投げかけている。


余談

ファンからの愛称は劇中でも度々呼ばれている「ぐっちゃん」

なじみである閻魔亭の雀たちは実際にこの愛称で呼んでいるようで、半ば公式でもある。

またはそれから派生した「ぐっさん」、主人公への先輩風から「パイセン」など。


クリプターとしては初の、大令呪(シリウスライト)について一切触れないまま退場したメンバーとなったが、後に奈須きのこ氏直々に「不要な異物としか感じなかった為、早々に自分で切除した」ことが明かされた。少なくとも、カルデアの残存技術ではどうやっても摘出できないものらしいので、改めて生命としてのスケールが違う事を思い知らされる。


ネタバレの塊ではあるが、彼女は2部LB3をクリア後にストーリーガチャに追加される、いわゆるスト限鯖であるため、普通ならこれをクリアしたあとにしか召喚する手段がない。


まだ2部に入ってないカルデアと召喚されてしまったぐっさん


が、何事にも抜け道はあるもので、彼女が含まれるPUガチャ及びクラス別PUなどであれば人理修復前のマスターでも彼女を召喚できてしまう。勿論そのまま一緒に人理を修復することも可能。

見方を変えれば、2019年春時点ではAチームで唯一、人理修復の旅に出れるということでもある(英霊の“座”には時間の概念が存在しないから召喚可能、という言い訳も一応は通じる)。


第2部のシナリオを知らないマスター&ヒナコとの面識が無かった主人公はいいのだが、問題はロマニ以下カルデア所員である。何せヒナコ本人は所員達と面識があるうえ第1部~1.5部においてはレフ・ライノールのテロによりコフィンの中で凍結中。そんな中でヒナコ当人が英霊として召喚されるのである。気まずいなんてレベルではない(ただ彼女はまだマシな方で、最近になって気まずいでは済まされないレベルのやべえ奴との人理修復の旅に出られる可能性が出てきてしまった)。


なお彼女自身LB3までの記憶を保有した状態で現界しており、カルデアの事情も完全に把握している。メインストーリーとは全く繋げられない状態だが、英霊として唯一クリプター陣営から舞い戻ってきた彼女を見て所員達がどんなリアクションをしたのか、そして彼女はカルデアでどういう風にして過ごすのか、興味は尽きない。


さらに、年に1回行われている☆4サーヴァントの無料配布キャンペーンでも入手できる

しかも初めて配布対象になった1800万DLキャンペーンが2019年12月配信のLB5の約1ヶ月前というタイミングだったために「無料配布クリプターパイセン」などの形で盛大にネタにされ、「ぐっちゃん」がTwitterのトレンド入りをするという事態になった。


ストーリーのシナリオ担当が「あの」虚淵玄であり、しかも前ストーリーのクリプターは死亡したため、ヒナコの行く末は死にオチでも生ぬるいものになるのでは……?と多くのマスターは案じていた。が、ヒナコ=虞美人はビターな目にはあったものの、最終的にはカルデア陣営に加わる形となり、胸をなでおろしたファンも多かった。


サーヴァント化したことでクリプターでは唯一イベントへの出演が叶ったことで、彼女がある程度救われる形になったことはほぼ固まったと言える……が、出る度にポンコツ度が増していくと評判。幕間でスパルタクス赤兎馬が冷静にツッコミにまわっている時点でお察しである。


pixivではネタとして、カルデアに召喚された後に項羽との再会を願って主人公にガチャを引かせる姿や、項羽が絡むと途端にポンコツになる姿が描かれることも……大晦日に放送された特番アニメでは、アイキャッチ時のイラストで彼女がガチャで爆死をしている。無論彼女がそこまでして狙うサーヴァント等項羽以外いないわけなので……この扱いは担当絵師も公認のネタだったりする。


【#44】星5鯖配布で項羽様を選んだらパイセンが何でもしてくれる


さらに2000万DLキャンペーンにて恒常☆5サーヴァントの無料配布が行われることが発表された際には、主人公に項羽を貰うよう色んな手段であがく彼女が様々な場所で描かれた。


人理修復の適性

ヒナコ改め虞美人も人理修復の適性は低く早期に脱落するメンバーの1人としてあげられている。彼女の人物像から指揮能力の低さかやる気の無さの何れかと思われる。


関連イラスト

センシティブな作品虞美人

センシティブな作品センシティブな作品


再臨状態(特に未再臨~第一再臨)で見た目が大きく変わるため、人によって描かれている姿が異なる。未再臨では「芥ヒナコ」の面影を残す眼鏡に三つ編み姿。


再臨後は大胆にもインナーがなくなり、髪は解かれて眼鏡もなくなる。扇情的でありながら美しいこの容姿が「虞美人」としての本来の姿となる。本人は「正体バレてるんだから変装しなくていい」と開き直っているらしいが、蘭陵王からは現代に応じた格好をするようにと忠告(というより露出が高くて慎みが無いと注意)されている。


関連タグ

Fate/GrandOrder アサシン(Fate)Cosmos_in_the_Lostbelt 人智統合真国シン

吸血鬼 中国 憎悪 一途 不老不死

楚漢 項羽と劉邦


負けたらギャグ要員


別名を「虞美人草」といい、漢字では「雛芥子」と書くため、偽名の「芥ヒナコ」の元ネタと思われる。吸血鬼の数ある特徴の一つとして「元の身分に縛られる」というものがあり、偽名は本名と簡単に結び付けられるアナグラムや、捩り程度のものしか名乗れない吸血鬼は多い。


伝承では項羽のために命を絶った虞美人の亡骸の近くに咲いたことから「虞美人草」の異名がついたという。その花言葉『別れの悲しみ』『七色の恋』等。


各章のキーキャラクター

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112623427

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました