ピクシブ百科事典

つくばねの唄

つくばねのうた

いやいや拙者とて武士のはしくれ、めったなことはいたさぬが、 このキャラが優遇できるとしたら何としよ?
目次[非表示]

解説

清水國明原田伸郎コンビで結成された「あのねのね」が「赤とんぼの唄」で、あまりのナンセンスさにこの予期せぬ成功?に気をよくし、タブーに挑戦したのがこの曲。
「つくばね」とは筑波山のことである。
内容は、と一人身の女との会話であるが、下ネタ方向に行き、放送禁止歌に指定されている。
そういう痛い目に遭ったためためか、後年のモノマネ選手権では下ネタが入る場合は水を差すことが多い。
シングルではライブ音源であり、後に嘉門達夫がカバーし、リメイクもされている。

関連動画



関連タグ

放送禁止歌 あのねのね 筑波山 りんご
下ネタ 大野敏哉 嘉門達夫 レイパー佐藤

コメント