ピクシブ百科事典

アルテラ(Fate)

あるてら

『Fate/Grand Order』、『Fate/EXTELLA』に登場するセイバーのサーヴァントの一人。
目次[非表示]

私は、破壊である。
星より降りて、蹂躙を果たさんとする者である

プロフィール

真名アルテラ(アッティラ)
性別女性
身長160㎝
体重48kg
出典史実
地域中央アジア欧州
属性混沌・善
イメージカラーダークプラチナ
特技文明破壊
好きなもの潔癖なもの、誇り高いもの
嫌いなもの汚いもの、話の長い男
天敵ネロ、???
設定担当奈須きのこ桜井光
ILLUSThuke
CV能登麻美子

生まれた時から軍神マルスアレス)が好き

概要

Fate/GrandOrder』の7週連続CMにて初登場したセイバーサーヴァント
誇り高く、理性的な戦士。しかし、どこか「空虚」を感じさせる女性。
ストーリーモードの方でも度々登場しており、その驚異的な力を振るって主人公たちの前に立ちふさがる。自身を「文明を滅ぼすもの」と定義しており、一部からは「人類の天敵」指定されている。

Fate/EXTELLA』では、3つの陣営を率いるサーヴァントの内の1騎であり、ヒロインのひとりとして登場。

真名

絵描きはいい文明


その正体は、大帝国を築いた大王「アッティラ・ザ・フン」。
ガリア人の中でも一際恐れられたヘルウェティイ族ですら慄く、匈奴(フンヌ)の末裔=フン族の君主。西アジアからロシア東欧ガリアにまで及ぶ広大な版図を制した五世纪の大英雄。アッティラ率いるフン族の欧州侵攻はゲルマン諸族の大移動を引き起こし、西ローマ帝国滅亡の遠因となったと言われる。

記録では、とある宴会の席で鼻血を出し、それが元で窒息死したと語られている。
尤も、これは後世のローマ教会による捏造だという説が、近年の研究で有力となっている。
実は北欧神話とも縁があり、そちらでは“エッツェル”の名で登場し、ジークフリートの妃・クリムヒルトが復讐のために近づき、再婚相手としたという逸話がある。
こちらでは「傑出した統治者」として描かれ、その善政から、帰還を許された捕虜が帰るのを渋ったとまで言われている。

なお、「アルテラ」という名前は、彼女自身が可愛くないと抗議したことで付けられた愛称。
作中史においても「アッティラ」の方で記録されているため、「アルテラという名前の英雄は聞いたことが無い」と言われている。

人物

直感力に優れ、あらゆる事態に際しても理性を放棄せず立ち向かう。誇り高く、理性的な戦士。
何処か「空虚」なところがある。
戦闘時には冷静かつ正確に状況を把握し、無慈悲な殺戮を遂行する戦闘機械と化す。
純然たる『戦闘王』。
戦場の武勲とは対照的に統治には成功せず、自身の死の後に帝国は急速に瓦解し消え果てた。
しかし、畏怖と恐怖を示す「アッティラ」の名は、近代・現代に至るまで人々に記憶されている。

聖杯にかける願いがあるとすれば――。
「戦士ではない人生を生きてみる」こと。
決して戦士である自分を嫌悪していた訳ではない。
ただ、もしも戦士でなかったとしたら、どのように自分は生きるのだろうか、と興味を抱いている。

自らを“殺戮の機械”と称し、勝利と破壊のために剣を振るい、それへの躊躇は一切ない。
しかし実際には「壊すことしか出来ない自分」に虚しさを憶えている節もある。同時に敵対時に彼女を倒すと、自分に壊せない者があることを知ってどこか満足げな言葉を残す。

北欧神話で“エッツェル”として語られていることについては、殆ど覚えていない。
それどころか、生前は文明の破壊にしか興味を示せず、自分が王として如何に生きたか、そもそも婚姻していたかさえ記憶に留めていない。

無感情で朴訥としているが、アッティラの名で呼ばれるのを「可愛くない」と言う理由で疎んでいたり、慈しみに強い憧憬を示すなど、絆を深めることで女性的で純粋な側面も見せてくれる。
ちなみにエッツェルと呼ばれることは「響きが可愛いから」抵抗が無いらしい。理由を言い当てられた際には、顔を赤くしながらしどろもどろになっていた。なにこのかわいい神の鞭

なお「文明」ならば何でも壊すというものでもないらしく、お月見イベントでは「お団子は良い文明」で「お月見は悪い文明」という、彼女なりの謎の基準を設けていることが判明(あくまでギャグ時空での話だが)している。
ちなみにバレンタインデーでは周囲の勢いに負けて、有耶無耶なまんまマルタブーディカに教わりながらチョコ作りに参加していた。なお、出来あがった「エンローバーフォトン」は何故か「軍神の剣」の刀身っぽい仕上がりになってしまった。しかも当人さえ「どうしてこうなった」と困惑している。でも一応、外装を外せばちゃんとチョコレートっぽい。

白髪の長髪に見える外見をしているが、実際には白髪のショートカットの上に白いベールを被っているという初見で勘違いする人が多い構造になっている。

謎多きサーヴァント

現在では最も謎深いサーヴァントでもある。お月見イベントでのアルテミススカサハ実装ストーリーでのスカサハの台詞から、まだまだ深い謎が秘められている。

保有スキルに「星の紋章(EX)」、全身には生まれた頃から存在する謎の刺青状の紋様、世界を自重で壊す夢、聖杯を人理の記録装置と捉えて破壊対象とする思考回路など、これらについてゲーム上には全く解答やヒントになり得る記述が存在しない。
当人も、レベルアップの際の「本体同調率、上昇」「これがこの器の限界だ」等をはじめ、強化関連で謎の台詞を発することが多い。先に述べた女性性の発露も、どちらかと言えばマスターとの触れ合いで発生した節がある。
新たに加わった第二の絆イベントでも、生前の記憶が曖昧なことしか判明せず、ブリュンヒルデとクリムヒルトを介して争ったことをまったく覚えていなかった。
『Grand Order』で語られるところでは、とある遺跡に放置された全身入れ墨まみれの赤子をフンヌが拾い、育て上げたのが彼女であると言う。だが、神霊であるアルテミスが危惧しているアルテラとは同じ名前ながら別人なのだとか。
また、月のアルテラと地上のアルテラは“とある理由”で異なっている個所がある模様。実際に、今作での彼女の宝具はFGOとは違う「涙の星、軍神の剣」となっている。

果たして、彼女は本当に“ただのアルテラ”なのか……。
その本当の詳細は解放された月で明らかになる。

玉藻の前と天照の関係のように現界しているサーヴァントとはかなり異なる本体がこのアルテラにも存在するらしく、それは「巨神アルテラ」と呼ばれている。
この巨神アルテラは現界している戦闘機械のようなアルテラとは違い、穏やかな口調をしている。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香BAABAA+
岸波白野BAABAA+


保有スキル

対魔力(B)セイバーのクラススキル。魔術に対する抵抗力。一定ランクまでの魔術は無効化し、それ以上のランクのものは効果を削減する。魔術詠唱が三節以下のものを無効化する。大魔術・儀礼呪法などを以ってしても、傷つけるのは難しい。
騎乗(A)セイバーのクラススキル。乗り物を乗りこなす能力。「乗り物」という概念に対して発揮されるスキルであるため、生物・非生物を問わない。Aランクなら竜種以外の幻想種までなら乗りこなすことが出来る。
神性(B)神霊適性を持つかどうか。アルテラ自身は神霊との血縁関係を有していないが、、欧州世界を蹂躙した事実は神威とされ、畏怖の対象となって「神の懲罰」「神の鞭」の二つ名を得るに至った。このことから、地上で英霊となったアルテラは神霊適性を高ランクで有する。
軍略(B)多人数を動員した戦場における戦術的直感能力。自らの対軍宝具行使や、逆に相手の対軍宝具への対処に有利な補正がつく。
天性の肉体(D→EX)生まれながらに生物として完全な肉体を持つ。一時的に筋力のパラメーターをアップさせることが可能となる。更に、どれだけカロリーを摂取しても基本デザイン(体型)は変化しない。FGOでは幕間の物語を完成するとDからEXにランクアップする。
星の紋章(EX)体に刻まれた独特の紋様。何らかの高度な術式による紋―――――フンヌ族に特有の紋と言う訳ではなく、アルテラという個人が有する不可思議の紋である。ランクが高いほどに威力は増していく。紋を通じて魔力を消費する事で、瞬間的に任意の身体部位の能力を向上させることが可能。魔力放出スキルほどの爆発的な上昇値はないが、魔力消費が少なく燃費がいい。更に、直感スキルの効果も兼ね備えた特殊スキルでもある。…何か、一文字欠けている気がする、とは本人の弁。
文明浸食(EX)英霊アルテラ本人が無自覚に発動しているスキル。手にしたものを今の自分にとって最高の属性に変質させてしまう。『最高』とは『優れている』という意味ではなく、アルテラ本人のマイブーム的なものを指している。


宝具

軍神の剣(フォトン・レイ)

軍神の剣


命は壊さない。その文明を粉砕する……!

  • ランク:A
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~30
  • 最大補足:200人
  • 由来:欧州全土で「神の懲罰」、「神の鞭」と畏怖された武勇と恐怖が、軍神マルスの剣を得たとの逸話と合わさった宝具――であると思われる。

長剣の形状をしてはいるが、何故か、どことなく未来的な意匠を思わせる。
三色の光で構成された「刀身」は地上に於ける「あらゆる存在」を破壊し得るという。
真の力を解放した時、ランクと種別が上昇する。
尚、発動の際は、剣の鍔が開き、刀身が回転する。

彼女に関連するある存在が戦神を破り、その戦利品として得たものであるらしく、彼女の自我を構成する柱の一つとなっている。
このことがきっかけで英霊アルテラは軍神を好み、手にしたものがすべからく軍神の剣となってしまうという。(バレンタインイベントでもチョコレートがなぜか三色に輝く刀身のような物体になってしまっていた。)

ちなみに『ちびちゅき!』では元々「三色ボールペン」と揶揄されていたことも有ってか、きのこパワーによってハリセンにされたエクスカリバーに続いて本当に三色ボールペンにされてしまった。
でもやっぱり硬いらしく機械くらいなら楽々叩き壊せる。

涙の星、軍神の剣(ティアードロップ・フォトン・レイ)

アルテラ・オーダー・グランデ


  • ランク:A++
  • 種別:対城宝具
  • レンジ:1〜99
  • 最大補足:900人

火神現象(フレアエフェクト)。マルスとの接続開始。発射まで、二秒。
軍神よ、我を呪え。宙穿つは涙の星。

Fate/EXTELLA』における彼女の宝具。軍神の剣の真の力。
マルスと接続し、その力の一端である旭光を魔法陣より敵に照射する。
その攻撃は、ティアードロップ(落涙)の如く降り注ぐ。

この光線はとある経緯から彼女へ怒りを向けている戦神などの神々が彼女への神罰として放っているものを強引に捻じ曲げて攻撃に使用しているものであり、そのため消耗と負荷は相応に大きく、無闇に使えば制御を失った旭光が自身に降り注ぐ危険性が伴う。
地上のアルテラでも撃てるには撃てるが、地上のアルテラの霊基では一度が限度である。

『Grand Order』の第1部最終章では、その封印を解禁し、魔神柱の群体を一網打尽にしている。
ローマ帝国の神祖曰く「我が父(マルス)の剣」(しかも「久しぶりに見た」とまで言って懐かしんでいる)。
つまり本当に軍神マルスの力の片鱗らしいことが確証された。
というか、見た事有るんですか、神祖。
イベントでも発動した。
(この時は、何時ものような機械的な感じではなく、彼女の側面のような穏やかさがある喋り方だった。というか本人と思われる)
使用の際に《火神現象(マルス・エフェクト)》という能力を超過使用させ、彼女のスキル『星の紋章』を元の形に復刻させて放っていた。

Fate/GrandOrderでの性能

最大HP13907(LV90)
最大ATK12343(LV90)
コマンドカードQuick:1/Arts:2/Buster:2
宝具カードBuster
スキル1軍略(B) / 味方全体の宝具威力UP(1T)
スキル2天性の肉体(D) / 自身の攻撃弱体耐性UP(3T)&HP大回復(1000~2500)
スキル2(強化後)天性の肉体(EX) / 同上(1000~3000)&自身のスター集中率UP(1T)
スキル3星の紋章(EX) / 自身の攻撃力UP(3T)&スター獲得(5~15個)
宝具敵全体に強力な攻撃&敵全体の防御力をダウン(3T)〈オーバーチャージで効果アップ〉


レアリティは☆5(SSR)と、シリーズの顔であるアルトリアと並ぶ初期最上位セイバーの片割れ。
ATKはプロトアーサーに抜かれてしまったが、今でも☆5セイバー有数の高さを誇る。

高い攻撃力を活かしたBuster攻撃でのクリティカルヒットを最大の武器とし、バフを盛った状態で繰り出される「宝具(B)/B/B→Ex」での瞬間火力は、クラス相性の不利さえなければ並大抵の相手は微塵切りに刻んで粉砕してしまえるほどに鋭利。

初期の頃は宝具強化未実装ゆえにアルトリア沖田総司に一歩劣っていたが、強化が入った後はその強さが見直された。
また、スキル「天性の肉体」も強化され、微弱ながらスター集中効果が入った事で、よりクリティカルヒットが狙いやすくなった。

欠点は、無敵・回避が無いため、チャージ攻撃への対処がしにくい点。特にぐだぐだ天魔王相性・対騎乗・対神性の三重の極みで是非もなく屠られてしまう。まさかの天敵がこいつとは……。

2016年11月3日にバトルキャラのグラフィックおよびアニメーションが一新された。『エクステラ』のPVで見られた、剣を鞭のように延びたりしなったりさせたりする他、剣から虹色の光線を出したり、自分を中心に衝撃波を出したりと多彩な動きが盛り込まれた。また、宝具にも専用BGMが用意されるようになった。

各作品での活躍

Fate/GrandOrder

元々アルテラは『EXTELLA』のオリジナルキャラとして設計されたキャラクターであり、それをFGOに先行参戦させた形であるとイベントにて述べられる。
アルテラに上述したようなSF要素が強くなっているのはFate本家の世界観からの参戦ではなく、その平行世界であるEXTRAシリーズの「月の世界」からの参戦故だと説明されている。

メインシナリオでは、第1部二章「永続狂気帝国セプテム」にて登場。物語の終盤、レフ・ライノールの手でローマ抹殺の切り札として召喚される。が、召喚されてすぐにレフを斬り殺すと共に突然宝具を発動。その後はローマへ進軍を開始し、二章における事実上のラスボスとして主人公たちと対峙する。

最終章では敵対者だったにもかかわらず、「自分が破壊するのは文明であって人類ではない」と自身の心に湧き立つ“常人への憧れ”を理由に主人公側へと加勢。
魔神柱の群体へ「星の涙、軍神の剣」を撃ち込み、主人公に加勢するサーヴァントたちを圧倒するとともに、その勢いを後押しして見せた。
なおステンノは1万4千年前の神代から彼女を知っていた。

オール・ザ・ステイツメン!〜マンガで分かる合衆国開拓史〜』では、バーサーカーのいる特異点に召喚され、たびたび主人公とバーサーカーの行く手を遮る。
そのたびアメリカにちなんだ英霊を名乗り、最終的にはアメリカの擬人化である「女神コロンビア」を名乗る。
かなりお茶目な言動が増えていたが、特異点の全容を把握していたほぼ唯一の英霊であり、バーサーカーが英霊の座に正規に登録されることを妨害すべく暗躍していた。
だが一方で、バーサーカーを決して憎く思っていたわけではなく、最終的には特異点修復のために「英霊アルテラ」として主人公に力を貸した。

2017年クリスマスイベント『冥界のメリークリスマス』では、に乗るアーチャーアルテラ・ザ・サン〔タ〕として登場。

Fate/EXTELLA

遥か昔にやって来た遊星からの使者。
ギルガメッシュジャンヌイスカンダルと錚々たる面々を従えているが、これは彼女を倒す刺客として放たれたのを返り討ちにして自陣に加えたためである。
ある理由から王権(レガリア)と共に3つに分割された主人公の“肉体”と契約を交わす。

関連人物

EXTELLA

岸波白野
“我が虜”。強制的に契約を結びマスターとする。
序盤は魔力を供給する道具として扱っていたが、時を重ねるにつれ絆を深めてゆく。

ギルガメッシュ
勝手に現れて勝手に副官を名乗り出た英雄王。
古代の神々が交わした誓約の履行と嘯くが、本心は別にある模様。

赤セイバー
敵対するサーヴァントのひとり。
その在り方を鮮やかで美しいと捉えるも、ある理由から相容れない天敵でもある。

Grand Order

ジークフリート
彼の妻クリームヒルトの再婚相手“エッツェル”として関わりがあるようだが・・・?

アルテミスステンノ
一部のシナリオで共演した“女神”。
1万4千年前の神代、彼女が“巨人”と呼ばれたていた頃を知っているらしい。

マンガで分かるバーサーカー
バーサーカーのことを陰で監視している。
そのため苦手意識を持たれているようだが……

エレナ・ブラヴァツキー
本編での絡みは無いが、「ますますマンガで分かる!Fate/Grand Order」では度々共演している。
どうも前作である「もっと」の81話で初共演した際に一線を超えてしまったらしく、以降はすっかり夫婦漫才が板に付いている模様。原因となったちびっこ王国の面々も含めてそれなりに仲良くしているあたり、意外と満更でもないのかもしれない。

関連イラスト

アルテラ
アルテラ


アルテラ
夜が続いても



関連タグ

Fate/GrandOrder Fate/EXTELLA サーヴァント セイバー(Fate)
ヒロイン 破壊 蹂躙 大王
男主テラ / 女主テラ

pixivに投稿された作品 pixivで「アルテラ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9626255

コメント