ピクシブ百科事典

茨城県の中心部、同県つくば市の北端にある

男体山と女体山の二つの峰があり、それぞれ標高871mと877mと女体山の方が僅かに高い。山頂にはそれぞれイザナギイザナミが祀られており、山腹に拝殿がある(筑波山神社)。
その山容は富士山や羊蹄山などの独立峰にも見えるが、実は福島県から南に伸びる低い山々の山地に属する。

日本百名山でもっとも標高が低い(1000m以下は筑波山と924mの開聞岳のみ)が、富士山と並び称されてきた名山で、小倉百人一首にも13番に置かれる陽成院の歌に読まれている。
茨城県民の歌の歌い出しが「空には筑波、白い雲」であるように茨城県を代表する山である。
別称筑波嶺(つくばね)、紫峰(しほう)。


山としては登山設備がかなり整備されており、ケーブルカーロープウェイ山頂付近まで登ることができる。山頂からは関東平野が一望でき、天気が良ければ富士山も見ることが可能。

登山道も整備されているが、標高の割には傾斜がきつい、足元が岩場や木の根などで意外と悪い、山頂近くまで森が生い茂って視界や景色が悪い、夏は日陰で休んでいてもとても暑い、道中のベンチがそんなにない事などから、低山だと侮ってあまりの軽装で挑むとその意外な険しさに苦しめられることになる。中には調子に乗った挙げ句、正規の登山道を外れて迷い下山できなくなる登山者も少なくない。
また携帯電話だが、つくば市や土浦市の携帯基地局のカバー範囲である南~西側は概ね通じるが、北~東側は石岡市柿岡にある気象庁地磁気観測所のための制限で基地局の能力が弱いため圏外になることが多い
その低さや地理(筑波研究学園都市や土浦市街など繁華街に近い)というイメージから山をなめないように

関連タグ

筑波 つくば ガマガエル/ガマの油売り 登山
つくばねの唄

平沢進 - 自称、つく頂(筑波山の頂上)に住んでいるという話

関連記事

親記事

やま

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「筑波山」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37012

コメント