ピクシブ百科事典

闇派閥

いゔぃるす

闇派閥(イヴィルス)とは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に登場する、ある団体の総称である。
目次[非表示]

概要

かつて迷宮都市オラリオの【暗黒期】に活動した「邪神」を名乗る主神率いる過激派ファミリアの総称。様々な犯罪活動を行い冒険者、一般人関係なしに多くの傷跡を残した。
傘下の団員は幹部を除いて、一様に顔を隠した白装束に身を包んでいる。
オラリオの外にも犯罪系ファミリアは多数存在するが、これらも闇派閥と言われるかは不明。

暗黒期

暗黒期では他国・他都市さらには『ギルド』にまでシンパを潜ませたり、商人を利用しオラリオを追い詰めている。
ゼウス・ファミリア】、【ヘラ・ファミリア】健在期は陰で活動していたが、両ファミリア滅亡後は表立って活動を開始し、両ファミリアのなども参加していたという。

7年前には当時闇派閥の首魁だったエレボスの主導の元、元ゼウス・ヘラの眷族であるLv.7のザルドアルフィアを引き連れて『大抗争』を起こし、神を九柱(実際はその内の三柱は邪神)も強制送還させたことで冒険者及びオラリオに甚大な被害をもたらし、バベルも陥落寸前まで追い込んだ。だが、最終的にザルドとアルフィアが死亡し、エレボスも強制送還されたことでオラリオを滅ぼすことに失敗する。
その後、【ロキ・ファミリア】、【フレイヤ・ファミリア】、【ガネーシャ・ファミリア】、【アストレア・ファミリア】等によってその多くが壊滅したものの、6年前には幹部格のヴァレッタ達に唆されたオリヴァス・アクトによって「27階層の悪夢」が引き起こされ(この事件がフィルヴィス・シャリアに悲劇が起こる原因となり、『都市の破壊者(エニュオ)』の計画に具体性が定まる事になっている)、5年前には【ルドラ・ファミリア】の破壊活動が原因で出現した魔物であるジャガーノートによって【アストレア・ファミリア】が壊滅している。しかし、【アストレア・ファミリア】で唯一生き残った「疾風」による報復活動によって、【ルドラ・ファミリア】とそれに関連する組織を壊滅に追い込まれ、眷族達を失ったルドラを始めとする邪神達が天界へ強制送還される末路を迎えた結果、オラリオの暗黒期は終焉を迎えている。

現在

闇派閥の残党やそれに準する者達が活動しており、正式構成員となる邪神とファミリアは、【タナトス・ファミリア】のみとなる。
その他に、大切な人間を失ったことを利用して転生後の再会を求める一般人(子供なども)等がタナトスに唆されて参加し、人間爆弾として自爆テロを引き起こしている。

6年前より、謎の人物・『エニュオ』からの支援を受けており、更に彼によって怪人(クリーチャー)や『穢れた精霊』と引き合わされて結託した結果、極彩色のモンスターや食人花(ヴィオラス)、精霊の分身(デミ・スピリット)といった非常に強力な戦力を新たに獲得している。
エニュオは自分の姿はおろか、声さえも聞かせない実在しているかどうかさえ怪しい存在で、構成員の中には信用の置けない者と見ているものも少なくないのだが、その支援を受けざるを得ない程、現在の闇派閥は組織として衰えた状態となっている模様。

イシュタル・ファミリア】や【イケロス・ファミリア】といった裏社会と繋がりの深いオラリオ側のファミリアとも密かに裏取引等による関係を持っており、【イケロス・ファミリア】の構成員の一部の先祖である奇人・ダイダロスが建造したオラリオの迷宮(ダンジョン)と密接に繋がっている『人造迷宮クノッソス』を拠点として利用している。

しかし、結局エニュオにとって、闇派閥や協力関係にある勢力の全ては自らの「個人的な目的」を達成させる為の使い捨ての道具でしか無く、【イシュタル・ファミリア】、【イケロス・ファミリア】が壊滅し、第一次クノッソス進攻作戦で【タナトス・ファミリア】の眷族達も倒された後、最終的には『祭壇』に配置されていた『穢れた精霊』達から放たれた緑肉の氾濫によって、ステイタスを封印された【ディオニュソス・ファミリア】の団員諸共呑み込まれ、皆殺しに追い込まれる末路となった。
その直後、最後に残った邪神であるタナトスも、自ら命を絶つ形で天界に強制転送され、闇派閥は完全に壊滅する事になった。

今でこそ全盛期と比べるとお寒い規模になってしまったが、その危険度はオラリオ出身者からはいまだに衰えていないようで、『メモリア・フレーゼ』のイベントでは当時を知るリリルカ・アーデは闇派閥が現れただけで軽い恐慌状態に陥った。

ソシャゲであるメモリア・フレーゼでは、イベントには本流である【タナトス・ファミリア】以外の闇派閥残党がたびたび登場しているが、本編には関わらないと思われる。

【タナトス・ファミリア】

現在も活動する闇派閥の一つ、主神は死を司るタナトス。
死後の転生によって転生した大切な人と再会したいものが多く参加しているファミリア。
第一次クノッソス進攻作戦で眷族達が倒され、最終的に主神となるタナトスもエニュオから見限られ、自ら命を絶つ形で天界へ強制送還された結果、壊滅した。

  • タナトス
【タナトス・ファミリア】の主神。普段は怪しげな色気と神らしい威厳を持ち合わせてるが本性は割と軽薄。
その在り方は闇派閥の神々にありがちな行き過ぎたな愉快犯ではなく、「死」を司る神の使命感として現在の「死」が少ない世の中を憂いており、ダンジョンの開放によりモンスターが跳梁跋扈する「死」の多い古代の様な時代を望んでる。

CV.小林ゆう
タナトス・ファミリアの幹部。能力値はLv.5、種族は人間で性別は女性。闇派閥の参謀格。
残忍で凶悪な性格をしているが、思い通りにならないと苛立ちを露にする小物臭い所がある。
とある出来事からフィン・ディムナに憎悪(実質逆恨み)を抱いている。
最終的にベート・ローガの怒りを買い、瞬殺される。
使用魔法は【シャルドー】。超長文詠唱の結界魔法。結界内に侵入した敵の力と動きを低下させるもので、効果は敵が行動する度に重ねがけされる。ただし、発動者が結界内から外に出ると強制解除されてしまう。

  • バルカ・ペルディクス
ダイダロスの末裔。【イケロス・ファミリア】団長のディックス・ペルディクスとは兄弟。先祖の築き上げてきたクノッソスの完成以外に興味が無い。
第一次クノッソス進攻作戦で、醜悪な怪物の姿となるも、【ロキ・ファミリア】、【ヘルメス・ファミリア】の眷族達によって討たれる末路となった。

【ルドラ・ファミリア】

かつて活動していた闇派閥の一つ。主神は嵐を司るルドラ。5年前のダンジョン内での破壊活動でジャガーノートを出現させ、【アストレア・ファミリア】を壊滅に追い込んだが、唯一生き残った「疾風」に報復された結果、眷族達の殆どを失い、最終的に主神のルドラも天界へ強制送還され、壊滅した。

イシュタル・ファミリア

闇派閥ではないが主神イシュタルが【フレイヤ・ファミリア】の主神フレイヤに異常ともいえる対抗心を抱いており結果、闇派閥と繋がりを持つことになる(穢れた精霊などの怪物と引き換えに、莫大な活動資金を提供していた)。

イケロス・ファミリア

犯罪紛いの行為でペナルティを受けているが、一応は闇派閥ではない(そもそも、イケロス自体は闇派閥に直接関与していない)。しかし、闇派閥とのつながりもあった模様で、様々な問題を起こし危険視されてるファミリア。
異端児(ゼノス)達の一件が原因で、ファミリアは自滅に近い形で壊滅し、主神イケロスはその責任でオラリオから追放された。

【ソーマ・ファミリア】

犯罪紛いの活動をしていたが、闇派閥と言われるまでの活動はしていない…のだが、団長であるザニス・ルストラの方針で異端児の密売に関わったり、闇派閥全盛期にはギルドなどから「闇派閥の起こす凶行と比べると優先度が低い犯罪」を起こして、金を蓄えていた模様。

【アパテー・ファミリア】

アストレア・レコード」に登場した不正を司る闇派閥の武闘派派閥であり、蹂躙専門部隊のような役割を担っていた模様。Lv.5の実力者が複数所属していたという。「大抗争」では【フレイヤ・ファミリア】の幹部達と交戦。最終的には、追撃を行ったフィンにより殲滅される。

【アレクト・ファミリア】

「アストレア・レコード」に登場した不止を司る闇派閥の武闘派。【アパテー・ファミリア】と並んで当時の闇派閥で最恐派閥だったが、同じく「大抗争」終盤でフィンの手により壊滅する。

【オシリス・ファミリア】

「アストレア・レコード」にてガレスの口から語られたファミリア。過去の古豪とされており、『正邪決戦』前には既に壊滅していたと思われる。第一級冒険者クラスの戦力を隠し持っていたと言われ、闇派閥だと断定はされていないが主神が冥府の主であり、この世界ではそれだけで疑惑は絶えない。そもそも外伝などを特に参照してもらえば分かるが、根っからの善神でもない限り気紛れな神など、ふとしたきっかけでいくらでも悪に堕ちるのである。

その他

cv:大原さやか
闇派閥側に組していた謎多き『怪人(クリーチャー)』。とある理由からアイズに執着している。モンスターと同じく魔石を取り込むことで強化され、エニュオとの最終決戦前にはLv.7級の力を待っていた。最終的には、復讐者(アベンジャー)を統べたアイズに倒される。

  • オリヴァス・アクト
CV:浜田賢二
【白髪鬼(ヴェンデッタ)】の異名を持つ闇派閥の残党。かつて、27階層の悪夢で死んだと思われていた。モンスターの特徴を持つ人間『怪人(クリーチャー)』となるが、共闘関係にあったレヴィスに殺害される。

CV:濱野大輝
メモリア・フレーゼ』に登場したLv.4の闇派閥幹部。丁寧な口調と裏腹に血を好む、残忍で狂気的な性格をしている。
暗黒期から暗躍していたが、影が薄く記憶に残り辛い為、『顔無し』と称されていた。
視覚以外のほとんどの感覚を持たない。エレボスの唯一の眷族だった。

CV:松岡禎丞
暗黒期の終盤、首魁として暗躍していた邪神。ザルドとアルフィアにある契約をもたらし、彼らを率いて「大抗争」を引き起こした張本人。ヘルメスとは神友の関係だった。

CV:小西克幸
元【ゼウス・ファミリア】所属、Lv.7の冒険者で当時のオッタルより格上。
【暴喰】の二つ名を持つ。

CV:伊藤静
元【ヘラ・ファミリア】所属、破格の天才と称されている。
魔導士でありながら前衛に立っており剣を使うことは無いが、剣を持てば達人並み。

『ソード・オラトリア』に登場した闇派閥残党の首魁。エニュオとは神の名前ではなく『都市の破壊者』を意味する神の世界の単語。

エニュオの腹心の仮面の怪人。

  • ミュラー
メモリア・フレーゼに登場した、闇派閥残党の雇われた研究員。
残忍なマッドサイエンティスト。

余談

一口に邪神と言ってもこれまで様々なタイプがいたらしく、単純に退屈を嫌った神、秩序を嫌い混沌を謳った神だけでなく、英雄のために必要悪になろうとした神までいたと言う(恐らく、上記のエレボスがこれに該当する)。勿論、弁明の仕様のない屑神は多くいたが、愉快犯や快楽主義者ばかりではなかったようだ。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ソード・オラトリア
テロリスト カルト

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで「闇派閥」の小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました