ピクシブ百科事典

ロンゴミニアド

ろんのやり

ロンゴミニアドとは、[『アーサー王伝承』に登場する名槍。別名「ロンの槍」。後世、ロンギヌスの槍と同一視されることもあるが確証はない。

概説

アーサー王最期の戦いに使用された名槍。
別名を「ロンの槍」といい、アーサー王伝承ではこの名で登場している。

幅広で長い穂先を持ち、一撃で五百人の兵士を吹き飛ばすとされるが、それ以上のことは分かっていない。
エクスカリバーと並ぶアーサー王の宝物だが、エクスカリバーが目立つこと、またこの槍の登場が、アーサー王伝説の中盤にある「ヴォーティガーンの討伐」と、佳境の「カムランの戦い」のみであることも手伝って、あまり取り沙汰されない。

父兄であるヴォーティガーン討伐では、アーサー王のエクスカリバーもガウェインのガラティーンも通用しないヴォーティガーンに対し、最後の切り札として使用してヴォーティガーンを倒している。
最期の戦いとなったカムランの戦いでは、モードレッド卿の反逆にあった際、エクスカリバーを帯剣せずこの槍で戦いに挑み、カムランの戦いにて休息するモードレッドを見つけるや、一騎打ちを仕掛けて胴体を貫いている。モードレッドも死を覚悟し、剣でアーサー王の頭部を渾身の力で斬り付け、致命傷を負わせて絶命している。
エクスカリバーを帯剣しなかった理由は伝承ごとで差異があるが、このときアーサー王はモーガン・ル・フェイの計略でエクスカリバーのを喪失し、鞘の“不老不死の加護”を得られずにいたのは確かである。

後世、ウェールズ地方の騎士物語に「ロンゴミニアド」の名で登場している。
さらにのちに、俗説でロンギヌスの槍と同一視する動きもあるが、時系列で擦り合わせるとガラハッドが昇天した際、ロンギヌスを聖杯と共に抱えて持って逝ってしまった後なので、どうしても信憑性は薄い。
聖杯探索自体も、キリスト教的な騎士道のプロパガンダの要素が強いため、綯い交ぜにされた可能性もある。

関連タグ

武器  アーサー王伝説 アーサー王

ロンギヌスの槍:同一視される槍。

最果てにて輝ける槍TYPE-MOON作品におけるロンゴミニアド。

pixivに投稿された作品 pixivで「ロンゴミニアド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 364926

コメント