ピクシブ百科事典

空想樹

くうそうじゅ

「Fate/Grand Order」に登場する謎の存在。
目次[非表示]

空想樹認定

概要

Fate/GrandOrder」第2部「Cosmos_in_the_Lostbelt」に登場する物体。
真っ白な大樹のような姿で、『異星の神』なる存在によってもたらされた、異聞帯の楔・要となっているモノ。異聞帯が汎人類史にすり替わるには、この空想樹の成長と根付きが密接に関わっているとみられる。

これによって本来は剪定事象として消滅扱いになるはずの世界が異聞帯として復調し、汎人類史を侵略する兵器とされた。逆にこれが失われると、本来は剪定された後であった元の状態へと異聞帯は立ち返り消滅する。

一定の水準まで育つと自らの意思を持ち始め、敵対者が出現すれば自ら魔力光を発し、表面の裂け目から魔力砲撃等の攻撃を行ってくる。最低でもサーヴァント複数で立ち向かうことが前提である魔神柱とほぼ同程度の攻撃力を有しているようだ。
そのサーヴァントでさえ切り倒すことは極めて困難であるが、異星の巫女だけは接触するだけで樹を破壊する能力を有しており、破壊された跡からはなぜか疑似聖杯が摘出された。

OPでは成長したと思われるこれらしき物体が映っており、枝の内側は異世界の空を思わせる風景が広がっている等、型月世界でよく使われる「世界のテクスチャ」との関係性を窺わせる。


Lostbelt No.1のoutroでは、どうやらこの存在の起源は2016年にとある研究所にニューメキシコから移送されてきた『検体:E』と呼ばれた「『樹の根』のような姿をした地球外知的生命体」がその発端であるらしい。

だが、FGO世界で2016年というのは人理修復の日であった2016年12月31日に至るまで人理焼却状態であったために、同日という偶然であったとしても人理修復による1年の空白期間とそれからの復調という世界的な混乱では絶対に起こり得ない事象である
あるいは人理焼却という災害が発生しなかったどこかの並行世界での出来事が波及したとも考察できる。

2部の魔神柱的な枠ではあるが、まだまだ謎が多く、今後のシナリオに注目していきたい。

ゲームでの性能

章の終盤で、魔神柱戦と同じような独自のメッセージと共に戦闘へ突入する。
なお、クリプターとそのサーヴァントとの共通点(クラスや能力等)は現在皆無で、各異聞帯の王とクラスが一致している。

各個体

  • オロチ
永久凍土アナスタシア


初めてカルデアが交戦した白い空想樹。名称は担当クリプターであったカドックによる呼称。クラスはライダー
カルデアの攻撃で機能停止状態に陥り、そこに突如として現れた異星の巫女によってトドメを刺されたかのように崩壊した。
ただしこの個体は他6つの空想樹とは違い、イヴァン雷帝が『異星の神』を信用しきらず殆ど連携を取らなかった事で「根付いたばかり」の状態であった。

  • ソンブレロ

無間氷焔世紀ゲッテルデメルングに根付いた血のような色の空想樹。クラスはキャスター
一度スルトに取り込まれた影響か異星の巫女無しにも切除された。

関連タグ

Fate/GrandOrder 大樹 エイリアン

pixivに投稿された作品 pixivで「空想樹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89844

コメント