ピクシブ百科事典

セファール(Fate)

せふぁーる

セファールとは、「Fate/EXTELLA」に登場するとあるキーパーソンである。
目次[非表示]

この記事には「Fate/EXTELLA」の重大なネタバレが含まれています。































暴走 


プロフィール

真名セファール
クラスヴェルバー02
性別女性
身長64M~
体重100t~
イメージカラーコズミックブルー
特技文明蹂躙
好きなものなし
嫌いなものなし
天敵聖剣使い
CV能登麻美子


概要

Fate/EXTELLA」においてアルテラと呼ばれる少女の本質。
端的を言うなら遠い宇宙から飛来した宇宙人である。しかし、宇宙から飛来して地域に根付いた神霊となった者達とは違い、ヴェルバーによって作られ全てを破壊して収穫するという、知る者の見解では矛盾したコンセプトで作られた「アンチセル」という名の兵器。

かなり複雑な関係にはなるが、まずアルテラの存在の前提として巨神アルテラが存在する。『Grand Order』のアルテラが本体と呼んでいるのはこの巨神アルテラのことである。彼女はかつて一万四千年前に彼女が搭載された星舟ヴェルバー02が物理的にムーンセルへと激突。激突後、ムーンセルの掌握とムーンセルの機能の一部を使って地球にマテリアルボディを作成してそのマテリアルボディの巨人、セファールと呼ばれる巨人によって全ての文明を蹂躙、破壊の侵攻の二つを始めた。
全てを破壊する侵攻の前に文明を庇護する側に回った当時の神霊達が抗ったが、その全てを蹂躙。命乞いをして辛うじて破壊を逃れたメソポタミアの神々とほんの一部の生き残り以外は全て蹂躙され、今もなお神々にとってはセファールの存在は完全にトラウマとなっている。
侵攻する中でも自らのコンセプトである破壊を疑念に感じ続け、当時、一番強かった神霊である戦神を討ち倒した後でも侵攻を続けたが、星の祈りを集めた聖剣を持った者によって討たれる。
聖剣によって討たれた際、その隙を突いたムーンセルはヴェルバー02が食い込んだ領域を一切光を通さない未明領域に隔離。アクセス不可能な領域として完全に切り離し封印された。

セファールは聖剣によって討たれてもなお、歩み続けたがやがて力尽きた。その遺体は一万年以上もの時を経て遺跡と呼べるものへと風化。封印された巨神アルテラは一万年以上も変化することがなかったが、やがて西暦のある年代に突如として送り込まれたある情報によって変わることとなった。

それは風化したセファールの遺体だった遺跡から、フン族によってセファールの頭脳体が発掘されたことから始まった。頭脳体はサイズも外見も人間の子供とほとんど変わらず、セファールとしての記憶を失っていたためにフン族によって育てられる。アッティラと名付けられ、己を人間と誤認したまま成長し寿命を終えた存在こそが『Grand Order』における英霊アルテラである。

地上を生きたアルテラの情報を受け取り、巨神アルテラに大きな変化が生じることとなった。そんな最中、ヴェルバー側に完全に付いたサーヴァントとそのことを知らない月の王と出会い――。

『EXTELLA』のサーヴァントのアルテラの正体は、ある事情で未明領域から動く気が無かった巨神アルテラがムーンセルの中を動くために作ったアバターである。性格としては巨神アルテラの三重人格のうちの一つの面が強調されてるが根本としては同一人物である。

関連項目

Fate/EXTELLA ヴェルバー アルテラ(Fate) 巨神アルテラ

pixivに投稿された作品 pixivで「セファール(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1608

コメント