ピクシブ百科事典

カルデラ

かるでら

カルデラは火山の火口部分が陥没したものである。
目次[非表示]

カルデラは火山火口部分が陥没したものである。直径は数百mほどのものもあれば数十kmにもなるものもある。
語源はスペイン語で「」ないし「」を意味する「caldera」から来ている。形状が似ているからである。

噴火が長い間続くと地下に空洞ができ陥没する。するとさらに規模の大きい噴火が起き、噴火が終わると火口がカルデラになっている。言い換えればカルデラはそこが火口であったことを示している。
なお直径十km以上の規模のカルデラが生成されるレベルの噴火は凄まじく、周囲半径数十km以上が火砕流に呑まれ、千km単位の遠方でも数cmとそれなりの量の火山灰が積もるレベルである。事実、阿蘇山の過去の噴火の中には九州ほぼ全域と山口県火砕流で焼き尽くし、北海道を含む日本本土全域と朝鮮半島の大部分を完全に火山灰で覆ったレベルのものがあることが地質調査から判明している。

陥没した結果現在はになっているものも多い。阿蘇山のようにの地形と変じて多くの人々の生活を支えている例もある。

主なカルデラ

日本

洞爺湖 屈斜路湖 摩周湖 十和田湖 芦ノ湖 阿蘇山 錦江湾

海外

トバ湖カルデラクラカタウカルデラインドネシア
ピナトゥボカルデラフィリピン
キラウエアカルデライエローストーンカルデラアメリカ合衆国
タウポ湖ニュージーランド

関連記事

親記事

火山 かざん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カルデラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4364

コメント