2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細
目次[非表示]

概要

読んで字のごとく、竹で作った槍。
竹を切り出して枝葉を落とし、先端を斜めに切る……という行程で簡単に作れる事、素材となる竹が身近にある事から、日本東アジアの亜熱帯地区などでは古くから使用されてきた。場合によっては槍先をで炙って硬度を上げたり、油を塗って刺突の際の滑りを良くしたりもする。
手軽な割に殺傷力はバカにできないが、耐久性は非常に低く、一度か二度刺すと使えなくなってしまうらしい。

日本における竹槍

の堅さと加工のしやすさに加え、竹の自生する土地の多い我が国では、戦国時代からその存在が確認されている。
一般的に現代日本では、先述の通り棒状の竹の先端を尖らせた簡易的な武器であると解説されるが、室町・戦国時代までは棒状の竹の先に短剣を装着したタイプ(ほぼ簡易版の薙刀)も指していた。そのため、戦国時代の文献に竹槍が登場したとしてもどちらのタイプであるかまでは分からない。

竹はと違い中身が中空なため圧縮強度が高く、単なる尖らせたよりも殺傷力は高かったとされている。原理的には、ストローの片方を指で押さえ、勢いよくジャガイモに刺すと想像以上に深く刺さるのを思い浮かべれば良い。
主に農民が百姓一揆などの強訴に打って出るときに使用され、大っぴらに武器の持てない農民にとっては貴重な戦力であった。

ちなみに本当に戦場で使用されたこともあったらしく、一説には明智光秀落ち武者狩りに出た百姓たちの竹槍で重傷を負い、自害したと言われている。

明治時代以後は廃れていったが、第二次世界大戦で日本国内の物資が困窮し、本土決戦の様相が濃くなると、一般市民の武器として再び注目される。
有名なのは竹槍訓練と呼ばれる連合国軍兵士に見立てた人形に竹槍で攻撃する練習で、政府指導の下でおこなわれ、士気高揚を促そうとした。

またこの頃、竹槍に爆薬を詰めた対人用爆竹槍や、ロケット花火の要領で飛ばして敵爆撃機を落とす対空用爆竹槍など、冗談のような兵器が本当に開発されており、来る本土決戦に備えた……が、そこまで至る前に降伏したため、日の目を見ることなく廃棄された。

  • あくまで都市伝説の類だが、土浦霞ヶ浦海軍航空隊基地を空襲に来た艦載機に女子挺身隊が竹槍を放ったところ、プロペラに命中し破損、機体は筑波山に激突したという噂がある。他にはおじいちゃんの戦時中の武勇伝(ホラ話)をさらにネタ化した話として「竹槍でB29を撃墜した」は定番である。

一方、しなる上に硬い竹は金属の精密部品に食い込むと簡単に破壊してしまうことが多く、戦車のキャタピラが狙われ突っ込まれ外され往生こく例が散見された。竹槍・木槍によって破壊された戦車は結構な数になるらしい。
日本では本土決戦で使う前に降伏したが、ベトナム戦争ベトコン側がそっくり真似た。

落とし穴


また、落とし穴トラップに用いた例もあった。(画像はイメージ)

フィクション世界での竹槍

竹やり


名称が「たけのやり」に変わった以降からではこんぼうに近い数値になり、どうのつるぎなどの序盤での中堅武器を手に入れるまで使用するプレイヤーも多く、お世話になる期間は長い。

いっき 権べ



ambush!


彼の持つ竹槍の素材である「バイオバンブー」はの4倍の強度があり、カラテにおいて上位に立つはずのニンジャスレイヤーを追い詰めた。


関連イラスト

戦って、死ね。



関連タグ

武器 竹光
  農民 一揆
暴走族車両に「竹槍マフラー」(金属製)を取り付けるものもある

関連記事

親記事

やり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 989246

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました