ピクシブ百科事典

火山

かざん

火山活動により形成された山。様々な災害が起きる山のひとつ。
目次[非表示]

概要

マグマが地下から噴出したことに伴い形成されたなどの地形のこと。

日本列島のようなプレート沈み込み帯では、海水を含んだプレートの影響でマントルが部分的に融解して地殻内にマグマ溜まりが形成され、そこからマグマが噴出して噴火に至る。ハワイ諸島のようなホットスポットではマントルの湧昇流からマグマが形成される。アイスランドのようなプレート発散境界は、海洋プレートが外側に広がってゆく場所なので、それを埋めるために地下深部から高温のマントルが上昇してくる。

温泉地熱発電といった恵みをもたらす一方、噴石・溶岩流・火山灰・火山ガスなどによる被害ももたらす。海底で噴火したものは海底火山とされる。

著名な火山(日本以外)

※なお、地球以外でも木星衛星であるイオなどの天体で火山活動が観測されている。
エトナ火山 アララト山

日本の火山

四国近畿琉球諸島を除く日本全域に活火山が分布し、特に九州北海道(千島列島を含む)に活発な火山が多い(現在の定義では兵庫県の神鍋火山群が活火山に含まれる)。

かつては活火山、休火山、死火山に分類されていたが、「死火山」と考えられていた御嶽山が1979年に水蒸気爆発を起こしたことなどがきっかけで見直しが計られ、現在は「活火山」と「それ以外の火山」に区分されている。また、活火山も「過去およそ2000年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」(後に「1万年以内に噴火」)と大幅に定義が拡大された。

特に頻度の高い近年の噴火実績がある山は常時観測対象とされているが、気象庁内でもこれまで予算や人員は気候や地震対策の方に重点が置かれてきた。
また、各大学の研究室でも教員のポスト不足や学生の就職先に繋がらない、入試の科目選択でも地学が敬遠されて来たなどの問題があり火山学をやっているところは火山国にしてはかなり少なくなっている現状がある。
日本の火山で噴火が相次ぐ近年ではこの観測体制の不十分さが問題視されている。

日本の主な火山

北海道地方
大雪山 羊蹄山 樽前山 有珠山 昭和新山
東北地方
恐山 八甲田山 岩木山 岩手山 鳥海山 蔵王山 磐梯山
関東甲信地方
浅間山 男体山 箱根山
東海地方
富士山 御嶽山 焼岳
中国地方
大山
九州地方
由布岳 阿蘇山 雲仙岳 九重山 霧島山 桜島 開聞岳

火山島

硫黄島 伊豆大島 三宅島 八丈島 薩摩硫黄島

関連キャラ


関連タグ

噴火 溶岩 マグマ ボルケーノ カルデラ 温泉
災害派遣 災害
日本沈没

外部リンク

Wikipedia - 火山
気象庁 各火山のリーフレットと現在の噴火警戒レベル

関連記事

親記事

やま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「火山」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 601208

コメント