ピクシブ百科事典

ロムルス(Fate)

ろーま

『Fate/Grand Order』に登場するランサーのサーヴァント。そしてローマである。
目次[非表示]

「ローマとは浪漫であり―――神代より卒業し、人として人を愛す心を得た、人間的なるもの、その全ての象徴である。」

ローマ(プロフィール)

真名ロムルス
性別男性(ローマ)
身長190cm
体重140kg
出典ローマ建国伝説
地域欧州
属性・カテゴリ混沌・中庸・
Illustこやまひろかず
設定担当桜井光
CV置鮎龍太郎


ロムルスの一人称は常に「私(ローマ)」である。
例→「私(ローマ)が、ローマだ」

ローマ!(概要)

Fate/GrandOrder』に登場するランサーサーヴァント

FGO屈指の出落ちサーヴァントで、その独特の雄々しい立ち姿(Y字ポーズ)に多くのマスターが腹筋にBusterチェインをくらうことになった。その立ち様はまさにローマ。どこぞの魔物に似ていると言われることもある。

ローマ!(人物像)

ザ・ローマ。生まれながらに超人であるため、余裕と落ち着きがある。
その人間性は世界に君臨するローマそのもの。
ネロカエサルカリギュラといった後世のローマの英霊たちを「我が子」と呼び、愛する。

ローマとは世界であり、すなわち世界とはローマに他ならない。
ならば人類史とはローマの歴史にも等しい。
なればこそ、神祖は人類史のために戦うマスターを庇護し続ける。
「お前もローマだ」

第二章「第二特異点《AD.40 永続狂気帝国セプテム》」にて敵サーヴァントとして登場。
黒幕によって召喚されて“ローマの破壊”を唆されるも、世界(ローマ)を心魂より愛する彼には馬耳東風だった。そのため、やむなく黒幕の方が折れて「新国家『ローマ連合帝国』による旧ローマ帝国の蹂躙」に計画を変更することになり、その神輿として黒幕に担がれることとなった。
ロムルス自身は神輿として担がれていることも重々理解しており、現皇帝ネロと敵対することとなっても、まるで“我が子を試す父”のように立ち塞がり、彼女のローマ帝国への愛が本物であるか否か見極めようとした。倒された際にはネロのローマへの愛を認めながら、その精神を鼓舞しつつ消滅した。

尊大で威圧に満ちた風格の持ち主だが、その精神性はどこまでも深い父性に満ちており、相対する者の矛盾を見極め、その過ちを正し、より良い未来へ導かんとする崇高な精神を宿している。
口を開けば「ローマ」と言い、全てをローマに関連付けるのが玉にキズだが、彼にとって世界はローマであり、ローマとは即ち自身であるため、自身に関わろうとする一切を受け止める器の大きさを有しているとも言える。

その父なる精神は紛れもなくローマ。

ローマ……(真名)

古代ローマの父・ロムルス。
ローマ建国の神祖、軍神マルスの子にして伝説のローマ王

アルバ王家の血筋を引きながらも、大叔父アムリウスの強欲により祖父ヌミトルは王位を追われ、母シルウェアは神殿の巫女として封じられてしまう。
だが母はその心身の美しさでマルスの心を射止め、ロムルスとレムスの双子を授かる。
2人は誕生からすぐさま大叔父に抹殺されそうになるが、殺害を命じられた兵士がこれを躊躇し、最終的に密かに川に流される。その後、マルスの遣わした牝によって川から拾い上げられ、その乳を飲んで飢えを凌ぎ、しばらくしてから羊飼いの夫婦に拾われて育てられる。

成人後、羊飼いのリーダーとして信望されたロムルスは、近隣のアルバ人との諍いの中で自分たちがアルバの王族であることを知る。
自らの強欲で親族を圧した不義のアムリウスを打倒せんと誓った兄弟は、武器を集めて輩を引き連れ、アムリウスの宮殿を襲撃する。
かくして悪しき王は討たれ、兄弟は祖父に王位を返還すると建国の夢を抱いて去っていった。

弟レムスとはかつては強い絆を結んでいた。
しかし、建国の折りに、パラティヌスとアウェンティヌスのどちらを首都とするかで対立し、その仲は険悪になっていく。
最後は弟の挑発に激怒し、感情に任せてレムスを殺してしまう。
ロムルスは悔やんでも悔やみ切れず、レムスの行った挑発になぞらえ、国境の堀を超える者に死を願ったという。
英霊となってなお、この後悔だけは拭い難いと語っている。

その後レギオン(軍団)や元老院の創設、周辺国家の制圧を進め、ローマを強大な国へと押し上げた。
だがある日、ロムルスは忽然と姿を消した
暗殺されたとも、神々が彼の使命の終焉を見極めて神の座に召し上げたとも――。
Fate時空ではアルトリアランサーの絆イベントにて、「生きながら神になった」と語っている節があるため、後者の説を採用している模様。

死後、彼はローマ建国の父として崇拝され、「神祖」として神殿に祭られることとなった。

ローマ!!(能力)

全てにおいてCランク以上の高いステータスを誇り、ギルガメッシュカルナ同様「トップサーヴァント」に名を連ねている。
これに加えて本来は「神性」のクラススキルも持ち合わせているのだが、「皇帝特権」を得るにあたって敢えてそちらを封印し、一人のローマ人として顕現する道を選んでいる。

ローマ(ステータス)

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
BAACBA++


ローマ(保有スキル)

天性の肉体(C)生まれながらに生物として完全な肉体を持つ。このスキルの所有者は、常に筋力がランクアップしているものとして扱われる。さらに、鍛えなくても筋肉ムキムキな上、どれだけカロリーを摂取しても体型が変わらない。
皇帝特権(EX)本来持ち得ないスキルも、本人が主張する事で短期間だけ獲得できる。該当するスキルは騎乗、剣術、芸術、カリスマ、軍略、等。ランクがA以上の場合、肉体面での負荷(神性など)すら獲得する。本スキルを有するにあたり、ロムルスは本来有していた高ランクの神性スキルを自ら封印している。
七つの丘(A)自ら「我が子」と認めた者たちに加護を与える。七つの丘とは“ローマ七丘”、すなわちローマの礎となった七つの丘を指す。パラティヌスの丘に城壁を築き、その地がのちのローマの中心部となったと伝わる。
対魔力(B)ランサーのクラススキル。魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。
神性(×)本来は高ランクで保有するのだが、一ローマ人として現界するために敢えて封印。代わりに皇帝特権を獲得している。


ローマ!!!(宝具

すべては我が槍に通ずる(マグナ・ウォルイッセ・マグヌム)

永遠


「すべて、すべて、我が槍にこそ通ず。――『すべては我が槍に通ずる』!」

  • ランク:A++
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~99
  • 最大補足:900人

国造りの槍。母シルウィアが処女懐胎によりロムルスを生み落とす以前に見た夢に登場する、ローマそのものを象徴する大樹と結び付けられて伝えられる。
ローマ建国の折、ロムルスはこの槍をパラティヌスへと突き立て、槍は瞬く間に根と枝葉を生やし大樹に変貌したと伝わる。大樹はローマ帝国の興亡を共にし、滅亡を見届けると枯れ果てて朽ちたという。

一度、真名を解放して地面に突き立てると、槍は大樹として拡大・変容し「帝都ローマの過去・現在・未来の姿」を造成、怒涛の奔流で対象を押し流す。質量兵器ローマ。

「マグナ・ウォルイッセ・マグヌム(Magna voluisse magnum)」はラテン語の格言で日本語に訳すと「偉大なことを欲したということが偉大である」となる

すべては我が愛に通ずる(モレス・ネチェサーリエ)
  • ランク:B
  • 種別:結界宝具
  • レンジ:1~40
  • 最大補足:100人

愛する弟レムスを自らの手で誅した逸話を具現化させた、血塗られた愛の城壁。
空間を分断する城壁を出現させることで壁の内側を守る、結界宝具。
城壁の出現は地面から瞬時に湧き上がるため、出現位置の調整次第ではギロチンのように対象を切断することも可能。

「モレス・ネチェサーリエ」は塩野流の独特な読み方で"moles necessarie"は古典ラテン語では「モーレース・ネケッサーリエ」と読む。「必要な大事業」程度の意味で、塩野七生『ローマ人の物語 第10巻』にてローマ人はインフラを「モーレス・ネチェサーリエ」と呼んでいたとの形で紹介されている。製作者はこの普通使用しない読み方とともにここから採用したのだろう。

ローマ!!!!(ゲーム上での性能)

初期から実装されているレアリティは☆3レアのランサーで、ステータスは同格のランサーと比較してHPが低い分、攻撃力で勝る。
カードバランスは《Quick:2/Arts:1/Buster:2》と、ランサーの定形。

スキルは、HPを回復しつつ3ターンの間自身の攻撃弱体耐性を上げる「天性の肉体(C)」とHP回復に加えてランダムで攻撃力・防御力アップが付くことがある「皇帝特権(EX)」、強化クエストクリアで習得する味方単体に1ターンの間ガッツ(自動復活)とBuster性能UPを付与する「七つの丘(A)」。

体力回復スキルを2つも持つ事から最大HPの割に耐久力が高く、ランダム性がネックだが「皇帝特権(EX)」でステータスも上げられると、ただのネタキャラと侮りがたい強さを秘めている。
「七つの丘(A)」は最大HPが低い自身に使うのも悪くないが、耐久力に難のあるバーサーカーアーラシュの宝具による自爆を防ぐために使うのも効果的。

宝具「すべては我が槍に通ずる」は、種別はBusterで、効果は【敵全体に強力な攻撃+3ターンの間味方全体の攻撃力UP〈オーバーチャージで効果UP〉】。
威力はLv5(MAX)まで到達すればランクA++級だけに、☆3ながら中々のパワーとなる。
副次効果で攻撃力が上がるため、宝具連鎖の先鋒として発動させ、後続の宝具の威力を上げたり、バトル終盤でおもむろにぶっぱして雑魚散らしとステータスUPを両立したりと、応用次第で戦術の幅が大きく向上する。
ただ攻撃するだけに終わらない、これぞローマ。

実は、希少な星属性の持ち主であり、これにより高ランクアーチャーである金ピカミスターすっとんきょうの宝具が持つ特攻効果の対象から外れている。そのため、しっかり育てればこの2人にとってのまさかの天敵と化す。

欠点はArts1枚ゆえにNPチャージが不得手な事。NP効率自体は悪くないため、パーティメンバーで上手く補強すれば宝具開放も難しくはない。
概念礼装は、初期NPとHP回復量を同時に増やせる「カルデアの顕学」と特に相性が良い。生存力に特化させるならば、「メイド・イン・ハロウィン」も効果的である。

基礎ステータスが不安ならば、「聖杯転臨」で補強するのも手だろう。
聖杯は希少品ゆえ使うには愛が問われるが、その愛を以てローマはさらに育ちゆく!!

ローマ、ローマ……!(関連人物)

ネロ・クラウディウス
歴代皇帝の中でもその在り方を気に入っており、「実に良きローマ皇帝」と称賛している。
ネロの方も彼を大いに尊敬している。それだけに、敵の名目上の首魁が彼であると判明した際には大きく動揺していた。

2章の黒幕
ローマ連合帝国の参謀にして宮廷魔術師。
ロムルスを召喚して首魁に担ごうとするも、その規格外さに手を余してしまうことに……。

アルトリア・ペンドラゴン(ランサー)
人の身のまま神域に達したランサーの後輩格。
彼女の絆イベントに登場。
自身の在り方に頑なな拘りを見せる彼女に対し、とんでもなくローマな方法で諭してしまう。
「問おう。(マスター)よ、アルトリア・ペンドラゴンを好きと言えぇぇぇぇい!!

アルテラ
終局特異点にて、彼女の放った「涙の星、軍神の剣」を見て、「我が父(マルス)の剣」と言っている(しかも「久しぶりに見た」と言っている事から、前に同じ光景を見たという事実が判明している)。

ヒッポリュテ
ペンテシレイア
異母兄弟。これはロムルスの父親であるローマ神話軍神マルスとヒッポリュテとペンテシレイアの父親であるギリシャ神話の戦神アレスが同一視されている事に由来している。

生前

レムス
双子の弟。
諍いの末に決闘で死なせてしまったことが心残りとなっている。

ローマ!!!!!!!(余談)

イタリアのプロサッカークラブのASローマのエンブレムには、ロムルスの姿が描かれている。
そもそも同チームのエンブレムはローマ建国神話が由来となったデザインの為。

ローマ!!!!!(関連イラスト)

お前がローマを望むとき
ロムルスのマントは素敵なマント



ローマ!!!!!!(関連タグ)

Fate/GrandOrder サーヴァント ランサー(Fate)

ローマ帝国 皇帝

pixivに投稿された作品 pixivで「ロムルス(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1549121

コメント